思い出いっぱいの写真をプロフィールムービーにしよう!写真選びの極意

目次

  1. 映像の大半を占める写真の重要性
  2. 写真の枚数は全体の長さとのバランスを見て!
  3. 写真は年代別に分けよう
  4. ゲストと一緒の写真をふんだんに使おう
  5. プリクラは解像度が低いのでスクリーンではNG
  6. 写真が少ない場合の対応策
  7. ウェディングプランナーまとめ

写真のスキャン

結婚式を考えるカップルの大半はこれまでお世話になった両親、家族、親戚、友人や支えてくれた方への感謝の気持ちを込めて行うことでしょう。
普段はなかなか素直に気持ちを伝えられない事も、式、披露宴の中でしっかりと伝える機会が持てます。
二人が夫婦になる為の初めての大きな儀式、内容もひとつひとつ丁寧に考えていきたい物ですね。

映像の大半を占める写真の重要性

結婚式、披露宴はある程度流れが決まっていますが、式場によってはオリジナルのウェディングプランを立ててくれるところもあります。
二人の思いを込めたプロフィールムービーは重要なポイントの一つでもあるので、その制作は大切にしたい物です。
昔は手紙を読む事やレクリエーション等が一般的でしたが、最近は映像技術の進化からプロフィールムービーが非常に人気です。
演出は、言葉よりも視覚的な物の方がゲストの記憶に残りやすくさらに感動を高めてくれる効果があるからです。
今の技術は驚くほど完成度が高く、写真を組み合わせたりムービーを入れたりして映画のような素敵な物が仕上がるのです。
業者にお願いする事も出来ますが、市販やネットでソフトを購入したり、アプリを使って自分達で作るというカップルが増えています。
選ぶ写真は二人の生い立ちや出会ってからの物、招待したゲストとの思い出、たくさん選択肢がありますが、その選ぶ物が大切です。
プロフィールムービーは自分達よがりでなく会場の一体感を作るのに重要な役割をするので、なるべく全員が登場するように幅広く選ぶと良いでしょう。



写真の枚数は全体の長さとのバランスを見て!

さっそくプロフィールムービー制作の具体的な流れに入っていきましょう。
自分達で映像を作るという方で、他人の結婚式に参加し、プロフィールムービーを見た事がある方は多少イメージがあるかと思いますが、文字と映像の出し方、曲調、大きさ、速さ等全てを考えてバランスを見る事が大切です。
招待客の中に年配者がいらっしゃるのであれば、なおさら映像の移り変わるテンポや文字数、大きさに気を配ることをお勧めします。
若者は映像に慣れていて切り替えが比較的しやすいのですが、慣れていない方にとっては、目を疲れさせたり内容が入ってこなかったりと不快感を与えてしまいます。
流す曲の長さにもよりますが、あまり欲張らずなるべく厳選し、文字も長くなりすぎず端的にすると良いでしょう。
最初はあまり考えず全体をまず作って見て微調整する方が作りやすくて良いでしょう。
全体を見て少しゆっくりかなと思うくらいが会場ではちょうど良いので、是非意識して作って見てください。
手作りは手間がかかりますが、振り返った時に思い入れが強くなり、ならではの温かみを出してくれるでしょう。



写真は年代別に分けよう

制作に取り掛かるにあたって、二人の写真を選ぶ必要があります。
生い立ちから出会いまで、さらに関わってきた友人や職場の人、もちろん家族や親戚の方との思い出など様々です。
整理しておくために年代別に分けると良いでしょう。
なるべくゲスト全員が映るように。
例えば映像を二本以上作るのであれば、一つの物に欲張らず、複数の中の一コマに入れるようにしましょう。
もし、式まで余裕があるのであれば、それに合わせた物を用意するというのも選択肢の一つです。
年代別に分けておけば成長の過程も分かりやすく、ゲストにも伝わりやすくなります。
また、ビデオを取り入れてゲストにメッセージを伝える動画を流すのも面白いでしょう。
年代別に流す事で育ててくれた両親や支えてくれた周りの方も、成長を実感出来て素敵な物に仕上がりますよ。
演出は非常に難しくもあり準備に時間がかかる物ですが、その達成感と過程の中で改めて支えられていた事に感謝の気持ちが湧くものです。
頼むのは簡単ですが手作りはお金に変えられない良さを持っています。
どうするかはあなたが選んでください。



ゲストと一緒の写真をふんだんに使おう

先にも述べましたが、結婚式でつい見落としがちなのが自分達よがりになってしまう事です。
もちろん主役は新郎新婦で祝福されるべき存在なのですが、内内で盛り上がってしまうとそれが結婚式であっても傍は白けてしまう事もあります。
ゲストに最高の結婚式だったと思ってもらえるような努力と配慮が必要です。
その一つとして参加型にする事、つまり、どこかのシーンで彼らの存在を出す事です。
その一番簡単で早い方法として写真があります。
プロフィールムービーの中に入れる事で自分もその場の一員である事、仲間である事、集団の中の一人である事を認識できます。
自分の存在が登場すると自然と笑みが出る経験をした事がある人も少なくありません。
その為、事前の準備として写真集めが必要になってきます。
二人の写真はもちろん要りますが、それよりも招待客の存在を多く出すほうが好感が持たれる事は間違いありません。
なぜならば主役はみんなの視野にしっかりと映っているからです。
それよりもこんなにたくさんの方に支えられて二人はここまで来たんだなと思われる方が愛情深くより温かみを感じられるからです。



プリクラは解像度が低いのでスクリーンではNG

プロフィールムービーを選ぶ上で大きさ、速さ、文字等に気を配る事は先ほど述べましたが、鮮明さもまた重要になってきます。
パソコンで見るのと大画面で見るのでは随分違う事も考慮しておきたいものです。
小さな写りの物や逆に大きすぎる物は見る人にとっては伝わりづらくなります。
そのなかでもプリクラは、カメラで撮るよりも綺麗に見えるから使いたいという人は多いのですが、実は解像度が低い為スクリーンで映すのはやめておくことをお勧めします。
それならば、今はスマートフォンのアプリ等で加工や効果の技術が優れている為それを利用した物を使ったほうが数段に美しく鮮明に仕上がります。
今は昔に比べてカメラの技術も上がっているので是非、見やすく見ている人に分かりやすい物になるよう選んでください。
かつてはプリクラが大流行した時代がありましたが、今はスマートフォンのアプリを使う為その当時ほど流行りませんが、しかし、プリクラ業界も進化していて目の大きさや輪郭等で全く違った人、又は二割、三割増しに撮れるので久しぶりに試してみるのも楽しいですよ。



写真が少ない場合の対応策

話は戻りますが、結婚式のプロフィールムービーを作る上での写真集めで、男女や年齢差、関係性の違いで写真の枚数に偏りがあるという方がいらっしゃいます。
どちらかというと女性の方が手持ちの枚数が多い事もありますが、新郎新婦でなるべく偏りが無いように、考えることも大切です。
例えば生い立ちの記録が少ない場合は現在に近い物で調整するという手があります。
また、少し発想を変えてムービーにして写真の代わりに思い出や感謝の気持ちを紙に書いて一人ひとり伝える事も面白いです。
欠かせないのは両親の存在に感謝を示す事です。
結婚式は一生の中の節目でもあるので、産み育ててくれた両親、家族へ感謝の気持ちを伝える場でもあります。
生い立ちの写真が少なくても、工夫次第で感謝の気持ちを形にする事は出来ます。
映像と実際の手紙を読むというシーンをくっつけても面白いですよ。
プロフィールムービーは自分達の発想と工夫次第で様々な演出をする事が出来ます。
経験者に聞くのも良いしネットでもいろいろなアイディアを教えてくれます。
世界にたった一つしかないスペシャルな物を是非二人で作って見てください。



ウェディングプランナーまとめ

これまで、結婚式のプロフィールムービーの制作について述べてきました。
結婚式は華やかで魅力的ですが、それだけに費用も随分掛かります。
予算を決めてしっかりと計画する必要がありますし、その中でもプロに頼るところと自分達で準備する物と選択していくのですが、プロフィールムービーの手づくりは本当に温かみと思いが伝わる事、更に作る工程で感謝の気持ちを実感できるという意味で是非お勧めです。
是非参考にしてみてください。

プロフィールムービー

2018-11-01 11:03:51

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング