結婚式余興ムービー制作丸わかり!基本的な作り方と注意点

目次

  1. 余興ムービーはなぜ必要か?
  2. 手作りするメリット・デメリット
  3. プロの業者に依頼するメリット・デメリット
  4. テーマは新郎新婦のイメージに合わせよう
  5. 観る側の気持ちを考えたムービー制作を
  6. 余興ムービーの長さはBGMと調整しよう
  7. ウェディングプランナーまとめ

結婚式の幸せな空気を盛り上げるための要素はいくつかありますが、その中で近年主流となりつつあるのが、余興ムービーです。
友人代表などが自作することもできるため、利用される頻度は非常に高く、コツを押さえれば誰にでも作ることができる上に、効果的な演出として機能してくれます。
実際に作る際には、いくつかのポイントを知っておくと良いでしょう。

余興ムービーはなぜ必要か?

結婚式に参加したゲストは、基本的には新郎か新婦、少なくともどちらかの友人知人です。
学生時代から現在に至るまで付き合いが続いている、などといった、ごく親しい間柄の人であれば良いですが、意外とその人についてそこまでよく知らない、というケースも少なくありません。
そのような状況では、長い結婚披露宴は意外と退屈だったり、最後まで着席しているのに飽きてしまうということが起きてしまいます。
せっかくのお祝いの席なのでそのような状況は避けたいものですが、やはり知らない人のスピーチや演奏などが延々と続いているのを見続けるのは大変なことです。
余興ムービーを間に挿入することによって、会場の照明が落とされるということもあり、結婚式の流れの中に程よいアクセントが生まれます。
さらに、新郎新婦についてより深く知るきっかけにもなります。
どのような友人たちや仕事仲間に囲まれている人なのか、といったことも伝わり、幸せそうな二人がより素敵に輝いて見える、という効果も期待できるため、労力を費やして作成するだけの価値は十分にあると言えます。



手作りするメリット・デメリット

余興ムービーは、簡単に手作りすることが可能です。
ムービーを手作りするというと敷居が高く感じられるかもしれませんが、最近のパソコンには初期設定として動画を編集できるアプリケーションが入っている場合がほとんどです。
また、スマートフォンのアプリにも同様のものが多数あります。
このようなものをうまく活用することで、簡単に本格的な余興ムービーを作ることができます。
手作りをするメリットとして、自分の意思を細かく反映できるという点が挙げられます。
お祝いのための余興ムービーですので、そのメッセージを送る側の気持ちをなるべく盛り込んで伝えたいと思うものです。
手作りであれば、どんなに細かいニュアンスでも表現することが可能です。
反対にデメリットとしては、技術やセンスによって完成した余興ムービーのクオリティにばらつきが生じてしまうということが挙げられます。
アプリケーションの操作はどれも簡単ですが、それでも機械に弱い人にとっては手を出しにくいと感じられるかもしれません。
作り方などをよく研究して、時間をかけて行っていく必要があります。



プロの業者に依頼するメリット・デメリット

パソコンなどを利用して自作する以外にも、ウェディングの余興ムービーを専門に作ってくれる業者も数多く存在しています。
このような業者は、映像制作のプロとして、素材となる動画の収集から、効果的な編集、BGMの選択など、すべてを高いクオリティで行ってくれます。
洗練された余興ムービーが完成するため、サプライズとして当日果たす役割が大変大きく、狙った通りの感動や驚き、笑いなどに結び付けるのがより簡単になるというメリットがあります。
どのような形でムービーを利用したいのかを事前にきちんと話し合うことで、その効果はさらに高まります。
業者に頼むデメリットとしては、費用がかかってしまうという点が挙げられます。
結婚式には参加するだけでも衣装やお祝いなど、様々な出費が付いて回るものですが、プロの手を借りて余興ムービーを用意するとなると、さらに数万円のお金が必要になってきます。
有志の何人かで費用を出し合って支払うなどといった対策をとることで、ウェディングの雰囲気を盛り上げる、質の高い余興ムービーを作ってもらうようにすると良いでしょう。



テーマは新郎新婦のイメージに合わせよう

自作する場合でも、業者に依頼する場合でも、作り方の第一段階としてまず考えておかなければならないのが、結婚式の余興ムービーを、最終的にどのような雰囲気に仕上げるか、という方向性です。
これは基本的に、新郎新婦のイメージに合わせてイメージを膨らませていくのが最も効果的です。
例えばおしゃれで洗練された都会的なイメージのカップルなのであれば、編集や音楽選びにもそのような雰囲気を反映させ、抑えめのトーンでシックに仕上げていきます。
普段から周りの人を笑わせたり、面白いことを言うのが大好きな二人であれば、余興ムービーにもその感じをふんだんに盛り込み、笑いがいっぱいの、少しやり過ぎなくらいのムービーを作ると良いでしょう。
どのようなケースであれ、大切なのは作る側がどうしたいかではなく、まずは新郎新婦が素敵に見える方向性を見極めることです。
そして、それをうまく反映させた演出プランを考えましょう。
コメントや使用する色、効果など、登場するすべての要素がうく噛み合って、幸せな空気を生み出す内容にまとめあげていきます。



観る側の気持ちを考えたムービー制作を

結婚式のスピーチに関するマナーや禁句については古くからたくさんの情報があります。
これは、聴いている人が気まずい思いをしないように、という気遣いの気持ちが反映されたものであり、お祝いの場で言ってはいけない言葉や、避けた方がよい表現などは、社会人としてのマナーの一部となっています。
余興ムービーを作る場合も、結婚式の一部であるということを踏まえ、こういったマナーに関しては常に意識しておく必要があります。
サプライズとしての効果を期待するあまり、過激さが過ぎる発言を収録してしまったり、親しみ深い雰囲気を表現しようと下品な瞬間を見せるような動画を流してしまっては、見ているゲストとしても気まずいものがあり、何よりも新郎新婦が気の毒です。
あくまでも主役は新郎新婦であり、笑いを盛り込む場合であっても二人をお祝いするためのものであるということを忘れないようにしなければなりません。
観る側の気持ちをきちんと考えて、楽しく感動的な中にもマナーを守った内容の余興ムービーを完成させる、という点を忘れないようにしましょう。



余興ムービーの長さはBGMと調整しよう

余興ムービーの長さは、結婚式全体の中でのバランスを決める重要な要素となります。
ムービーを用意するもともとの目的が、結婚式にリズムをつけるということでもあるので、ここでの判断を誤るとかえって逆効果ともなってしまいます。
長すぎず、短すぎず、という最適なポイントを見つけなければなりません。
うまくいきやすい方法としては、使用するBGMの長さに合わせて作成する、というものがあります。
このとき選ばれるBGMは、ほとんどの場合新郎新婦にとっての思い出の曲や、特に思い入れの強い曲となります。
この曲の長さや、盛り上がるポイントを意識しながら動画の作成を行うと、効果的な演出も行いやすく、また長さについても的確な状態に仕上げるのがより簡単になります。
歌詞がつけられた歌であれば、その内容も二人のこれまでの道のりや、これから歩んでいく未来を見据えた形となり、より感動的な余興ムービーとなるでしょう。
BGMと映像との兼ね合いは、作成のプロセスをより簡単にし、結婚式当日の効果も高めてくれるという点を覚えておきましょう。


著作権と音楽編集
楽曲リスト

ウェディングプランナーまとめ

結婚式の余興ムービーは、お祝いの気持ちを表現するのにとても効果的なものです。
映像、言葉、音楽、色、演出効果、様々な要素が組み合わさって、作った人の気持ちが新郎新婦や、観ているゲストにも伝わっていきます。
このため、作る過程で最大限の真心を込めるような気持ちで、大切なポイントを押さえながら作業を行っていきましょう。
著者:ウェディングプランナーTI

余興ムービー

2018-10-20 12:15:43

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング