気難しい上司への結構報告は緊張しました

長年お付き合いをしていた彼と結婚をすることになりました。すごく幸せでうれしかったのですが、私の職場にはかなり気難しい上司がいます。その上司への結婚報告をするのがかなり憂鬱でした。結婚をしたら仕事はやめることになっています。彼が転勤のある仕事をしているので、続けたくても続けることができませんでした。でも私が辞めるとなると、きっとその上司は機嫌が悪くなるだろうと感じていました。でも結婚が決まったからには結婚報告をしないといけませんし、とにかく憂鬱でした。

結婚をしたら仕事をやめないといけませんし、早めに報告をしないといけないと思ったので、タイミングを見計らって上司に結婚報告をしました。私が報告をしたのは、仕事を辞める6か月前でした。とにかく忙しい上司なので、私はあまり時間をとらないように簡潔に報告をしました。「このたび結婚をすることになり、10月に結婚式を行うことになりました。結婚式は、身内だけで行います。婚約者が転勤のある仕事なので、一緒に行くつもりです。御迷惑をおかけしますが、仕事はあと半年でやめさせていただきます。」と報告をしました。そしたら、いつも厳しく気難しい上司ですが、きちんと祝福をしてくれました。それがとてもうれしかったです。個室で報告をしたのですが、タイミングがよかったのが、簡潔に伝えたのがよかったのかわかりませんが、すごく機嫌がよく普通に喜んでもらえたので安心しました。結婚報告をしたのは、狭い会議室です。一応、ほかの人に聞かれないように伝えました。まずは上司に伝えてそのあとに周りの人にも伝えようと考えていたからです。仕事も本当はつづけたいけれど、続けることがどうしてもできないということも話しました。どうしても婚約者の仕事の都合で、仕事を続けることができない、というと少し悲しそうにしていましたが、きちんと祝福してもらえたのでとりあえず本当によかったと思っています。ここで、とても機嫌が悪くなられたらどうしよう、とかなり心配をしていました。

結婚報告を上司にしたあとには、徐々に周りの人たちにも報告をしていきました。お世話になった人もかなり多かったので、1人1人にきちんと結婚をすることとやめないといけないことを話しました。お世話になった人にお礼の言葉も忘れないでいいました。結婚報告は、私は結婚で退職をする半年前にみんなに伝えたのですが、このタイミングでよかったです。仕事を辞めないのであれば、もっと結婚が近くなってからでもいいと思いますが、やめるとなると引継ぎなどの問題も出てきます。引継ぎをすることを考えると、半年前というタイミングはぎりぎりだったと思っています。本当にいいタイミングで報告ができてよかったと感じています。

結婚報告をしたときには、上司も機嫌がよくて喜んでくれましたが、ちょうど忙しい時期が終わりそうなときに報告をしたので、それもよかったと感じています。繁忙期に報告をしていたら、ここまで喜んでくれていなかったと思います。みんなそれどころではないですし、忙しくてイライラしている人が大半だからです。周りの人も、少し仕事が落ちついてきたときに報告をしました。そのため、みんな祝福をしてくれました。仕事を辞めるとなると、新しい人を採用しないといけないようで、やはり最適なタイミングでした。用件だけをわかりやすく簡潔に伝えられたので、それもよかったです。いろいろと大変なことがありましたが、この仕事も結婚までだと思うとやはり悲しい気持ちになります。でも、ここまで頑張ってきてよかったです。あと少しですが、これからも気を抜かないように頑張っていきたいと考えています。

結婚報告

2017-05-24 18:38:28

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング