結婚式余興ムービーを無料で作る!完成までの全手順をレクチャー

結婚式では様々な余興や演出を用意しますが、新郎新婦が作ることもあれば友人たちが作ってくれることもあります。
どちらの場合でも自分たちで手作りする以上、作り方や手順をしっかり理解しておくことが大切です。
結婚式では多くのゲストに余興ムービーを見てもらうことになるので、恥ずかしくない仕上がりになるよう頑張りましょう。

目次

  1. 無料ソフトではどんなことができる?
  2. 全体のテーマを決める
  3. 使用する写真・動画を多めにピックアップする
  4. テーマに合ったBGMを用意する
  5. ソフトの仕様に従って素材と曲を配置する
  6. メッセージを挿入する
  7. ウェディングプランナーまとめ

無料ソフトではどんなことができる?

結婚式で使用するムービーを作成する場合、専門の映像作成業者などに依頼することが多いです。
ただ、友人たちが新郎新婦をお祝いするために作成する余興ムービーなら、やはり業者にではなく自分で作りたいと考える人が多いのではないでしょうか。
余興ムービーとは言っても、結婚式の本番で多くのゲストの前で披露するものなので、しっかりとした仕上がりにしておきたいものです。
しかし、普段映像などをよく作っている人でもない限りは、動画や音楽の編集などどうすれば良いのか分からないことも珍しくありません。
そんな初心者の場合でも、専用の動画作成ソフトを使用すれば非常に簡単に立派な動画を作ることができるのです。
最近はパソコンだけでなくスマホのアプリでも、無料で使用できる動画作成ソフトが数多くリリースされています。
中にはプロの業者も利用しているツールが無料で公開されていることもあるので、根気よく探してみると良いでしょう。
基本的な機能なら、ソフトが指示する手順に従って操作するだけで、立派な余興ムービーを作成することができるでしょう。



全体のテーマを決める

結婚式の余興ムービーは、面白ければ何でも良いというわけではありません。
結婚式は新郎新婦の友人たちだけでなく、親族や会社の上司などマナーをわきまえておくべき多くのゲストがいます。
もし仲間内でウケの良いふざけた余興ムービーを作成してしまった場合、それを目にした他のゲストからは白い目で見られてしまうでしょう。
新郎新婦の評判まで下げてしまうことになるので、余興ムービーのテーマ選びは非常に重要です。
どのようにテーマを決めれば良いかというと、まず注意すべきは全ての年齢、性別のゲストに受け入れられやすい感動や幸せな感じを演出するということです。
例えば、結婚式に出席できなかった友人たちのビデオメッセージや出し物を撮影したもの、新郎新婦の結婚式の準備の様子など、多くのゲストが興味を持ってほっこりできるような内容にすることをおすすめします。
新郎新婦が作成する場合は、自分達の生まれてから現在に至るまでの写真や動画を時系列で紹介する余興ムービーが定番になっています。
いずれにしても、統一感を持たせた方が仕上がりが良くなるため、テーマはしっかり決めるようにしましょう。



使用する写真・動画を多めにピックアップする


余興ムービーは、新郎新婦がお色直しをしたり歓談中の時間を繋ぐためなど、様々な用途で使用されます。
このため、余興ムービーがどのくらいの時間流されるかは結婚式の内容にもよりますが、だいたい5分から10分程度に収めておいた方が無難です。
あまりに長すぎると見るのも疲れてしまいますし、だんだんゲストの集中力も続かなくなり、せっかく作成した余興ムービーも見てもらえなくなるでしょう。
ただ、5分から10分とは言っても軽く見てはいけません。
実際にムービー作りに取り掛かると、写真や動画の写りが悪かったり偏ったメンバーしか映っていなかったりして、意外と使えるものが少なかったりします。
作成している途中に尺が足りなくなって慌ててしまうこともあるので、写真や動画を準備している段階で多めにピックアップしておくことをおすすめします。
自分が持っているものだけで足りない場合は、友人や新郎新婦にも声をかけて、良いものをたくさん集めておくようにしましょう。
結婚式直前に余興ムービー作りに取り掛かると、こういった材料集めに困ることも多いので、できるだけ早く行動することも大切です。



テーマに合ったBGMを用意する


余興ムービーを作成する場合、用意するのは写真やムービーだけではありません。
ただ映像だけを流していても盛り上がりに欠けますし、単調で面白みが無いため必ずBGMを付けるようにしましょう。
音楽の力は非常に大きく、何でもない映像でも感動的な音楽が付いていると雰囲気を醸し出すのに大いに役立ちます。
どんな音楽を付けたらよいか分からない場合は、とりあえず結婚式向きにリリースされているCDなどをレンタルして実際に聞き、テーマやイメージに合うものを探してみましょう。
有名な歌手の曲でも良いですし、クラシックなど音楽だけのものでも構いません。
ただ、あまりにメジャーな曲だと音楽の方にゲストの意識が向いてしまい、映像をしっかり見てもらえない可能性もあるので注意しておきましょう。
また、感動系のムービーなのに楽しく明るい歌や音楽を付けてしまうとミスマッチな仕上がりになってしまうので、必ずテーマに合っているかも注意して選ぶことが大切です。
出来上がったら、自分だけでなく家族や友人などにもムービーを見てもらい、感想を聞いておくと良いでしょう。
著作権と音楽編集
楽曲リスト



ソフトの仕様に従って素材と曲を配置する


余興ムービーに使用する映像や画像と音楽が決まったら、もう手順のほとんどは終わったも同然です。
余興ムービーを作成する場合、多くの人が一から自力で手作りするのではなく、パソコンやスマホの無料ソフトを使用します。
こういったツールは、例え操作に詳しくない人でも簡単にムービーを作成できるように、丁寧な操作手順が表示されます。
最初から最後まで流れに沿ってソフトが指示を出してくれるので、後はそれに従って映像と音楽をそれぞれ必要な場所に配置していくだけです。
実際にやってみると、本当に簡単な操作で見事なムービーが完成するので非常に便利です。
配置した後には試しに再生することもできるので、こまめに再生して流れや仕上がりを確認しながら進めていくようにしましょう。
映像のフレームやエフェクトなど、利用するツールによっては様々な素材が用意されているので、それらも活用しながらオリジナリティのあるムービーを作成しましょう。
無料ソフトの中には素材が有料になっているものもあるので、使用する場合はそういった点にも注意しておく必要があります。


定番のスケッチブックリレー


メッセージを挿入する


余興ムービーは映像と音楽を付けたら完成と思いがちですが、それだけでは味気ないものです。
せっかくゲストや新郎新婦に向けて作成するものなので、作り手からのメッセージも添えるようにしましょう。
もちろん映像だけでも十分な見応えはあるのですが、メッセージを付けておくことでより感動や印象深さを演出することができます。
メッセージの挿入も、基本的にはムービー作成時に一緒に行えます。
映像ごとに挿入することもできますし、余興ムービーの冒頭や最後に挨拶や締めの言葉として挿入しても良いでしょう。
言葉の大きさやカラー、エフェクトなど様々に変更することができるので、自由に選んで使用して構いません。
ただ、メッセージも音楽と同様に、ムービーの雰囲気に合わせて作成するのが原則です。
映像と音楽、そしてメッセージに全て統一感を持たせることで、まるでプロが作成したような完成度の高いムービーにすることができるでしょう。
ちなみに、いかに仲の良い仲間が作成したとしても、結婚式で披露する以上はメッセージの言葉も丁寧な敬語を用いるのがマナーです。


リアルな余興(ダンスなど)をやるときは入場を盛り上げましょう


ウェディングプランナーまとめ


このように、結婚式の余興ムービーは無料ソフトを使用して手順を踏んで実践すれば、誰でも簡単に完成させることができます。
プロに作成を依頼するより費用も節約できますし、何よりゲストや新郎新婦へ手作りの温かい気持を届けることができます。
最近は便利な作成ツールが数多く登場しているので、使いやすいものを探して利用してみましょう。
著者:ウェディングプランナーII

余興ムービー

2018-10-12 22:33:33

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング