映画風オープニングムービーまとめ

新郎新婦が入場する前に上映する、「オープニングムービー」。
ゲストの期待度を上げることや、会場の雰囲気を統一して演出を進めることが可能で、結婚式をより盛り上げるためにも重要な演出であるといえます。
そんなオープニングムービーにはさまざまなテイストがあり、中でも人気のテイストが「映画さながらに感じる、迫力満点のデザイン」です。
自分たちが主人公である映画がスタートするかのように、会場をコーディネートすることが可能なので、通常では味わえないような雰囲気を味わえることも特徴のひとつですね。

披露宴のテーマを「映画風」とされたい方必見!AMOの映画風オープニングムービーをまとめてご紹介します!

カミングスーンシリーズ
「映画風」として一度はご覧いただきたいデザインが「カミングスーンシリーズ」です。
ゲストを紹介するパートを用意していたり、ハリウッド映画を思わせるアニメーションをプラスしていたり…と、本当に見ごたえも十分!
どんな披露宴がスタートするのかとゲストの期待度を上げてくれる、AMO自慢のデザインばかりです。
もちろんお好みでのアレンジも可能ですが、ベースとなるデザインとして7作品をご用意していることもおすすめできるポイントのひとつ。
お二人のお好みはもちろん、季節に応じてデザインをセレクトいただけるため、季節感の演出にもつながりますね。
また、英語のナレーションがかなうため、まさしく映画を見ているかのようにも感じさせてくれるでしょう。まさに一石二鳥の演出がかなうデザインだといえます!
自分が主役の結婚式です。映画スターになったかのようなデザインで会場を演出しちゃいましょう!

開演前のお願いシリーズ
映画館で映画を見るときに本編の上映前に上映される「映画を見るときのお願い」。
この映画を見るときのお願いをもとにアレンジしているオープニングムービーデザインが「開演前のお願い」シリーズです。
本来のお願いとお願いしたい内容が異なり、「お酒はたくさん飲んでください」「困った事はスタッフに聞いてください」「写真はメモリいっぱい撮影して!」など
お二人からゲストに向けてお願いしたい内容を詰め込んで制作しています。
披露宴開宴前にこのムービーをみたら、ゲストもお二人からのお願いを確認しやすいでしょう。さらにユーモアたっぷりのアレンジには、きっと笑いがおこること間違いなしです!
ベースとなる4作品をもとに、お好みでアレンジいただくことももちろん可能で、自分たちらしい「お願い」を盛り込み上映されてくださいね。

はじまりの糸
プロフィールムービーやエンディングムービーにも同じデザインがあり、ムービー系演出のトータルコーディネートがかなうことでも人気のデザイン「はじまりの糸」。
色あせたような独特のアレンジが映画風のフィルムをおもわせてくれます。レトロで落ち着いたカラーは、どこかなつかしくゲストの目線をさらっていってくれますよ!
「新郎新婦が赤い糸で結ばれていた」という運命を映画化しているようなデザインで、お二人の思い出を紹介することが可能。
無料のアレンジも多数ご用意しているため、追加料金がなくともお好みをかなえられることもうれしいですね。
プロフィールムービーやエンディングムービーとのリンクで披露宴の質もUPする「はじまりの糸」。
カウントダウン前の扉が開くシーンとリンクして入場することも可能なので、演出の幅も広がるオープニングムービーです。

ナレーションブライズ
今一番注目されているデザインといえる「ナレーションブライズ」。映画の告知CMの用にも見え、ゲストも驚くようなオシャレなデザインが人気の秘訣でしょう。
くすみのあるレトロなカラーをチョイスしていることや写真自体がセピアカラーで制作されていることなどもオシャレさをUPさせているポイントです。
使用している文字とのバランスも絶妙!オシャレに披露宴の開宴をかざるオープニングムービーです。また、わがままアレンジもオシャレなデザインを多数ご用意!
サンプルは長めの設定のため、シーンをカットすれば短くもアレンジ可能なデザインで、オリジナル性を高く演出できる事も魅力ですね。
ペーパーアイテムとのリンクもオシャレに決まる映画を思わせるデザインのオープニングムービー「ナレーションブライズ」。一度はご覧いただきたいデザインです。

開宴直前
「倍返しだ!」のセリフで有名なドラマをパロディーしたデザイン「開宴直前」のムービーもゲストを驚かせられる演出にもなり、おすすめです。
映画化はされていないドラマではありますが、この迫力感は映画に負けないものを感じさせてくれますね。
通常のオープニングムービーのような始まりでスタートします。女性ナレーターの落ち着いたナレーションが添えられ、ゲストの視線は、スクリーンに吸い込まれていきます。
写真とともに思い出を振り返ったり、簡単なプロフィールを紹介したりと、新郎新婦を懲戒したのち、ピックアップしたゲストを紹介し、カウントダウンスタート!
まさかのデザインにゲストもきっと驚かれることでしょう。
話題を誘うようなデザインに仕上がっているため、原作がお好きな方はもちろん、ゲストを驚かせたい方にもおすすめできるシナリオです。

プランナーまとめ
披露宴を映画風に演出されたいという方は、映画好きでない方にも多い演出テーマだといえます。
自分たちが主役の結婚式ですから、映画スターになりきれる映画風デザインには魅力が多く、ぴったりのオープニングムービーだといえるでしょう。
オープニングムービーは、自分たちの好みやテイストを演出できるムービーでもあることに加え、披露宴全体の演出をスタートする重要なムービーでもあります。
さまざまなジャンルのムービーを見比べ、自分たちの作品をセレクトされることがおすすめですね。
また、オリジナルムービーとまでいかずとも、好みのアレンジを加えることで、いっそう「自分たちらしい」作品にしあがることと思います。

ゲストへのお願いやお越しいただいたことや日頃の感謝を盛り込み、ゲストへの感謝も添えられるデザインをAMOではたくさんご用意しております。
ぜひサンプルをたくさんご覧になってくださいね!


著者:ウェディングプランナーHM

オープニングムービー

2018-09-21 13:35:57

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング