結婚式招待状の好感度が上がる返信・下がる返信

目次

  1. 基本の書き方マナーを守ってスピーディーに返信しよう
  2. 一発アウト!こんなマナー違反に気をつけて
  3. トラブルケース:急用で行けなくなったらどうする?
  4. トラブルケース:直近で身内が亡くなったら欠席すべき?
  5. トラブルケース:うっかり返信忘れ!どう連絡しよう?
  6. トラブルケース:新郎新婦との人間関係上どうしても行きたくない場合、欠席の理由は?
  7. ウェディングプランナーまとめ

結婚式招待状が届いたら、返信が必要となります。しっかりとルールを守って、お返事をすることで、相手にも良い印象を与えることが出来ます。結婚式の準備をしていると、招待状の返事が早く欲しいものです。結婚式招待状を受け取ったら、出来るだけ早く返信してあげましょう。また、予定が合わなかったり、やむを得ない理由で出席できない場合にも、きちんとしたマナーがあるので、覚えておくと良いでしょう。お互いに気持ちよい対応をしましょう。

基本の書き方マナーを守ってスピーディーに返信しよう

結婚式招待状の基本的な書き方としては、まず出席か欠席かの意思を伝えます。ほとんどの場合、ご出席・ご欠席の印刷がされているので、丸を付けるだけになっています。このときに基本のマナーとして、ご出席の「ご」の部分を二重線または寿の文字で消しましょう。また、丸をつけなかったほうの文字も、二重線または寿の文字で消します。さらに丁寧な返信をするのであれば、出席の前に「よろこんで」の文字と、後に「させて頂きます」と入れておくと良いでしょう。メッセージの記入ができる場合には、二人を祝福する言葉の記入をしてあげましょう。新郎新婦は、結婚式招待状の返信を良く見るものです。温かい言葉が記入されていると、好感度も上がるでしょう。また、表書きには、敬称がなく「行」となっていることでしょう。返信用はがきの表書きもしっかりとチェックして、敬称をつけてお返事をしましょう。大切なのが、受け取ったら出来るだけ早めに返信をするということです。出席か欠席かの情報は、結婚式の準備には重要なものです。



一発アウト!こんなマナー違反に気をつけて

結婚式招待状の返信で、気を付けたいことが、まずは返信期限を守らないということです。多くの場合には、期限を1ヶ月程度用意しています。お返事の記入を後回しにしてしまうと、はがきの出し忘れなどが起こりやすくなるので、出来るだけ早めにお返事を出しましょう。また、宛名の敬称をつけ忘れてしまっていたり、自分に対しての尊敬表現のお直しが出来ていない場合にも、マナー違反を感じさせてしまいます。きちんと「御」や「芳」などの尊敬表現は修正しておきましょう。このときに、殴り書きで消すのではなく、二重線または「寿」の文字を使うと良いでしょう。3文字を消すときには「松竹梅」の文字を使うのも、縁起の良い言葉として喜ばれます。万が一欠席する場合には、出席の場合よりもさらに注意が必要です。欠席の理由としてマナー違反とされるのが「多忙につき欠席します」という言葉です。忙しいことを理由に、二人の新しい門出のお祝いに出られないというのは、マナー違反とされるだけでなく、相手への配慮が欠けてしまいます。



トラブルケース:急用で行けなくなったらどうする?

結婚式招待状が届いたときには、出席できる予定でいても、急用で行けなくなってしまうというケースもあります。結婚式は、新郎新婦にとってはとても長い期間を掛けて準備した、とても大切な日です。万が一、どうしても外すことができない急用ができてしまった場合には、分かった時点ですぐに連絡をしましょう。連絡手段としては、電話が一番スピーディーなものです。速達で欠席の連絡を送ることも良いでしょう。近年増えているのが、メールでの欠席の連絡です。とても手軽に相手に連絡を取ることが出来る方法の一つですが、メールは重要性が高いものの連絡には向いていません。友達同士であっても、急用で結婚式を欠席する場合には、電話をすることが良いでしょう。電話では、どうしても外すことが出来ない予定が入ってしまったことを詫びるだけでなく、二人の門出をお祝いする言葉をかけてあげると、好感度が上がるでしょう。スケジュールの変更できる用件であれば、出来るだけ調節をして、結婚式に出席できるようにするほうが好ましいです。



トラブルケース:直近で身内が亡くなったら欠席すべき?

結婚式招待状が届いたときには、何もトラブルがなかったので出席の返事をしたけれど、結婚式当日に近づいたらトラブルが発生してしまったということは珍しいことではありません。特に、直近で身内に不幸があった場合には、出席を悩んでしまうものです。二人の幸せの門出をお祝いしたい気持ちがあっても、やはり身内に不幸があった場合には、自分の気持ちも整理しにくいものです。身内で不幸があった場合、一般的には忌中とよばれる、お祝い事を慎む期間を守ったほうが良いとされています。それぞれの宗教によって忌中期間は異なりますが、仏教の場合には49日とされています。その間は、やむを得ない理由で欠席しますということを、なるべく早い時点で新郎新婦には伝えましょう。訃報については、出来れば結婚式が終わってから伝えるほうが、マナーとしては良いでしょう。しかし、欠席理由を濁すことで、新郎新婦に不信感を与えてしまったり、気分を害してしまいそうな場合には、訃報を伝えておくと良いというケースもあるでしょう。



トラブルケース:うっかり返信忘れ!どう連絡しよう?

結婚式招待状で、すぐに返事を書かなかったことで、うっかり返信を忘れてしまうというケースはよくあることです。しかし、返信忘れは、新郎新婦にとっては結婚式の打ち合わせにおいて、ゲストの人数が確定できなかったり、食事や引き出物の個数の確定が出来ないなど、打ち合わせの進行に影響を及ぼしてしまう可能性もあります。もし、返事を送り忘れてしまっていた場合には、分かった時点ですぐに電話で連絡を入れましょう。忘れてしまっていたことをしっかりと謝罪して、出席するか欠席するかの意思をしっかりと伝えましょう。電話で連絡をした後であっても、お返事を送ってあげても良いでしょう。結婚式招待状のお返事には、一言メッセージを書くことができるものが多いです。招待状を送った人から、お祝いの言葉をもらえたということで、大切にはがきを保管している人もいます。お祝いの言葉を贈るための良い機会でもあります。二人の晴れの日のお祝いを、きちんと伝えるタイミングは少ないものです。たくさんの温かい言葉をかけてあげましょう。



トラブルケース:新郎新婦との人間関係上どうしても行きたくない場合、欠席の理由は?

結婚式にどうしても出席したくないというケースもあります。新郎新婦との人間関係にトラブルを抱えていたり、どうしても行きたくない場合でも、きちんと欠席の連絡をすることがマナーです。しかし、欠席の理由をどのようにするかというのは、とても悩ましいものでもあります。友人関係の場合には、まずはメールで欠席の意思を伝えるのも良いでしょう。はがきを出す場合には、まずは「ご結婚おめでとうございます」と、二人の門出を祝う言葉を添えておくと好印象でしょう。理由としては、はっきりとは明記せずに「どうしても抜けられない会議がある」や「旅行の予定が入ってしまっている」など、抜けることが出来ないことを伝えましょう。ただし、旅行の場合には、次回会った時にお土産話になってしまう場合もあるので、注意が必要です。「どうしても都合がつかないため、やむなく欠席させていただきます」など、友人同士であっても、言葉を選んで欠席の意思を伝えましょう。また、結婚式後に合った場合には、お詫びの言葉を直接伝えると良いでしょう。



ウェディングプランナーまとめ

結婚式招待状は、結婚式への出席の意思を伝えるものだけでなく、いろいろなマナーがある大切なお手紙でもあります。お祝いの言葉を添えて送ることで、新郎新婦にとっては、大切なはがきになります。二人の門出のお祝いを、一緒にしてあげることが出来なくても、きちんとマナーを守ってお祝いの気持ちを伝えてあげましょう。結婚式のための第一歩となるものなので、きちんと期限を守って返信をすることが、二人のためになるでしょう。

プロフィールムービー

2018-11-10 12:32:00

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング