席次表などのウェディングペーパーアイテムデザインはどう選ぶ?

目次

  1. 挙式内容に沿ったデザインを~リゾート・海外挙式の場合~
  2. 挙式内容に沿ったデザインを~ガーデンウェディングの場合~
  3. 挙式内容に沿ったデザインを~ナイトウェディングの場合~
  4. ふたりのイメージカラーは何色?
  5. 結婚会場プランから選ぶのもあり!
  6. 結婚式の時期から選ぶのが簡単
  7. ウェディングプランナーまとめ

結婚式は一生に一度の幸せなイベントです。
素敵なものにしていきたいという気持ちが強い方も多いのではないでしょうか。
しかし準備は意外と大変で、自分たちでみずから手を加えられるところと言えば席次表などのペーパーアイテムぐらいです。
ぜひ、こうしたアイテムを自分たちらしく彩っていけるようにデザインを選んでいきましょう。
一生に一度のウェディングをより輝かせ、きてくださったゲストに気持ちを伝えやすい形にすることができます。

挙式内容に沿ったデザインを~リゾート・海外挙式の場合~

デザインを決めるときに重要になるのが、挙式の内容です。
どこで挙げるのかという事によってもふさわしいデザインは変わってきます。
特にリゾートウェディングの場合はその場所にあったデザインのものにしていくということがポイントとなります。
席次表などのアイテムは、ゲストに持ち帰っていただくことも多いものです。
ゲストが帰宅されてから、席次表などを見ながら挙式やリゾートの思い出を振り返っていただくという事にもつながるものです。
現地の写真を加えたり、その場所の雰囲気が伝わる言葉やデザインにしたり、という形で作っておくことによって素敵な結婚式の思い出をよみがえらせてくれるアイテムとなります。
海外であればその国の言葉などを添えておくのも素敵ですし、デザインの一部として魅力的なものにしやすいです。
こうしたリゾートで挙式をする場合は、できるだけその雰囲気を反映したデザインのペーパーアイテムに仕上げていくことがコツであるといえるでしょう。
比較的近い関係のゲストが多いことから、一人一人にメッセージを添えておくのもおすすめです。



挙式内容に沿ったデザインを~ガーデンウェディングの場合~

最近人気の高い形として、ガーデンウェディングという形式があります。
アットホームな雰囲気もありながら、海外の映画のようなオシャレさも併せ持っていて、憧れている方も多いようです。
絵本のようなイメージもありますし、自然の温かさも感じることができる形といえます。
このようなガーデンウェディングという挙式内容であれば、それに合わせた形でアイテムを揃えておくのがおすすめです。
せっかく自然の中で幸せなイベントを行っているのですから、ペーパーアイテムも自然なカラーを中心に選び、デザインしていくとよいでしょう。
絵本のようなイメージというところから、ロマンチックなデザインにするのもよいでしょう。
アンティークさを加えると、海外の映画のようなイメージを伝えられます。
お庭全体が式場となることによって、ペーパーアイテムがお写真に写りこむことも多いです。
そういった時に移り婚でも魅力的に見えるようなデザインのものにしていきましょう。
きっと思い出に残る素敵なガーデンウェディングになるはずです。



挙式内容に沿ったデザインを~ナイトウェディングの場合~

日が沈んだ後、星空や夜景の美しさとともに行われるのがナイトウェディングです。
仕事が忙しいゲストでも都合をつけてもらいやすいうえ、高級感のある落ち着いたイメージの挙式ができるというメリットがあります。
こうしたナイトウェディングの席次表で重視したいのが、高級感という事です。
明るく華やかなイメージではなく、落ち着いた中にちょっと光るものがあるというデザインの席事情などを作っておくと式のイメージに合わせやすくなるでしょう。
夜間のイメージを伝えるために星などのモチーフを取り入れてデザインするのも素敵です。
また、照明の具合によってはデザインに凝ってもなかなか見えにくいということがあります。
そういった時でも少しの光でデザインが見える工夫として、箔押しなどを取り入れて光のきらめきをペーパーアイテムに載せてみましょう。
暗くても見えやすいという事のほかに、高級感を加える演出の一部とすることもできます。
紙の色はネイビーなど落ち着いた色にして、箔押しを目立たせると高級感があり素敵に見えます。



ふたりのイメージカラーは何色?

特に取り立てて特徴があるといえない四季の形態の場合などは、どういったイメージで席次表などのペーパーアイテムを作っていけばよいのか悩んでしまいがちです。
そういった場合は二人のイメージカラーを中心にデザインを考えていきましょう。
二人の好きな色、思い出の色などをモチーフにしておくことで、二人にとっても特別なウェディングの演出になるはずです。
好きなものや出来事を表す色がないかどうか考えてみましょう。
清楚さやさわやかさなどを感じさせたいならブルー系、かわいらしさならピンク、情熱的なら赤、アクティブで明るいイメージなら黄色やオレンジなど、二人の雰囲気に合わせて選んでみるのもよいでしょう。
イメージカラーが決まれば、その色のアイテムの中から選んでいけばよいのでかなり絞り込めます。
大体のイメージもカラー選びの段階でできているはずなので選びやすくなるでしょう。
席次表などを二人の好きな色、似合う色で選んでおくことによって、このほかに選ぶことになる会場やドレスなどの色と合わせやすくなるという効果も期待できます。



結婚会場プランから選ぶのもあり!

席次表などのペーパーアイテムだけで考えていくことが難しければ、先に結婚会場プランを検討してみましょう。
曽することで用意すべきアイテムの雰囲気をつかむことができます。
プランによって、お花やテーブルコーディネート、その他の装飾が変わってくることになります。
それに合わせた形の席次表などに仕上げていけばよいのです。
ピンクでかわいらしいお花で飾られた結婚会場なら、席次表もそれに合わせた形でピンクのかわいらしいものにすると、統一感が出て素敵な演出にしやすくなります。
このように、先に結婚会場プランを決めておくことによって、ペーパーアイテムのデザインを考えやすくなります。
自分で手作りをしたいと思う場合でも、式場のプランにペーパーアイテムが用意されているものもあるので、そういったものも見ながら参考にしてみましょう。
プランに合わせた形で作られたデザインなので、その傾向を参考にすることで、プランに合わせた形にしやすくなります。
ぜひ、プラン選びの際の資料などを参考にデザインを決めてみましょう。



結婚式の時期から選ぶのが簡単

なかなか席次表などのペーパーアイテムをどうしたらいいか決められないという場合、結婚式が行われる時期のイメージを取り入れたものにしてみましょう。
季節に合ったものにすることで、デザインの決め方も簡単になりますし、季節感を取り入れた演出として気の利いたものになります。
春であれば桜などの花を取り入れたデザインにするなど、その季節の色や特徴となるものについて強調したデザインにしておくとよいでしょう。
夏であればさわやかさを、秋であれば落着きを、冬なら雪や温かさといったイメージを色やデザインの中に組み込んでいくことが考えられます。
季節の花などは特に美しいですし、モチーフとして使いやすいのでお勧めです。
どうしても自分たちのイメージや結婚式のイメージに合わせた形でのデザインが考えにくいという場合は、こうした時期に合わせたものという事で考えてみましょう。
年代や性別を問わずに季節感というものは共通していますから、共感されやすいデザインのペーパーアイテムに仕上げることができるでしょう。



ウェディングプランナーまとめ

席次表などのペーパーアイテムは、式場の雰囲気を盛り上げてくれる一つの演出ともいえます。
適当に用意するのではなく、自分たちのおもてなしの気持ちを伝えられるようなものを選んでいきたいものです。
デザインの選び方にはいろいろな形がありますから、自分たちによりぴったりくるようなものを選んでみましょう。
式のスタイルや時期、自分たちのイメージなど、いろいろな方向から考えて、ベストなペーパーアイテムに仕上げていってください。

席次表

2018-10-28 12:36:21

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング