結婚式の余興ムービー作りには必須!ISUMでBGMの著作権手続き

目次

  1. 余興ムービーは今や結婚式に必須!
  2. 著作権を知らずにムービー制作はできない
  3. 著作権にはどんな種類があるの?
  4. 余興ムービーに必要なのは複製権と演奏権
  5. 著作権を管理している団体とは
  6. 著作権料を払いたくない場合はCD購入か著作権フリーの曲を使おう
  7. ウェディングプランナーまとめ

著作権と音楽編集

楽曲リスト

大切な結婚式を盛り上げるために今注目されているのが余興ムービー。
このムービー1つで会場を時には爆笑の渦に巻き込んだり、時には涙を誘ったり。
余興ムービーは結婚式のマストアイテムになっていると言っても過言ではありません。
実は、このムービーを作るときには著作権を考慮することが大切なんです。
今回は、この著作権について紹介します。

余興ムービーは今や結婚式に必須!

みなさんは結婚式の余興といえば、何を思い浮かべますか?新郎新婦への祝福の気持ちや日頃の感謝、学生時代の思い出話などを詰め込んだ手紙でしょうか。
会場が一体となって盛り上がることができる歌やダンスを思い浮かべる人もいるでしょう。
もちろん、手紙や歌やダンスも結婚式を素敵な空間にするのにとても有効です。
しかし、これらには準備や打ち合わせに時間がかかったり、結婚式当日に思いがけぬハプニングが起こる可能性もある、という心配も少なからずあることでしょう。
また、定番の余興ではつまらない、と思っている方もいるかもしれません。
そこで登場するのが、余興ムービーです。
事前に作成した余興ムービーを結婚式場で流す形になるので、本番も完璧な状態で演出することができることが大きなメリットであるといえます。
効果的なBGMや画像・映像の流し方を考えてみるだけでなくパロディ調にしてみたり、映画風にしてみたり、ビデオレターにしてみたりなど、その工夫の仕方は様々です。
工夫を凝らした世界で一つだけの素敵な余興ムービーに会場が盛り上がることは間違いなしでしょう。



著作権を知らずにムービー制作はできない

この結婚式の余興ムービーを構成するのは大きく分けてBGMと映像、画像の3つです。
そこで、ムービーを制作する際に考慮しなければならないのが著作権になります。
著作権とは、著作物を他人に使用させる許可を与えたり、著作物を財産として所有したりすることのできる権利のことをいい、この著作物には小説、脚本、論文など言葉によって表現されたもの、曲や歌詞など音楽に関わるもの、ダンスや舞踊の振り付けなど身振りや動作で表現されるもの、人や風景などを撮影した写真、映画やアニメなどの動画など、結婚式の余興ムービーに使われそうなものの多くが含まれています。
これらの著作物を使用する場合には、許諾の必要性を調べた上で、その著作物を持つ人の許可を得なければなりません。
もし著作物を無断で使用した場合、著作物の権利の侵害となり、民事上の請求や罰則を科されることになります。
この権利の侵害には10年以下の懲役または500万円以下の罰金が定められています。
結婚式の余興ムービーを制作する場合には、著作権にしっかりと留意することが大切です。



著作権にはどんな種類があるの?

一口に著作権といっても、その種類にはさまざまなものがあります。
その中で最も基本的なものが複製権であり、印刷や複写、録音、録画など、複製する権利のことをいいます。
余興ムービーは結婚式場で流すことになりますが、ここで関係するのがCDやDVDなどの著作物を人に聞かせたり見せたりする権利である上演権・演奏権、映画や写真などの著作物をスクリーン上で上映する権利である上映権になります。
また、テレビやラジオ、インターネットなどによる情報発信に関する権利は公衆送信権とよばれます。
他には、テレビや有線で放送された著作物をテレビなどにより伝達する公の伝達権、小説や詩などの著作物を朗読などで伝える口述権、美術や写真の著作物を展示する展示権、映画の著作物を販売したり貸したりする頒布権、映画以外の著作物や副複製物を販売などで提供する譲渡権、CDやDVDなどの複製物を貸し出しする貸与権、著作物を翻訳、編曲、脚色するなどの方法で二次的著作物を作る翻訳権、翻案権、自分の著作物から作られた二次的著作物を利用することについて原作者が持つ二次的著作物の利用権などがあります。



余興ムービーに必要なのは複製権と演奏権

余興ムービーを作る際に必要になるのが印刷や複写、録音、録画など、複製する権利である複製権とCDやDVDなどの著作物を人に聞かせたり見せたりする権利である演奏権です。
例えば、余興ムービーを作る際にあるBGMが必要になったとき、自分がその音源を所持していないために友人からコピーしてもらうと、それは複製権の侵害になります。
映像の場合にもそれは適用されます。
私的利用のために録音、録画する場合は侵害にはあたりませんが、複製したものを他人に貸与したり販売したりすると侵害となります。
また、インターネット上の違法な音楽、映像ファイルをダウンロードすることは違法ダウンロードとみなされ、これも複製権の侵害になります。
演奏権とは、公衆に直接見せたり聞かせたりすることを目的として演奏する際に発生するので、余興ムービーで著作物であるBGMを流したり、画像を表示させたり、映像を流したりする際には演奏権が関係します。
また、著作物である脚本を上演したり、音楽を演奏したりすることも演奏権に関わるので、余興ムービーに劇や演奏を取り入れたいと考えているのであれば、この権利を考慮しなければなりません。



著作権を管理している団体とは

ここまで著作物に関わるさまざまな権利について紹介してきましたが、これらの権利を管理している団体にもいくつかのものがあります。
音楽の利用に関する団体である一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の名前は聞いたことがある人も多いでしょう。
小説や脚本の利用に関わる団体には公益社団法人日本文藝家協会、協同組合日本脚本家連盟、協同組合日本シナリオ作家協会、美術作品の利用に関わる一般社団法人日本美術家連盟、一般社団法人日本美術著作権協会、デザインの利用に関する公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、出版物の利用に関する一般社団法人日本書籍出版協会、雑誌の利用に関する一般社団法人日本雑誌協会、実演の利用に関する公益社団法人日本芸能実演家団体協議会、実演家著作隣接権センター、レコード一般社団法人日本レコード協会、放送の利用に関する日本放送協会、一般社団法人日本民間放送連盟、映画の利用に関する一般社団法人日本映画製作者連盟、出版物の複写に関する公益社団法人日本複製権センターなどがあります。
著作物利用の際はこれらの団体に許可を得る手続きを行ったうえで著作権料を支払う必要があります。



著作権料を払いたくない場合はCD購入か著作権フリーの曲を使おう

著作物の権利を侵害することなく著作物を使用するためには、これらの団体に許可を得る手続きを踏んだうえで著作権使用料を支払う必要がありますが、使用料を払いたくない場合には、CDを購入するか著作権フリーの曲を使いましょう。
例えば、余興ムービーの中で演劇をしたり、曲を演奏する場合にはそこで使う曲は自分で購入すれば、友人からCDの音源をコピーしてもらう必要もないし、インターネットから違法ダウンロードすることもなくなるので複製権を侵害することはなくなります。
また、著作物の権利がフリーである曲を使うという方法もあります。
これは著作物に権利が存在しない状態、放棄された状態になったもののことをいいます。
インターネットで著作物の権利がフリーであるBGMやイラスト、画像、動画などが公開されているので探してみてはどうでしょうか。
さらには、自分で曲を作って演奏したり、自分で脚本を作って劇を上演したりすることは著作物の権利の侵害には当たりませんから(この場合、その著作物の権利は自分にあります)、自分でつくってみるのもいいかもしれません。



ウェディングプランナーまとめ

ここまで、結婚式の余興ムービーを制作する際に注意しなければならない著作物の権利(主に複製権と演奏権)とそれに関係する団体などについて述べてきました。
余興ムービーを作成するためにBGMや画像、映像を使用したり、既存の脚本に沿って劇を演じたり既存の曲を演奏したりする場合には、これらの権利をしっかりと考慮しましょう。
著作物の権利について知り、結婚式の場を盛り上げる余興ムービーを作りましょう。

プロフィールムービー

2018-10-23 18:58:58

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング