プロフィールムービーを経済的な事を考えて自作をしたが

結婚式には欠かせないものとなっているプロフィールムービーですが、経済的な理由が1番そして自分たちが作り上げた達成感を求めて自作をしました。結果的にはそれでよかったとは言い難いです。

目次

  1. 自分たちの気持ちが出すぎて
  2. もっと自然体で仕上げることが
  3. プロフィールムービー失敗談まとめ

結婚式の長い時間の中の息抜きというのか出席者全員がと一体となって楽しむことができるのが、プロフィールムービーです。そのことはこれまで見てきた色々な披露宴でも体感してきたことから確信があります。そこで自分たちの披露宴でもそれを流すことは外せないことだと思っていました。しかし私たちは結婚式の全てを自分たちの力でしたいとの希望がありました。そうなると良い式にしたいと考えていても、経済的な理由が大きくありプロフィールムービーを自作しようとなったのです。写真選びからコメントをどのように入れると分かりやすく伝わりやすいのかも、分かっていなかったと思います。

自分たちの気持ちが出すぎて

いざ自分たちにとっては一生に一度の大切な結婚式のために自作でプロフィールムービーを作ろうと意気込みました。色々な体験談や失敗談をよく見てできるだけ見やすくそして笑いもあり時々感動させるような部分も入れたいと思っていました。それにはたくさん集めた写真の中からどれを選ぶのかから始まったのですが、自分が使いたいものがそれぞれに多くまた家族からの意見を取り入れたりしたので収拾がつかない状態になり出だしからつまずいた感じとなったのです。それでもなんとか生い立ち部分に使うものが決まり、会場全体が盛り上がっていく2人の馴れ初めからプロポーズに至る部分となった時にまた2人の思いに違いがあったのです。写真自体に物語を作りたいのと、雰囲気を表すようなものを少し取り入れてイメージを各自でしてもらえるようにしたいとのことで少しもめました。写真を決め流す曲の選曲ではただ好きだからというだけでなくその会場や出席者にも楽しく思って共感してもらえるようなものを選びたいとその部分では一致をしたのです。でもいざどの曲が良いのかとなるとあまりにも多すぎて気持ちが決まらなかったです。時間ばかりがすぎて作業はスムーズにいかなく、写真につけたいコメントも短いフレーズで見ている人に読みやすく内容も意図も伝えたいと欲張りな気持ちが出てしまい、つい長めになりがちになったのです。手作り感があることで雰囲気の良い温かな空気がその場所に流れてほしいとの気持ちがあって自作に挑戦したのですが、思いの他クオリティが低くなったのは残念に思います。ひたすら自分たちの気持ちを前面に出しすぎて出席者と共に楽しもうとの思いが不足していたことが結果に出たのです。



もっと自然体で仕上げることが

プロに依頼する事を経済的な事と折角の大切な結婚式を自分たちの力で楽しんでもらえる貴重な時間だと思い、自作をしようと取り組んだプロフィールムービーでした。結果的に感じた事はもう少しシンプルに思いを詰め込みすぎないで構成をしっかり考えて作ればよかったと思っています。見ている人たちにワクワク感も与えることができなくて、演出もされないような流れとなりダラダラ感が出てしまったのです。写真の使い方も画面いっぱいにすることでアピールしたのがコメントを読みづらくしてしまった原因だと反省しきりです。感動的にしたかった2人の出会いでさえ、なんとなく時間が過ぎていったようになってしまいほとんど気持ちが伝わっていないような状態だったようです。直接みんなが見た感じはその場所にいなかったこともありわからなかったこともありますが、他の人たちの結婚式にあるような嬉しいような気恥ずかしいような面映ゆい空気感がなかったことで失敗だったのではと思いました。各テーブルを回った時などは嬉しい冷やかしがあったりして多いに盛り上がりがあるものですがそれさえ少なく感じたことも、自作のプロフィールムービーの出来上がりがもう1つだったのだろうと感じたのです。コメントもそれなりにしっかりと考えて入れたつもりで、選曲にしてもしっかりと選んだつもりだったのですが結果的にはさほどのものではなかったのです。手作り感は確かにあったのですが、それは良い意味でのことではありませんでした。やはりなんでも餅は餅屋と言われることが経験上分かりました。少しのケチごころと自分たちにもできるとの思い上がりがあったとわかり、その事が分かったことだけでもよかったと自分を慰めていました。



プロフィールムービー失敗談まとめ

無理に経験も知識もそれほどなかったのに自分で自分の結婚式を作り上げる事が出来るかもと、勘違いをしてプロフィールムービーの自作をするようになりました。最初は手作り感と経済的なメリットもある事と張り切って始めたのですが、やはりそれには冷静な目を持つプロの力が必要だったと実感させられる結果となったのです。折角の思いがあったのですが他の人たちに言えるのは失敗談として、私の経験が言えるだけとなりました。きちんと準備された専門家が作り上げたものの良さが改めて分かったのですが、少し気づきが遅かったのが残念です。

プロフィールムービー

2018-11-09 12:40:08

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング