もはや結婚式の定番!余興ムービーにスケッチブックリレーが選ばれている理由とはAMOウェディング

結婚式のゲストとして招待されたとき、何か新郎新婦が感動するようなお祝いができないものかと考える人も多いと思います。近年、結婚式の数ある余興の中でスケッチブックリレーが大人気となっているのをご存知でしょうか。スケッチブックリレーとは、新郎新婦の友人や関係者にメッセージをスケッチブックに書いてもらい、それをリレー形式で渡していくという映像を音楽に合わせて流す結婚式余興ムービーです。事前にムービーを撮っておくので結婚式当日の参加者はもちろん、遠方など諸事情で来られないかたも含め大勢の人に手軽に参加してもらえるのが特徴です。出来上がったスケッチブックは当日新郎新婦へのプレゼントになりますから、いつまでも温かい祝福の思い出を残すことができるサプライズ感のある余興として人気なのです。

もはや定番ともなっているこのスケッチブックリレーが結婚式余興ムービーとして選ばれている理由を、さらに詳しく説明したいと思います。


離れていても準備ができる


スケッチブックリレーは参加してもらいたい新郎新婦の友人・知人が離れた場所にいてもできるのが大きな特徴です。大勢が参加する余興は、例えばダンスや歌なら複数回の練習が必要で、みんなの予定を合わせるのも大変だと思います。そこでスケッチブックリレーなら事前に直接会うことができなくても、スケッチブックを郵送したり別の紙に書いてもらって撮影してから郵送してもらったりという方法で作ることができます。メッセージを書いてもらい、あとは画面左から受け取って一言しゃべり、右に渡すという動画を撮ってそれぞれ送ってもらえばいいのです。1冊のスケッチブックで回せれば簡単で理想的ですが、人数が多い場合や遠方の参加者が多い場合はだいたいの紙の大きさを指定してメッセージを書いてもらい、書いてもらったメッセージの紙を1冊のスケッチブックに貼り合わせたりファイルして1冊の本に仕上げます。

新郎新婦へ何かお祝いをしたいけれど忙しかったり遠くにいたりして諦めていた人も、このように代表者と連絡を取り合うことさえできれば、心温まる余興に参加できるのです。


時間がかからない


スケッチブックリレーは準備期間が少なくて済むのも特徴です。スケッチブックにメッセージを記入さえすれば、あとは数秒のムービーを撮るだけです。代表者の編集作業は必要になりますが、今はソフトやアプリも豊富にあり得意な人ならそんなに時間がかからないでしょう。得意ではなかったり忙しかったりする場合はプロに頼むのも1つの手です。

集まる時間がなくてもそれぞれ個人で動画を撮影すればいいので、忙しい人も参加しやすいのが人気の理由の1つです。スケッチブックへの記入も凝りたい人はじっくりと書き、書くことが苦手な人はメッセージにしたい文字を大きく書くだけでいいのですから簡単です。動画撮影も時間がなければ部屋の中で大丈夫ですし、こだわりたい人は素敵な風景の場所や新郎新婦との思い出の場所を使うなど、その人の好みや忙しさによって選ぶことができるのです。参加者それぞれが自分で撮影してそのデータを送る方法なら、わざわざ合う日を決めなくていいのでかなり時間が短縮できます。スケッチブックリレーは結婚式までの日数があまり長くない時にも対応できる余興なのです。


お金がかからない


例えば結婚式の余興としてダンスを披露する場合、おそろいの衣装や練習スタジオ代がかかります。練習回数や衣装へのこだわりによっては一人当たりの支出額も上がるでしょう。当日のお祝いもありますから、祝いたい気持ちは大いにあれど少しきついと思う人もいるかもしれません。

そこで、スケッチブックリレーに必要なものはスケッチブックと筆記用具、撮影機器だけです。編集者はパソコンがあると便利ですが、撮影機器はスマホで十分です。つまり費用は実質スケッチブック代のみでいいのです。ムービーをDVDに焼く場合はそのDVD代がプラスされますし、プロの手を借りるならその分はかかりますが、自分たちで作るならかなり低予算でできる余興と言えるでしょう。低予算で済むからこそ大勢の人に声もかけやすいし、声がかかった人も気軽に参加しやすいのです。大勢で一つの余興に参加することで、新郎新婦は驚きと喜びでいっぱいになるに違いありません。そんなことが少ない費用て済む、それを実現できるのがスケッチブックリレーで結婚式の余興として多くの人達に選ばれるのです。


愛情が感じられる


スケッチブックリレーは基本的に参加人数の多い余興ですから、新郎新婦は自分たちの結婚がたくさんの人に心から祝福され、そして愛されていることを実感できます。可能なら新郎新婦のご両親など親族のメッセージも入れば感動の涙は避けられないでしょう。

結婚式当日は新郎新婦は忙しくなかなかすべての招待客と会話ができない場合があります。そこでスケッチブックリレーのムービーを利用すれば1人ずつお祝いの言葉を伝えることができるのです。さらに事情により出席できなかった人からもお祝いの言葉をいただくことができ、会場にいる全員で心温まる時間を過ごすことができます。たくさんの新郎新婦に縁のある人のお祝いの気持ちと少しの手間を合わせることで、かかった費用と時間以上の効果が得られる余興なのです。

出来上がったスケッチブックとムービーは手作りの温かみを感じ、何度も見返したくなるものとなるに違いありません。お祝いする側の気持ちが伝えやすく、受け取った側も愛情をダイレクトに感じられるのがスケッチブックリレーの人気の理由となっています。


スマホで撮影もできる


撮影機器は基本的になんでもOK。しかしわざわざ高性能のビデオカメラを用意する必要はありません。最近のスマホは動画撮影に関する性能がかなり向上しているので、スマホで十分です。それぞれの参加者が決められた秒数で、スケッチブックを受け取ってメッセージを伝え次の人に渡すという演出をスマホで撮るだけで高画質のムービーができてしまうのです。それぞれの好きな場所で撮影し、背景が変わっていくのも楽しい演出になります。注意することがあるならば、スマホを必ず横にして撮影すること、手ぶれ対策はするというところでしょうか。個人個人で撮影する場合でも短い動画ですから、撮ったらそのままメールなどで簡単に代表者に送ることができるのもスマホで撮影するメリットと言えます。

忙しい人にも手軽に参加できる余興が望まれますからこれらはかなり大きなポイントになります。スマホの大きな利点である撮影と保存と転送が簡単にできることと、カメラ機能の性能が上がってきている今だからこそ、スケッチブックリレーを結婚式余興ムービーに選ぶ人が増えているのでしょう。


ゲストも登場し盛り上がる


スケッチブックリレーはノート1人1ページとそれを紹介する数秒を丸ごと担当しますので、その人の個性がとても出ます。祝福の言葉も一人一人違い、こだわりの背景や演技力を見せてくれる人もいるかもしれません。きっと新郎新婦だけでなく、結婚式に参加のゲストにも笑いあり涙ありの思い出に残る余興となることでしょう。ゲスト本人も登場しますし、ほとんどのゲストは新郎新婦同様完成品を見るのは初めてなので大いに盛り上がるに違いありません。見終わった後にも、スケッチブックのプレゼント演出をしたり、ゲストに感想をインタビューをして回ったりとその後の流れによってさらに楽しめるのもこの余興が選ばれる理由となっています。

結婚式の余興は普通、代表の数名・数グループが行うことが多いので、出席者ほぼ全員で参加できる余興というのはそうありません。それを叶えることができるのがスケッチブックリレーなので、人気があるのもうなずけます。出演者の本人たちも完成したものを一緒に楽しみ、また当日出席できない人も参加できる唯一の余興がスケッチブックリレーなのです。


スケッチブックが手元に残る


結婚式余興ムービーのスケッチブックリレーを見て大いに盛り上がった後は、出来上がったスケッチブックを新郎新婦へのサプライズプレゼントとして渡すことで、更に会場を盛り上げることができます。ムービーもDVDなどに保存して一緒にプレゼントすることが多いようです。スケッチブックならラッピングも簡単にリボンをするだけでお洒落に仕上がります。

当日主役のお二人は緊張していたり感動の涙を流していたりで、もしかしたらムービーを完全には見ることができなかったかもしれません。後日リラックスした気持ちでプレゼントされた手作りのスケッチブックを1ページ1ページ見返したりDVDを見ることで、きっと結婚式の素敵な思い出がよみがえるでしょう。1冊のスケッチブックですから、場所も取らずいつまでも保存できるところも嬉しいポイントです。

たくさんの人にお祝いのメッセージをいただいたという幸せな一日の思い出を記憶の中だけでなくスケッチブックの形としても残せる、これは多くのゲストが余興にスケッチブックリレーを選択する最大の理由となっています。


ウェディングプランナーまとめ


結婚式余興ムービーとしてスケッチブックリレーが選ばれる理由を7つの項目から説明してきました。スケッチブックリレーはスマートフォンを使用することにより特別な機材がいらず、それにより準備や費用の負担が少なくてすみます。個人で撮影すれば時間の拘束もないので忙しい人でも参加可能で、そのため簡単にたくさんのメッセージを集めることができます。スケッチブックに書いたメッセージをムービー上で伝えリレーすることにより、それぞれのお祝いしたい気持ちが1つになって伝えやすく贈られた側にも愛情がダイレクトに感じられます。結婚式当日も余興の1つとして新郎新婦とゲストが一緒になって楽しむことができ、さらに形として手元にも残ることから、特に結婚式にぴったりの余興なのです。そのコンセプトがお祝いする側の賛同を得やすいことから年々人気が出て、もはや近年では結婚式の定番となってきています。これから結婚式に参加する予定があり、新郎新婦がびっくりするような素敵なお祝いはないかと考えている方はスケッチブックリレーを視野に入れてみてはいかがでしょうか。


スケッチブックリレー

2018-01-12 18:36:49

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング