授かり婚におすすめ!赤ちゃんと一緒のプロフィールムービーアイデア

プロフィールムービーを授かり婚おめでた婚で使用する場合はどうしたら良いのかと言う事で迷ってしまいますが、実は赤ちゃんを含めた方が素晴らしい物に出来ます。家族になるのだと言う事を主張するように構成するのがコツです。

目次

  1. 授かり婚のプロフィールムービーの流れは?
  2. 通常の結婚式のムービーとの違いは?
  3. 赤ちゃんも参加して授かり婚ならではの演出も
  4. わが子へのメッセージを込めるのもおすすめ
  5. 夫と妻だけでなく家族になる喜びと感謝を伝えるムービーに
  6. ウェディングプランナーまとめ

もはや新郎新婦のプロフィールムービーは結婚式の演出の一つとして定番ですよね。しかし作文が離婚の場合プロフィールの紹介が少し難しくなります。どうやって自分たちのプロフィールを伝えたらいいんだろう、と悩んでいる人もたくさんいらっしゃいます。そこで今回は授かり素敵なプロフィールムービーの作り方についてご説明致します。最初のその流れや通常の結婚式のプロフィールムービーとの違いそれから特別な演出方法などをご紹介していきます。さらに我が子へのメッセージや家族となる喜びと感謝を伝えるムービーにするコツなどをご説明します。

授かり婚のプロフィールムービーの流れは?

授かり婚の結婚式の場合ですとおめでた婚は赤ちゃんも一緒にいますから幸せや感動が通常の倍になるという声さえあります。普通の結婚式では味わえない赤ちゃんもいるだけの素晴らしさなどももたらされるのです。工夫次第でプロフィールムービーも結婚式や披露宴で使うプロフィールムービーも大きな違いが出てくるでしょうし写真家生い立ち演出や素晴らしさを呼び起こすような方法というものも出てくるでしょ。順番は特に決まっているわけではなく変えても大丈夫ですがこのくらいの構成が一般的と言えます。例えば新郎の大分新婦の生い立ちそれから二人の馴れ初めそれから子供の誕生の紹介という風にすれば時系列に沿っているのでゲスト達にも伝わりやすくお子様の誕生の場面などは感動を誘うムービーに変わることは、まず間違いありません。またあるいは子供の誕生まず最初に見せてそれから新郎の生い立ちや新婦の紹介を順にし二人の馴れ初めへとつなげていくという方法もあります。お子様の誕生一番最初に持ってくることによって、パパとママはこうして出会いそしてあなたが生まれたんですよという我が子へのメッセージという形で演出できる点が大きなプロフィールムービー作りのポイントです。おめでた婚の方がこのようにバリエーションがたくさんあり作りやすいとさえ言えるかもしれませんね。



通常の結婚式のムービーとの違いは?

今日の結婚式のムービーの場合ですと大体3部構成になっています。新郎のプロフィールをまず伝えそれから新婦のプロフィールを伝えそれから二人の馴れ初めにつなげていきます。まずオープニングムービーを見せて、そこにカウントダウンとタイトルを見せていきます。ここがイントロパートになります。そして導入ムービーに続きタイトル画面と始めの挨拶を入れればOKです。だいたい時間は30秒程度でそれから新郎パートに移って行きそこでは新郎の自己紹介や幼少期の紹介学生時代の紹介をし社会人になった現在という風に続けていきますのでそれから新婦の紹介に続いていきます。まず最初に生まれた時と学生時代の紹介をし社会人になってからとそれから現在までの流れを伝えれば良いでしょう。それから二人の馴れ初め出会いとどのように仲良くなっていたか、という点を伝えそれから最後に二人の両親への感謝感謝のメッセージを入れてラストカットを入れて綺麗に納めるのが通常の結婚式のムービーです。そこに感情という大きな構成要素を入れることによって、大きな素晴らしさを生み出すことができます。ふたりの妊娠とそれから子様の生まれた写真などを入れて行くことによって子供の存在を入れということによって夫と妻というだけではなく父と母になったのだということをゲストの皆さんに報告し挨拶をできるという点で大きなメリットと言えるでしょう。



赤ちゃんも参加して授かり婚ならではの演出も

赤ちゃんも参加しているだけに様々なプロフィールムービーのメッセージのバリエーションが増えるという点で言えます。ご両親に感謝をするだけではなく色々なメッセージ例文を伝えることができるのです。例えば「まだまだ未熟ですが、これから家族3人幸せな家庭を築いていきますのでどうぞ暖かく見守っていただけますと幸いです。この子と一緒にと笑顔の絶えない家庭を気づきたい」というようなメッセージを含めるといいでしょう。またあるいは、「今日この日を3人で迎えられたのは皆様のあたたかな支えがあったためです。心から感謝の気持ちでいっぱいになっておりまだまだ未熟ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします」と言ったメッセージを入れると最高と言えるでしょう。ゲストの皆さんに向け感謝と抱負を伝えることができさらにご両親への感謝のメッセージなどに入れるとより効果が倍増します。表現ねわかりやすいメッセージを使い子供さんも参加してのおめでた婚ならではの構成が可能となるのです。思い出たこんと言うと引け目を感じがちですが、むしろそれを逆に利用して大感動を巻き起こすプロフィールムービーを使うことも可能なのです。



わが子へのメッセージを込めるのもおすすめ

さらにプロフィールムービーの中で、我が子へのメッセージを伝えるというのも大きなポイントとなります。これから一緒に頑張っていこうねみたいなことを入れていくのです。それだけでかなり共感思ってゲストたちも見ていただけることでしょう。さらにはおすすめのプロフィールムービーに木山裕策のHomeという曲を使うのも一つの手。日常の中にある幸せな日々を大切にしたくなる家族への愛が伝わってくる曲あるいはマユミーヌの星の数だけを使うのもおすすめです。これはママから我が子へ向けた曲なのでおめでた婚ではなくては使えないような曲と言えるでしょう。授かり婚だからこそのお母さんの愛おしい気持ちは生まれてきてくれたことへの感謝そして素敵な未来を願う優しい気持ちになれる曲を選ぶというのがよろしいのですあの子可愛い歌声でほんわかと優しいプロフィールムービーになるのではないかと思うので是非ともご検討ください。さらには春歌の虹色という前向きのポップな曲も家族をテーマにしているのでこれも授かり婚おめでた婚だからこその選曲と言えるでしょ。子供や家族をテーマにした曲はバラードがどちらかと多いですがこの瞬間の虹色にしておけばポップな曲なので皆さんが元気になれるという点でもプラス面があるといえるでしょう。



夫と妻だけでなく家族になる喜びと感謝を伝えるムービーに

要するに授かり婚おめでた婚の場合は夫や妻になるというだけではなく結婚式や披露宴を経て家族になるのだという喜びと感謝を伝えることがメインとなってきます。そのため様々な独特な見せ方も可能になってきます。何の変哲もない結婚式恒例の二人のプロフィールムービーと思わせておいてムービー最後の締めのメッセージで今まで支えてくれた皆さん、本当にありがとうございますこれから力を合わせとても素晴らしい家族に築き上げていきたいと思いますと言ってここでムービーが終わったのかと思って会場から、ちらほら拍手が聞こえ始めたときに新しい命と共にというメッセージとエコー写真が画面に映し出されるような見せ方もかなり感動的になります。泣き出しているようなとても素敵なサプライズ報告でおめでた婚であることをご報告するというのも一つの手と言えるでしょう。むしろ本当に幸せが2倍にすることができるという面でおめでた婚授かり婚の方が得とさえ言えるのです。あるいは二人の大きな足の写真の間に小さな足を入れたりするのかなり好感が持たれば。それによって一風変わったオリジナリティの高いプロフィールムービーが作ることができるのです。



ウェディングプランナーまとめ

以上、ここでは授かり婚おめでた婚で結婚式や披露宴をあげる方のために赤ちゃんを含めたプロフィールムービーの作り方をご紹介してまいりました。一見大変そうに見えますがむしろ一人役者が増えたわけでそれによって多数のバリエーションの広がりがあるということが言えます。通常の結婚式や披露宴に比べて大きな感動を巻き起こせるチャンスとも言えるのです。もちろんご両親への感謝も忘れてはいけませんが、赤ちゃんへのメッセージも含めてここでご紹介した演出などを参考に是非とも素晴らしい一日になるようにプロフィールムービーを制作なさってください。

プロフィールムービー

2018-11-13 11:55:26

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング