プロフィールムービーでおすすめしたい馴れ初めから結婚までの紹介のポイント

披露宴で流すプロフィールムービーには、新郎・新婦の出会いから結婚にいたるまでの馴れ初めの紹介を入れるのがおすすめです。様々なエピソードを入れて、ドラマチックなムービーに仕上げましょう。

目次

  1. 出会いのきっかけ
  2. 第一印象や初デートの場所
  3. 喧嘩や仲直りにまつわるエピソード
  4. プロポーズにまつわるエピソード
  5. 結婚式を迎えてこれからの抱負やゲストへの感謝
  6. ウェディングプランナーまとめ

最近の結婚式の披露宴では、新郎・新婦の生い立ちや二人の馴れ初めをムービーにして紹介する「プロフィールムービー」を流すという演出が人気となっています。結婚式場に作ってもらうことも可能ですが自分で作るという人も多いです。特に、二人がどのように出会って、どのように結婚というゴールまでたどり着くことができたのかはゲストのみんなも気になる部分です。生い立ちや素敵な馴れ初めをプロフィールムービーで紹介すれば、二人のことをゲストにより深く知ってもらうことができるはずです。では、プロフィールムービー作成にあたって、どのようなポイントをおさえて紹介していけば良いかを一緒に見ていきましょう。

出会いのきっかけ

二人の馴れ初めプロフィールムービーの一番最初はお互いの「生い立ち」や「出会いのきっかけ」についてを紹介します。生い立ちに関しては、出会う前の自分たちがどんな様子だったのかを紹介します。そして、二人がいつ、どこで、どんな風に出会うことができたのかを簡潔に伝えましょう。今年で出会ってから何年目なのかや、何歳のときに出会ったのかを表示するとわかりやすいです。当時の写真があると懐かしく思えて、見ている方も盛り上がります。出会ったときの二人が映っているアングルと同じように現在の二人で写真を撮影し、同じスライドにのせて比較するのもおもしろいですね。おそらくお互い出会った頃とは何かしら変わった部分がたくさんあると思いますので当時の二人のプロフィールをのせ、今との違いを比べてみるのも良いでしょう。また、プロフィールムービーは使用する音楽も重要です。お互いが出会うまでに聞いていた好きな曲などにのせて写真を流していくと良いでしょう。プロフィールムービーの出だしの部分になりますので、しっとりというよりもポップな印象で始めると後半とメリハリがついておすすめです。使う音楽の著作権については式場に確認しましょう。



第一印象や初デートの場所

プロフィールムービーのスライドのテーマ二つ目は、お付き合いするまでの馴れ初めです。お互いの第一印象を今だからこそ正直に告白してみるのもおもしろいです。最初は実は印象が良くなかった、恋愛対象ではなかったというような場合も意外で見ている側は盛り上がりますし、逆に一目ぼれだったというパターンも披露宴会場全体が盛り上がるでしょう。付き合うようになったきっかけや、付き合う前に行った初デートの様子なども紹介しましょう。どちらから告白したのかなども気になる情報です。とっておきの甘いエピソードを紹介するもよし、ちょっとネタに走るもよしです。告白がラインなどで行われた場合、少し恥ずかしいですがそのときのラインのスクショをのせたり、同じような画面を作成してアニメーションのようにしてもおもしろいです。付き合うまでに協力してくれた友人などがいれば、当時の様子をインタビューして動画にしてのせるというのも良いですね。音楽は、付き合うまでによく聞いていた恋愛の歌などがあれば、バックに流してみましょう。今の歌ではなく、その当時の歌を流すことで当時の思い出がよみがえってきて、自分たちもゲストも懐かしく感じ、素敵なプロフィールムービーになります。


プロが作る【プロフィールムービー】オシャレかわいいラブプロフィール


喧嘩や仲直りにまつわるエピソード

二人が結婚するまでに、様々なトラブルやも揉め事も起こってきたかと思います。今までで一番派手にやり合った喧嘩のエピソードなどをのせるのもおすすめです。もちろん、仲直りをしたときの様子とセットにして紹介するようにしましょう。意外な収束方法などに、見ているゲストもほっこりとするかもしれません。なかには、喧嘩をして別れそうになったり、実際に一度別れることになってしまったりしたこともあるカップルもいると思います。苦い思い出かもしれませんが、こうして無事に結婚というゴールへ導かれることができたのでぜひ振り返ってみてください。ですが、「浮気」などが原因での揉め事や別れについての話題は家族も見ている結婚式ではタブーですので注意してください。よく言い争いをするという二人なら、いつも喧嘩が始まってしまいがちなシチュエーションなどを紹介するのも良いでしょう。これからは結婚するので、ほどほどにしますとプロフィールムービーの中で二人で宣誓を立てるというのもおもしろい演出です。もし次に喧嘩をしたら罰として~~を行います、とみんなの前で誓えば、結婚後に揉めそうになってしまった際にも安心ですね。



プロポーズにまつわるエピソード

一番ゲストが気になるエピソードが、新郎がどんなプロポーズを行ったかということについてです。どこでどんなプロポーズを行ったのか、そのときの新婦の反応はどうだったのかなど、ドラマチックなエピソードを紹介します。行う前の新郎の正直な気持ちやプロポーズを受けた直後の新婦の気持ちなども、ぜひこちらで表現してみましょう。わかっていても、見ている方もドキドキしてしまう体験ができます。その当時の写真などを撮っていない場合は、もらった指輪を映したものや前撮りの際の写真を使ってもOKです。具体的なプロポーズがなく結婚することになった、というカップルも最近では実は多いらしいので、その場合は改めて新郎の今の気持ちをこのスライドで紹介するというのも良いでしょう。新婦さんには当日までそのスライドは見せないようにしても良いですね。またその場合はプロフィールムービーとは別に、サプライズでゲストみんなの前でプロポーズを公開で行うという演出も人気です。きっと新婦さんは感動してくれるはずです。泣いてしまう人もいるかもしれませんね。一番の盛り上がりの部分なので、音楽は壮大なものを選びましょう。


プロが作る【プロフィールムービー】アワーストーリー


結婚式を迎えてこれからの抱負やゲストへの感謝

プロフィールムービーの最後は、来てくれたゲストへの感謝の言葉をのべるようにします。二人がここまで来られたのも、家族やまわりの友人の協力があったからこそです。ひとりひとりに伝えるのは難しいですが、とくに両親や親戚にはしっかりと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。付き合うまでに協力をしてくれた友人や、出会うきっかけを作ってくれた友人などがいれば、そのことについての感謝も言及しておきたいですね。また、結婚式を終えてから正式な夫婦となる二人ですので、ここでこれからの抱負をきっちりと宣言します。相手を絶対幸せにする、ということでも良いですし、結婚して一緒に生活したらこんなことに気を付ける、という具体的な宣言でもOKです。ここで誓いを立てておくことで、結婚式が終わってから生活を始めたあとも、いつでも当初の気持ちを思い出せるようになります。誓いだけでなく、この相手と結婚式を挙げることができて本当に嬉しい、という気持ちも残しておきましょう。プロフィールムービーのシメの部分になりますので、しっとりと終わると感動的になります。次のプログラムにつながるような終わり方にしても良いでしょう。



ウェディングプランナーまとめ

結婚式の披露宴で流すプロフィールムービー作りは手間もかかり大変ですが、見ている側も楽しめますし、二人のとっておきの思い出にもなります。結婚式や披露宴が終わった後は、流したプロフィールムービーは式場から返却してもらえます。ですので披露宴後、記念日などに時々見返してみるのもおすすめです。生い立ちや馴れ初めを再度二人でたどっていくことで大切な瞬間を思い出し、お互いの大切さを実感することができるでしょう。ゲストのみんなに喜んでもらえるような、自分たちだけの素敵なプロフィールムービーをぜひ作ってみてくださいね。

プロフィールムービー

2018-11-24 16:49:14

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング