結婚への決意を見せるために大変身した結婚報告

若いころには、その当時流行している服装や髪型などを追いたくなるものです。

例えば、ガングロに茶髪にミニスカートなど、若い世代ではやっていた時期もありました。

そんな中で私も流行におくれてはならないと、まさにギャルといわれるような格好をしていたのです。

その当時できた彼氏は、私と同じようにガングロのチャラ男と呼ばれるような見た目でしたが、中身はまじめそのものの人でした。

曲がったことは大嫌いで、今まで出会った男性の中でも群を抜いてまじめだったと思います。

しかし見た目というのは、第一印象を大きく左右するものでもあります。

見た目がチャラチャラしているというだけで、いい加減な人だと思われてしまったり、不真面目な人だという思いを抱く人が多いのも事実です。

彼と結婚をすることに決めた私は、親へ結婚報告をしなければならないと思いましたが、今のままの彼の姿では結婚報告をしても認めてもらえないと思っていました。

親は昔気質の人だから、見た目が重視されるかもしれないと彼に相談をして、どう結婚報告をしたらいいかと彼に相談をしたのです。

すると彼はすぐに美容院に出向いてくれ、髪を短髪にして黒髪に染めてきたのです。

美容院に行くと聞いていなかった私は、まさかの彼の行動に驚きを隠せませんでした。

自分のファッションにこだわりを持っていた彼でしたので、まさか翌日にはすぐにその姿になってくるとは思いもしませんでしたので、彼の決意の固さに驚くばかりです。

見た目が変わった彼の姿は、どこからどう見ても好青年でしたので、これなら両親にも認めてもらえると思い、結婚をしたい人がいるから紹介をしたいと、両親に伝えました。

しかし、両親からの反応はその時点でいいものではなかったのです。

年齢的に若かったのもありますが、今までの私の行動などから、結婚をしてもうまくいくはずがないと思われてしまいました。

それでもどうしても結婚をしたい相手だからと、会うだけでもあってほしいと両親を説得して、何とか会うだけ会ってもらえるということになったのです。

当日になり彼が自宅にやってきましたが、出迎えた両親の反応は意外なものでした。

チャラチャラした私が連れてくる彼だから、同じような見た目を想像していたのだと思います。

しかしやってきた彼は短髪で黒髪の好青年に変身していましたので、その時点で印象は良くなっていました。

最初はみんなでかるく食事をしながら世間話をしていましたが、彼も決意を決めて、結婚をさせてくださいという気持ちをはっきりと伝えてくれたのです。

思っていた以上に話も弾んで好印象だったのもあってか、あれだけ会うのを渋っていた私の両親もあっさりと結婚を認めてくれました。

やはり見た目というのはとても重要です。

彼がいい人だというのは、話をしてみなくてはわからない部分もありますし、見た目が不真面目な感じであれば、どうしても中身も同じように伴ってくると思われてしまいがちになります。

この結婚報告を機に、好青年の印象を与えることがどれほど自分にとってメリットがあるかわかった彼は、今でも好青年に見えるような服装や髪型にしています。

私も彼を見習って見た目を変え、彼の両親のもとに結婚報告をしに行きました。

見た目など関係なくて中身が重要だというのは間違いありませんが、第一印象ではそれは通じません。

もしも彼も私も今まで通りの見た目で結婚報告をしていた場合には、結婚を認めてもらうことが出来なかったかもしれません。

誰からも認めてもらえる人になりたいのであれば、中身を磨くだけではなく見た目から変えていくようにし、自分をわかってもらうことが大切だと思えた結婚報告でした。

結婚報告 親

2017-05-24 18:38:28

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング