プロフィールムービーを制作会社に頼もう!依頼の流れは?

プロフィールムービーを業者に依頼するとなった際には、業者に任せきりになるのではなく依頼者たちの意見も必要となるので、下準備から納品までの一連の流れを理解しておく必要があります。

プロフィールムービーは結婚式には欠かせない演出の1つです。
そのためしっかりとこだわって作りたいという気持ちから、業者に依頼するという新郎新婦もたくさんいるでしょう。
しかしそのその際にはどのような流れで製作されるのかを知っておく必要があります。
業者と一緒に二人三脚でプロフィールムービーを作り上げていくことで、素敵な作品ができあがるのです。
では具体的にどんな流れで作っていくことになるのかを、ポイントに分けて解説していきます。
依頼者は何をしなければならないのか、その上でどんなことに注意しなければならないのかを理解しておきましょう。

目次

  1. サンプル動画からイメージを膨らませよう
  2. プロフィールムービーに使用する素材を準備
  3. 指定の期日にお支払い。費用相場は?
  4. 費用がかかっても納得がいくまで修正を
  5. 納品後には必ず会場で試写すべし
  6. ウェディングプランナーまとめ

サンプル動画からイメージを膨らませよう

業者には必ずサンプロ動画があります。
業者のHPに載っていたり、動画サイトに載っていたりと形は様々ですが、どのような演出ができるのか、また今までにどんなパターンの映像を作ってきたのかという参考になる大切なサンプルです。
プロフィールムービーを業者に依頼すると言っても、業者によってできることとできないことがありますし、その出来も違います。
費用がかかるので値段で決めてしまう新郎新婦も多いのですが、納得のいくプロフィールムービーを作るためにも、業者選びの段階からこだわっていく必要があります。
まずは業者が用意しているサンプル動画を見てみます。
そこで「やってみたい」と思ったものがあれば、自分たちのプロフィールムービーに取り入れられますし、どんな構成にしようかと悩んでいる人であれば、大まかにでもイメージが膨らんでくるでしょう。
サンプル動画はいろんなパターンで用意している業者もあるので、できるだけ見られるものは全部見ておくのがおすすめです。
自分たちのイメージにしっくりくるようなサンプル動画が見つかれば、そこからプロフィールムービーの製作はスタートすると言っても過言ではありません。



プロフィールムービーに使用する素材を準備

プロフィールムービーをどこに依頼するのかが決まり、大まかにでもイメージができたら、次は映像を作るための素材集めをします。
写真や動画などを素材にする人もいますし、中には写真を全然撮らないという人もいるので、そういった場合にはパラパラ漫画などの手描きで演出をすることもあります。
依頼者が用意できるものは自分たちで用意し、演出や不足している素材などに関しては、サンプル動画から参考にさせてもらったり、直接業者に聞いてみるなどして対処していきます。
どんなプロフィールムービーの製作であっても、最低限で必ず必要となるのは新郎新婦2人の顔が分かる写真です。
写真をメイン素材として製作していくのであれば、普段からできるだけ写真をたくさん撮っておくようにすると良いでしょう。
構成の内容によっては、新郎新婦だけではなく、お互いの両親や友人などの素材も必要とされる場合があるので、もしも周りの人に協力をもらう際には、必ず了解をもらっておくことが大切です。
そしてサンプル動画を見せ「こんな動画を作ろうと思っている」と目的を伝えた上で協力を仰ぐと、快く承諾してくれることが期待できるでしょう。



指定の期日にお支払い。
費用相場は?


業者に依頼する以上、いくらかかるのかという費用相場が一番気になっているという人も多いでしょう。
結婚式は何かとお金がかかりますし、少しでも安く済ませたいと思っている人からすれば、プロフィールムービーの費用相場を知ることは重要です。
実際はいくらくらいかかるのかということですが、これは業者によって様々です。
使っている動画編集ソフトの質や、取り扱える素材などによっても変わりますし、どんなプロフィールムービーにするかによっても大きく違います。
例えば新郎新婦から借りた写真を使ってプロフィールムービーを作るとなった場合、素材はある程度あるのであとは編集作業となります。
シンプルなものでいけば5万円程度の費用相場で製作が可能でしょう。
しかし業者オリジナルの素材を使用したり、編集にこだわる場合には、もっと価格が上がります。
クオリティを求めれば求めるほど値段も膨れてくるので、費用相場が10万円をこえることもあるでしょう。
また写真が一切ないという人は、素材が提供できないことからパラパラ漫画でのムービーを希望する場合があります。
その時には漫画家が絵を手掛けますし、1件の案件を受けたらその漫画家は他の案件を受けないことが多いので、手間がかかることから費用相場は15万円前後となります。



費用がかかっても納得がいくまで修正を


できるだけコストを抑えて、クオリティの高いプロフィールムービーを作りたいというのが新郎新婦の本心でしょう。
だからと言って費用を抑えることばかりを考えていると、せっかく依頼したプロフィールムービーも中途半端なものになってしまいます。
プロフィールムービーは披露宴の序盤に放映される特別なものです。
新郎新婦の生い立ちを映像化するだけではなく、ゲストに向けたメッセージなども入れれば感動を呼ぶような素敵な作品となるでしょう。
そんな特別なムービーを業者に依頼すると決めた以上は、しっかりとこだわったものを作り上げるようにすることが大切です。
途中で「修正にお金がかかるから」と言ったり、「付け加えてほしいことがあるけれどお金がかかるから」と言ってやめたりしていれば、いつまでも納得のいく作品は出来上がりません。
プロフィールムービーを依頼すると決めた段階でも、一連の流れを業者から説明してもらった上でも、お金がかかるのは承知のことでしょう。
それを中途半端に仕上げてしまうと、結婚式を台無しにしてしまうだけではなく、お金も無駄になってしまいます。
納得のいくものを作るためには、何度も修正をしなければならないことがあるでしょう。
それでも最終的に納得できるようになるまでは、しっかり話し合って修正をしていくことも必要なのです。



納品後には必ず会場で試写すべし


出来上がった作品を手にすると、嬉しくなってしまう人もいるでしょう。
そして自宅で再生して確認をしてみたり、綺麗な状態で置いておきたいからと言って、結婚式当日まで開けないようにするというような人も稀にいます。
しかしこれでは万が一の際に対応ができません。
一連の流れを経て無事に依頼したプロフィールムービーが到着したら、必ず会場で試写します。
実は自宅のテレビで試写するのと、会場で実際に試写するのとでは印象も見え方も全然違います。
結婚式場ではゲスト全員に見えるように、大きなスクリーンで映像を見るようにしているところが多いので、きちんと再生できるかどうかだけではなく、ゲストにとって見やすいかどうか、音がちゃんと会場内に響くかどうかなども新郎新婦がチェックしなければなりません。
また当日の進行や演出にも影響するので、担当のプランナーや音響スタッフなども確認しておく必要があるでしょう。
実際に会場で見てみることで、修正箇所に気付くこともありますし、「もっとこうした方がいい」というようなことにも気づく可能性があります。
結婚式直前で修正をしたいと思っても間に合わない可能性があるので、できるだけ納品後は早めに会場で試写してみましょう。



ウェディングプランナーまとめ


プロフィールムービーを作る際には、最初にイメージを膨らませて構成をねり、素材を使って実際に映像を作り、それを何度も確認・修正を繰り返して完成という流れとなります。
業者に任せればクオリティが高いムービーができると人気ですが、その分最終的な納品までには時間もかかります。
結婚式ギリギリで間に合うように依頼をするのではなく、できるだけ早めに依頼をしておくことが大切です。
そうすればゆっくりとムービーのことを考えられますし、いざ修正をするとなった際にも、当日に間に合うかどうかの心配をしなくても済みます。
業者に丸投げをするのではなく、新郎新婦が力となって一緒に作っていくからこそ、素敵な作品となるのです。
著者:ウェディングプランナーIR

プロフィールムービー

2018-10-11 11:12:32

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング