プロフィールムービー制作依頼前に決めておきたいチェック項目

プロフィールムービーの制作を業者に依頼する場合、その前に決めておくべきことがいくつかあります。
会場との調整や中身をどのようなものにするかなど、決めるべきことが多いです。

プロフィールムービーは業者に依頼するのが確実ですが、その一方で事前に決めておくべきことが実に多く、その確認が必要です。
どこでプロフィールムービーを流すのかという問題もありますが、場所によってはプロフィールムービーの中身とはそぐわないところもあるかもしれないからです。
実際にプロフィールムービーを業者に依頼する際には、方向性をしっかりと決めておくこともそうですが、質の高いものを作ってもらうために、準備を入念にしておくことも大事です。
そうした段取りを1つ1つ重ねていくことでよりよいものが作れるようになります。

目次

  1. プロフィールムービーの質は準備で決まる
  2. ゲストの人数や構成に合わせた方向性を
  3. プロフィールムービー制作依頼で用意する物
  4. 業者に制作してもらう際にかかる費用は?
  5. 会場側とのリハーサルは必須
  6. ウェディングプランナーまとめ

プロフィールムービーの質は準備で決まる

プロフィールムービーは妥協がなく、作りこめば作りこむほど質は上がっていきます。
こんなもんでいいやと思っているとそのスタンスは確実に相手に伝わってしまうため、そういうことがないように準備を徹底させることが大事です。
だからこそ、自分たちで作るのではなく、業者に依頼するのが大事ですが、写真の事前準備をどうするかやプロフィールムービーのために新しく撮るべきかなどを決めておくことも必要です。

一方、新郎と新婦でこれまでに撮影してきた写真の枚数が全く異なるケースもあります。
その場合には違和感がないように織り交ぜていくことも必要であり、調整が求められますが、この場合も事前の準備でなんとかなります。
演出の中で、あまり記録を残してこなかったけどプロフィールムービーを作るときになって撮っておけばよかったと後悔してるなどと笑いに変えられればそれでいいです。

プロフィールムービーはいかに準備がしっかりできるかで決まり、業者に依頼をする際も追加でお願いをしたり
修正を何度も重ねるようなことをしたりしないよう、あらかじめイメージは固めておくことが求められます。
これができていれば質のいいものを制作してもらえます。



ゲストの人数や構成に合わせた方向性を

どれだけの人に結婚式に来てもらうのか、場所はどこなのかによってもプロフィールムービーの方向性は大きく異なります。
身内だけなら多少内輪ネタのようなものを織り交ぜても問題ないですが、新郎と新婦、それぞれの会社の人が参加する場合にはその人たちを置いていくような構成はできません。
プライベートの一面を見せながらも、誠実さが伝わるようなものにする必要があり、これはゲストの人数や誰を呼ぶのか、どこで開催をするのかによって調整することが必要です。

大勢の人が来るような結婚式になると、内輪ネタをやって置いていくようなことを避けようとしても避けきれないものです。
ならば、いくつかのカテゴリーを設けてこのシーンはこの人たち向けの内容、別のシーンは親族向けの内容というようにしていくことで、偏らないようにバランスよくしていくことができます。
内輪ネタだったとしても、こういう一面があったのかと披露宴に参列している人は思ってくれるはずです。

いずれにしても、参列者に対する配慮がプロフィールムービーでは求められており、業者はそのあたりをしっかり把握しています。
プロフィールムービーの依頼を出す際はそのあたりも確認し合うことをおすすめします。



プロフィールムービー制作依頼で用意する物


プロフィールムービーを実際に制作してもらう際に用意すべきものがいくつかあります。
まずは写真です。提出の仕方はデータなどもある一方、写真そのものを提出することもできます。
この場合は業者がスキャナーを使って取り込んでくれるので心配はいりません。事前に修正機能を使ってきれいにしておくこともおすすめです。
業者によっては制作キットが送られてきて、必要なデータ、音楽はこれを使ってほしいとか、コメントはこれを使ってほしいなどの要望を入れられます。

必ず必要なものは新郎と新婦の自己紹介用のものとそれぞれの生い立ちがわかるものです。
ツーショットなどは依頼の直前にでも用意すればいいですが、実家が遠い場合には両親に送ってもらうことになります。
その際にたくさん送られてくることがありますが、これを機会にデジタル化をするというのもおすすめです。

オリジナル音楽などがあればいいですが、基本的には既存のBGMなどを使い、業者が対応をします。
プロフィールムービーに入れられない場合は現地でそのBGMをかけるという方法もあるので、そのあたりの段取りも話し合いの中で調整を行っていき、細部を詰めます。



業者に制作してもらう際にかかる費用は?


プロフィールムービーの費用面についてですが、業者にはいくつかプランがあり、そのプランの中から決めていくことができます。
オプションとして写真の追加やBGMの追加があり、それによって値段が上がる格好になります。
それでも数千円程度の値上げにしかならず、だいたい数万円程度を出せばしっかりとしたプロフィールムービーに仕立ててもらえます。
ただ、著作権の申請を代行してもらう場合は別途お金がかかることがあり、それによって費用がかさむことはあります。

一方、時間をかけてプロフィールムービーを作ってもらう分には大丈夫であるものの、急にプロフィールムービーを作らなければならない場合には費用が余計にかかってしまいます。
お急ぎ便のようなものがこうしたプロフィールムービーにも存在しており、素材が届いてから数日でプロフィールムービーを作ってくれます。
ところが、それなりに追加料金がかかり、1万円以上を余計に支払う場合もあります。

つまり、たくさんのアイテム、少ない日数など様々な条件が重なれば、その費用は倍以上になってしまうことがあるという点です。
だからこそ、準備が重要であり、できるだけ早い段階で依頼を出すことが求められます。



会場側とのリハーサルは必須


一番忘れがちなのは会場側とのリハーサルです。
業者は言われた通りにプロフィールムービーを制作するので会場がどのような状況なのか、業者が知るはずがありません。
依頼を出す側が会場側とリハーサルを徹底しないと、業者に作ってもらったプロフィールムービーが台無しになる恐れがあり、最悪の場合は流せなくなってしまいます。
当日披露宴会場で無事に流すためにもどのような形で流すのかを事前に調整しないといけません。

プロフィールムービーを無音にして、流したいBGMを別に流すこともできるので、その打ち合わせをすることもできます。
ただし、それを誰が流すのか、友達にお願いするのか会場側でやってもらうのかなども調整が必要です。
ゲストの人に無理を言ってお願いするのは恥ずかしいという場合には会場側でやってもらうことになりますが、その場合にはお金がかかることもあります。

プロジェクターで流すにしても、パソコンと接続するのか、DVDプレーヤーから流すのか、それによって全く異なります。
このあたりの打ち合わせは入念にしておかないと、披露宴が始まってからトラブルが続き、ゲストの人たちを不安にさせてしまいます。



ウェディングプランナーまとめ


費用がある程度かかるといっても、事前の準備をしておけば特に問題はありません。
ゲストの層やゲストの人数なども事前にわかっていることなので、それに合わせての調整もしやすいため、そこも安心です。
問題は手直しをしてもらいたい時に費用が発生するかどうかですが、業者によってそこはバラバラなので確認が必要です。

プロにプロフィールムービーを作ってもらうだけでなく、エンドムービーなど別の映像の制作依頼もできます。
だからこそ、方向性というものを業者としっかりと話し合いを行う他、新郎と新婦でも打ち合わせを行うことが求められます。

プロフィールムービー

2018-10-01 12:36:16

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング