顔合わせのしおりとは?顔合わせしおり作成マニュアル

「大好きな彼からプロポーズされた!」

「長年付き合った彼女と結婚を決めた!」

ふたりの中でご結婚の意思が固まった皆さま、本当におめでとうございます。
プロポーズの次のステップには、お互いの両親への報告やご両家での顔合わせなどの行事がたくさん待っています。どの行事も一生に一回の大切なものばかりです。良い思い出となり、失敗なく進むよう、しっかり準備していきましょう。


今回は、「両家の顔合わせ」にポイントをあて、顔合わせがよりスムーズに進むためのツールをご紹介していきます。


両家の顔合わせとは?

両家での顔合わせとは、その名のとおり、新郎の親御さん、新婦の親御さん、新郎新婦を交えての顔合わせ会のことです。中には、両家のご兄弟も交えてにぎやかに開催されることもあるでしょう。
お互いの両親とは出会っていても、親同士が出会うことはこの機会が初めてということも多いです。粗相のないよう、しっかり準備することも大切ですが、ご両家のお付き合いの第一歩の日が楽しいものとしてスタートすることも重要ですね。
多くの場合は、レストランや料亭の個室を貸し切って開催することが多いです。事前の打ち合わせなどにも柔軟に対応してもらえることも多いため、食事内容などのリクエストがあれば、相談されることも良いでしょう。その際は、お互いのご両親が好まれる内容をチョイスすることもおすすめです。


顔合わせに必須のアイテム!?顔合わせのしおり

ご両家の顔合わせの日、緊張しているのは新郎新婦の二人だけではありません。大切な息子・娘が選んだ彼・彼女のご両親と出会うのですから、ご両親だって緊張されていて当然です。年齢やお仕事の内容など、事前に聞いていたとしても、当日出会って会話が弾まなかったらどうしよう…と不安に思っていらっしゃる可能性だって十分にあります。


そんなときに、活躍するアイテムが「顔合わせのしおり」です。

顔合わせのしおりとは、一言でいうと、「両家顔合わせの時にお互いの事が良く分かるように作成する紙でできたしおり」のことです。結婚式の席次表をイメージするとわかりやすいでしょう。
しかし、結婚式の席次表とは違い、これから結婚式までの準備などがわかるような内容を盛り込んだり、新郎新婦だけでなくご両親のプロフィールなども加え、会話が弾み、お互いのことをより理解してもらえるよう工夫し作成します。
特に、今後のスケジュールを伝えるツールにもなることは、両親の安心にもつながり、トラブル回避に結びつくことも多いため、おすすめできるアイテムといえます。


幼少期の写真や思い出の写真などを掲載すれば、一気に華やかになり、記念の品としても十分役割を果たせます。雰囲気つくりやご両親の安心につながるアイテムですので、ご用意されることがおすすめです。


顔合わせしおりにはどんなことを書けばいいの?

顔合わせのしおりに「必ず記載すること」という決まりはありません。しかし、多くの先輩新郎新婦さまは、

  • 二人からのあいさつ
  • 二人のプロフィール
  • 両親の簡単なプロフィール
  • 本日のながれ
  • 食事のメニュー
  • 結婚式の式場紹介
  • 結婚式までの準備事項
  • 実家の住所や固定電話などの電話番号など、お互いの連絡先
  • 兄弟構成

  • などを掲載していることが多いです。
    どれもこれも、しおりがあるからこそ伝えられる項目でもあり、冊子で紹介することで改めて話す必要も減り、「恥ずかしくて言えなかった!」なんて失敗もぐんと減ります。
    その場は緊張していて、「質問したのに、忘れてしまった」など、再度聞きにくいことをわかやすく伝えられることも、この顔合わせのしおりが持っているメリットといえるでしょう。


    他にも、

  • 今後の家族像
  • 結婚式に向けての意気込み
  • などをメッセージとして残すことで、二人の意思が伝わり、ご両親の安心にもつながります。
    ご両親に喜ばれるページにもなるため、具体的な内容を掲載することもおすすめです。


    また、日付や両家名、会場名などを表紙にデザインすることで、思い出のアイテムに早変わりします!顔合わせで両家がそろっている写真とともに記念のアイテムとして大切にしていただける冊子となるでしょう。


    顔合わせしおりのプランナーまとめ

    両家としてつながりがスタートする日となる、「両家顔合わせの日」。新郎新婦は緊張されることが多いですが、もちろんご両親だって緊張しているに違いありません。
    また、「良い一日にしたい」と願っているのは、参加している全員です。会話が弾み、お互いのことをより知るためにも、「顔合わせのしおり」はとても大きな役割を担うツールとなります。


    また、今後のスケジュールも口頭で伝えていかれるかと思いますが、文字にすることでより伝わりやすくなり「聞いてない!」などのトラブルを防ぐことにもつながります。冊子自体を持ち帰ってもらえるため、認識不足を招くこともなく、ご両親も結婚式までの準備を安心して進めていただけるでしょう!


    顔合わせのしおりには、きまった形式があるわけではないため、自分たちオリジナルの冊子を作れることも手作りアイテムの良さです。ご両家のスタートのためとしてだけではなく、結婚式のアイテムつくりの第一歩として、ご用意されることをおすすめします。

    顔合わせしおり

    2018-05-11 18:12:34

    関連キーワード

    関連記事

    おすすめキーワード

    記事ランキング