【必見】結婚式の余興ムービー制作のための基礎知識

目次

  1. 余興ムービーで新郎新婦の明るい門出を後押し
  2. 余興ムービーには色々な種類がある
  3. 余興ムービー制作に必要なもの|写真素材・動画の選び方
  4. 余興ムービー制作に必要なもの|BGMの選び方
  5. 余興ムービー制作に必要なもの|編集ソフトの選び方
  6. メインゲストに合わせた内容にすることが重要
  7. ウェディングプランナーまとめ

結婚式の余興ムービーを制作するのであれば、実際に作る前にどのようなものか把握しておくことも大切です。
余興ムービーの種類をあらかじめ把握しておくことで、どのような動画を作るのか参考にすることができます。
余興ムービーは、結婚式で新郎新婦をお祝いする大切な動画です。
だからこそ、2人にとってより良いものとなるようにするために、基礎知識を調べるところから始めましょう。

余興ムービーで新郎新婦の明るい門出を後押し

結婚式で余興ムービーを作るのであれば、そもそも何のために作るのかという意味合いを考えてみることも大切です。
あくまで余興なので、余興ムービーが結婚式において必須というわけではありません。
必須でもないのに行う背景には、結婚式を盛り上げるという意味合いが存在しています。
結婚式の余興ムービーを作るときは、基本的に新郎新婦から依頼を受けて作るという方が多くいるでしょう。
新郎新婦側としては、招待客を楽しませることを考えて、動画の作成を依頼しています。
ですが結婚式というのは、招待客のためのものではなく、新郎新婦を祝うものだということも忘れてはいけません。
新郎新婦を祝うことを考えた場合、招待客を楽しませることだけではなく、新郎新婦の明るい門出を後押しすることも忘れないようにしましょう。
2人の門出を祝うものを作ることによって、招待客が楽しめるだけではなく、2人にとって思い出となる結婚式をより良くすることにつながります。
明るい門出を後押しするといっても、最低限のマナーを守ったうえで作ることを忘れないようにしましょう。



余興ムービーには色々な種類がある

結婚式の余興ムービーというのは、何らかの定義があるわけではありません。
そのため同じ余興ムービーという名で呼ばれているものであっても、結婚式によって異なる種類の動画が流れています。
そこで実際に制作するのであれば、どのような種類の選択肢があるのか把握しておくことも大切です。
結婚式の招待客は、新郎と新婦の両方を知っている方ばかりではありません。
そこで余興ムービーでは、2人を紹介するようなプロフィールムービーにするのも1つの手です。
プロフィールを紹介することによって、招待客全員に2人がどのような方なのか理解してもらえます。
また結婚式に出席できなかった方からのメッセージを流す余興ムービーもあります。
ほかにも友人同士で集まって、ちょっとしたドラマ仕立てのストーリーを流すことも可能です。
アイディア次第でさまざまなスタイルの余興ムービーが完成するので、一例を知ったうえで、状況にあったムービーを作るようにしましょう。
実際に作るときには、どのように作るのかもポイントの1つです。
予算や制作期間を考慮したうえで、作る余興ムービーについて考えていくことも大切です。



余興ムービー制作に必要なもの|写真素材・動画の選び方

実際に余興ムービーを作るときのポイントとなるのが、どのように写真素材や動画を選べばいいのかという点です。
特に結婚式の主役となる2人を紹介するムービーにしたい場合には、2人の子供の頃の写真や付き合ってからの動画を流したいということもあるでしょう。
そこでポイントとなるのが、使用する素材の選び方です。
2人の写真だとしても、どのようなものでもいいというわけにはいきません。
結婚式という場を考えると、その場にふさわしくないという素材も存在しています。
ほかにも写真を見るとき、招待客の方のことを考えることも忘れてはいけません。
2人しか映っていないものばかりの場合、招待客が興味を持ちにくいケースも見られます。
そこで2人しか映っていないものではなく、招待客も映っている素材を織り交ぜるのも1つの手です。
2人との関係性について招待客の方が思い出すことによって、ムービーに興味を持ってもらいやすくなります。
また素材は多ければいいというわけではないので、適度な枚数を選ぶということも余興ムービー作りにおいて大切なことです。



余興ムービー制作に必要なもの|BGMの選び方

余興ムービーというのは、ただ写真や動画を流せばいいというものではありません。
特に写真の場合は音声がないため、BGMについて考える必要があります。
BGMの選び方としては、新郎新婦にとって思い出がある音楽でもいいですし、作る側が2人をお祝いする意味を込めて選ぶのも1つの手です。
実際にBGMについて考えていくとき、1つ注意しなければならない点が存在しています。
それが、著作権についてです。
使用しても大丈夫な音楽かあらかじめ調べたうえで、BGMとして採用するか検討するようにしましょう。
またどのような曲を流すか決めるとき、できる限りメジャーな曲を選ぶことも忘れてはいけません。
結婚式の主役である2人にとって思い出の曲でも、あまりにもマイナーすぎる場合、招待客の方が興味を持ってくれないかもしれません。
さらに1つの曲だけをBGMとするのではなく、複数の曲を組み合わせるのも1つの手です。
メジャーな曲であっても、サビの部分しかわからないという方も多くいます。
そのような方でも、どの曲が使われているかわかりやすいように、サビの部分だけをつなげるという選択肢もあります。


著作権と音楽編集

余興ムービー制作に必要なもの|編集ソフトの選び方

実際に余興ムービーの制作について考えていくのであれば、自作する場合は編集ソフトについて考えていくことも忘れてはいけません。
業者に依頼する場合であれば、編集作業も含めてすべての作業を行ってもらえます。
ですが自分たちで作る場合であれば、編集が楽にできるようにソフトの利用を検討することが大切です。
ここでポイントとなるのが、編集のために使用できるソフトにもさまざまな種類があるという点です。
無料のものもあれば有料のものもあるので、予算に合わせて利用するソフトを選ぶようにしましょう。
ソフトを選ぶポイントとなるのは、値段の問題だけではありません。
編集の出来次第で、余興ムービーの完成度にも差がでます。
そこで使用するソフトの違いに応じて、どのくらいの仕上がりに差が出るのかという情報を集めましょう。
例えば実際に編集ソフトを利用している方の口コミを参考にするのも1つの手です。
使っている方が無料のものでも問題なく作業ができているのか、有料のものとどのくらいの差があるか情報を集めます。
そのような違いを踏まえたうえで、編集作業について考えましょう。



メインゲストに合わせた内容にすることが重要

結婚式の余興ムービーで忘れてはいけないのが、新郎新婦のことだけを考えてはいけないということです。
式場には、多くの招待客の方がいます。
主役の2人に楽しんでもらうだけではなく、招待客の方にも楽しんでもらえるように工夫しましょう。
招待客の方にも楽しんでもらえるようにできる工夫の1つが、メインゲストに合わせたものを制作するということです。
例えばメインゲストとして、新郎や新婦の家族があげられます。
2人の両親にとっては、結婚式というのは一人前になった子供を見る大切な場です。
そこで2人の両親に楽しんでもらえるように、新郎と新婦それぞれの家族写真を使うのも1つの手です。
またメインゲストに合わせた内容にするために、メインゲストの方に向けた新郎もしくは新婦からのメッセージを入れることも可能です。
もしも新婦が手紙を直接読むのが恥ずかしいというようなことであれば、手紙を読むのではなく、ムービーの中に感謝の言葉を入れることもできます。
メインゲストと仲がいい関係で出席している招待客もいるので、特定の方だけが置いていかれることが無いように工夫しましょう。



ウェディングプランナーまとめ

結婚式の余興ムービーというのは、新郎新婦のプロフィールを紹介するものなど、さまざまな種類が考えられます。そのためどのような結婚式なのか考えて、その場に合ったものを作るようにしましょう。また新郎新婦をお祝いするものだという以外にも、多くの招待客が楽しめるように使う素材やBGMを工夫することも大切です。

余興ムービー

2018-10-16 15:10:01

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング