感動的な余興ムービー制作はプロにおまかせ!結婚式ビデオ制作業者選び6つのポイント

目次

  1. サンプルビデオを公表している
  2. 制作料金・オプションが明瞭でわかりやすい
  3. 問い合わせ・対面での打ち合わせに丁寧に対応してくれる
  4. DVD発送前に映像をチェックでき、修正ができる
  5. BGM・楽曲の著作権処理をしている
  6. ※注意※安すぎる制作業者には釣られないで
  7. ウェディングプランナーまとめ

結婚式に使われる余興ムービーはプロに依頼して作ってもらうことが可能です。
一生に一度の結婚式を華やかに演出するムービーはその場を盛り上げることも、感動を誘うこともできます。
しかし専門業者はいくつもあるので、どのように選んだら良いのかと頭を悩ませる人も少なくはありません。
失敗しないためにも、まずは慎重に業者選びを行うことが大切です。

サンプルビデオを公表している

ムービーの制作依頼というのは結婚式に限ったものではありません。
例えば企業のPR動画であったり、催事専用のムービーを依頼する会社というのもあるでしょう。
今までどのようなムービーを制作してきたのかというのをサンプルとして公開している業者があれば、それをチェックするようにしましょう。
どういった動画を得意としているのか、どういった趣向で制作しているのかというのがサンプルからでも十分に分かります。
依頼するということは数万円から数十万円というお金がかかります。
それだけの費用をかけてでも作ってもらう価値があるのかどうかをきちんと判断するためにはサンプルビデオは非常に重要です。
作ってもらいたい余興ムービーの雰囲気に合っているかどうかを判断するためにも重要なポイントとなるのですが、このサンプルビデオは企業HPに公表している場合と特定の動画サイトに公表されている場合とあります。
もしも動画が見つからなければ企業に問い合わせてみるというのも1つの手段です。
百聞は一見にしかずと言われるように、業者側の説明だけで満足するのではなくきちんと目で見て判断するようにしましょう。



制作料金・オプションが明瞭でわかりやすい

制作費用はどれくらいかかるのかというのは依頼先によって変わります。
多くの業者が制作するムービーの長さやクオリティによって基本料金を設定し、それにBGMをつけたりメッセージをつけたりというオプションを加えていくことで総合的な費用を算出します。
余興ムービーをこだわって作りたい場合には数多くのオプションを必要とする場合もあるのですが、だからと言ってすべて実現させようとすればお金もかかります。
大切なのは予算とのバランスを考えた上で結婚式を盛り上げることができるような余興ムービーを作ることなので、料金設定が分かりやすいというのは重要です。
HPに基本的な料金の設定が掲載されていることが多いので、まずはそれをチェックしましょう。
それでも不明な点があるようであれば、直接問い合わせをするというのも手段の1つです。
そうして見積りを出し、予算内で制作できるようであれば正式に依頼するということができます。
自分で見積もりを出すのが不安な場合には、業者に直接問い合わせて見積もりを依頼すると良いでしょう。
それならば無料で対応してもらえることがほとんどです。



問い合わせ・対面での打ち合わせに丁寧に対応してくれる


特に初めてムービーを依頼するとなった場合には一体どのように依頼をし、打ち合わせをしていくのか分からない事だらけの人は多いでしょう。
実際にその会社にまで赴いて打ち合わせをしないといけないのか、どれくらい前から準備をしていけばいいのか、またどういったものを用意しなければならないのかなど考えれば考えるほど疑問点は浮かんできます。
こうした疑問点にも丁寧に対応してくれる業者というのは制作する余興ムービーも丁寧に作ってくれることが期待できます。
もちろん疑問点だけではなく要望に対してもきちんと聞く耳を持ってくれる、なるべく理想に近づけるよう努力してくれるというのがプロです。
予め用意されているテンプレートに静止画や動画などをあてはめるようなことしかできないというようなところに依頼してしまうと、オリジナリティのある余興ムービーは制作できません。
どういった対応をしてくれるのかはまず依頼をかける前に見極めなければなりません。
料金に関して問い合わせをしてみたり、口コミなどを参考にするなどして判断するようにしましょう。



DVD発送前に映像をチェックでき、修正ができる


余興ムービーの制作を依頼したはいいものの、出来上がったものが本当に打ち合わせ通りの仕上がりになっているのかというのは依頼した側からすれば非常に不安です。
画質の問題だけではなく内容に何か間違いがあると、実際に結婚式で放映した際に恥をかくことにもなり兼ねません。
それだけではなく、名前のミスなどがあるとその人に対して失礼にもなってしまいます。
こうしたトラブルを防ぐためにも、事前に映像のチェックや修正が可能であるかを確認しましょう。
ある程度の構成が決まったらそれでサンプルを作り、直接見せるかデータで送ってチェックしてもらうなどの対応ができる業者であれば安心です。
完成前のものを事前にチェックすることで間違いを防ぐことができるだけではなく、用意する側も満足できる余興ムービーに仕上がっているかどうかがチェックできて安心です。
もしも不満な点があれば修正依頼をかければ良いだけなので、両者とも納得できる作品に仕上げることができます。
こうした融通がきくかどうかというのも制作していく上でとても重要なポイントとなります。



BGM・楽曲の著作権処理をしている


著作権と音楽編集

余興ムービーに限ったことではありませんが、放映するムービーには必ずと言ってもいいほどBGMをつけます。
感動的なムービーにしたいのであればバラードのようなしっとりとした曲を、楽しく盛り上げたいのであればアップテンポな曲をというように、どのようなBGMをつけるかでムービーの雰囲気が一気に変わるため、BGMの有無や選曲は非常に重要です。
しかしどんな音楽にも著作権というものがあります。
歌っている人や制作した会社が持っている権利なので、それを勝手に使用してはならないのです。
営利目的がないから大丈夫という問題ではありません。
中には列席者が余興ムービーを携帯電話などで録画し、それをネットにあげるなどすればそのアクセス数で利益を生む場合も否定はできないのです。
BGMを使用するのであれば必ず著作権処理を行う必要があります。
つまり権利を持つ人から「使用しても良いですよ」という許可を得る事です。
その許可があれば堂々と好きな曲を使用することができます。
様々なムービーを制作している業者であれば、ある程度の曲数は処理されています。

楽曲リスト



※注意※安すぎる制作業者には釣られないで


結婚式の準備というのは何かとお金がかかります。
この余興ムービーを用意するのが主役である新郎新婦自身なのか、余興を任された友人たちなのかは人それぞれ違いますが、1本のムービーの制作を依頼すると数万円から数十万円というお金がかかります。
なるべくコストを下げるために多くの人が料金にばかり目が行ってしまいがちですが、安いからという理由だけで依頼をしてしまうと、後々後悔する結果になってしまう恐れがあります。
もちろん結婚式には様々な準備が必要なので予算を設けてその範囲内で用意をするということはとても大切なことです。
だからと言ってなんでも料金で判断すればいいというわけではありません。
結婚式を盛り上げたり、感動的な結婚式を演出するためにはある程度のコストをかけるということも必要なのです。
なるべくコストを抑えたいという人の気持ちに着目し、とにかく低コストで制作するということを売りにしている業者もあります。
しかし、判断すべきポイントはお金だけではありません。
動画のクオリティであったり、対応の良さなどもきちんと見た上で判断するようにしましょう。



ウェディングプランナーまとめ


余興ムービーは結婚式を盛り上げる上でとても大切なものです。
そのためある程度のクオリティがほしいと思うのであれば、やはりプロに任せるのが一番確実です。
満足のいく作品を作り上げるためには、まずどこに依頼するのかということから考える必要があります。
しっかりと比較をして慎重に選ぶようにすれば素敵な作品を作り上げることができるでしょう。

余興ムービー

2018-10-13 13:11:41

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング