職場の人への失礼にならない結婚報告メールマナーAMOウェディング

結婚をしたときには、職場の人に報告をしておいたほうが仕事をスムーズに行うことが出来たりもします。仕事に関わる人へは、失礼にならないようにしっかりと結婚報告をしましょう。会って報告することがベストですが、なかなか会うことが出来なかったり、忙しい相手には電話やメールでの報告でも可能です。

メールを送る時には、相手に失礼にならないように、十分に配慮をしましょう。しっかりとマナーを守った文章にすることが大切です。


無料でプレゼント

結婚報告ムービー

そもそもメールで結婚報告はあり?


結婚報告は、一般的には直接会って話をしたり、封筒に入れた手紙での連絡が良いとされています。しかし、最近では、メール社会にもなりつつあり、大切な仕事の連絡もメールを使用しています。そのため、結婚報告をメールで済ませる人も増えてきました。しかし、年配の人であったり、目上の人に対しては、文章を考えたり、他の方法にするほうが良い場合もあります。

相手の性格や、普段の関係性も考えて行ったほうが良いでしょう。

また、携帯電話への連絡は、すぐにチェックしてもらうことが出来たり、情報を伝達するためのツールとしては非常に便利ですが、結婚報告などの重要な内容を送るにはカジュアル過ぎるツールになります。友人などには良いかもしれませんが、取引先などの仕事関係の相手には、パソコンなどの重要度の高いものへ送りましょう。文章も、不備がないようにきちんと考えて作ることが大切です。自分の名前をしっかりと名乗り、結婚して苗字が変わる場合には新姓を伝えることも大切です。連絡は早めに行いましょう。


結婚報告メールのポイント1|宛先リストを事前に作成


結婚報告のメールを送る時には、まずは宛先リストを事前に作成することです。宛先リストを事前に作成することで、送る相手をしっかりと見極めることが出来ます。取引先でも送信した人としていない人がいては、トラブルの原因にもなります。

送り間違いがあった場合も、後々のフォローが必要となるので、十分注意してリスト作成を行いましょう。重要な取引先だけでなく、ビジネスにおいて関わりがあった人、お世話になった人など、しっかりとリストアップしておきましょう。またその時に、挙式に参加する人としない人でリストを分けておくと、後々の作業もスムーズに進みます。

連絡をするタイミグや、連絡をする人など、結婚報告では決めなくてはならないことがたくさんあります。連絡をしなかったことによって、後々の関係がぎくしゃくしてしまったりトラブルになってしまっては大変です。慎重にリスト作成を行うことで、連絡をしそびれてしまったり、間違えてしまうなどのトラブルを回避することも出来るので、しっかりとチェックしましょう。


結婚報告メールのポイント2|一斉送信は絶対ダメ?


結婚報告の連絡をするときには、面倒ですが出来る限り一人ずつに送信したほうが良いでしょう。同じ内容のものを送るのだから、一斉送信を利用したくなりますが、一斉送信をすると相手にも送った人のアドレスがすべて表示されてしまうので、一斉に送られてきたものだというのが分かってしまいます。カジュアルな内容のものであれば、一斉に連絡をすることも抵抗がありませんが、結婚報告という重要な内容のものを、一斉に送ってしまうと、一気にカジュアル感が強くなってしまいます。

また、中には、知らない人のアドレスが記載されていることや、自分のアドレスを知らない人に知られてしまったことを不快に感じる人もいます。このようなことから、トラブルを招いてしまってはとても残念な気持ちになってしまいます。送る相手が多くなるほど、大変な作業にはなりますが、出来るだけ個別に送っておいたほうが良いでしょう。取引先の同じ社内の数人などの場合であれば、一斉に送っても良いでしょう。その際には、関係のある全員に届くように配慮しましょう。


結婚報告メールのポイント3|結婚式に招待するかしないかで内容が変わる


結婚報告の連絡をするときに、十分注意したポイントが、結婚式に招待するかしないかという点です。結婚式への招待の有無によって、メールの内容が変わってきます。招待したい人の場合には、改めて連絡をすることをきちんと伝えておきましょう。また、挙式の日程が決まっている場合には、しっかりと記載しておきましょう。

スケジュールを調節してもらうためには、少しでも早く日程の連絡をしてあげたほうが親切です。場所や時間なども、決まっていればしっかりと伝えておきましょう。挙式に出席してもらいたい場合には、結婚報告の連絡をした後に、電話で再度連絡を入れておくと、より丁寧な報告となるので良いでしょう。招待状を送る場合には、その際に送り先の住所の確認などもしておくと、よりスムーズに作業が進むでしょう。

結婚式に招待しない人の場合には、近親者だけで執り行うことを記載しておきましょう。みんなからお祝いしてもらえる様に、きちんとルールを守ったないようにすることが大切です。丁寧な文章を心がけましょう。


結婚報告メールのポイント4|退職・名字変更についても忘れずに


結婚報告をするときに大切なことは、今後の働き方についてです。男性の場合は、結婚によって働き方が変わるということはほとんどありませんが、女性にとっては大きな変化のときとなります。まず、仕事を続けるのか退職するのかという点です。結婚相手によっては遠方への引越しが必須となったり、退職をしなくてはならないこともあります。その場合には、退職予定日や、後任についてもしっかりと伝えておきましょう。

仕事を続けていく場合には、名字の変更などについても伝えておきましょう。特に会社のメールアドレスなどで、名前と名字を組み合わせている場合には、アドレスが変わることもあります。連絡が取れなくなってしまうこともあるので、アドレスの変更などがある場合には、しっかりと伝えておきましょう。新しく名刺が出来た場合には、新しいものと差しかえてもらうことも大切です。きちんと挨拶をしておくことで、今後の仕事もスムーズに進めることが出来るでしょう。

退職や名字変更については、できるだけ早めに伝えておきましょう。


取引先への結婚報告の文例


取引先への結婚報告を行う場合の文例です。まずは、相手の会社名と名前を添えます。「お仕事中、失礼致します。」など、配慮の言葉を添えてから本題に入りましょう。「この度、ご縁があり、平成22年2月22日に結婚致しました」など結婚したことを報告しましょう。

その後、結婚式に招待する場合には、「挙式は、6月6日に東京都内で行う予定です。改めてご連絡をいたしますので、是非ご列席頂きたいと思っています。」など、結婚式の詳細を伝えましょう。結婚式に招待しない場合には「挙式の日程は未定ですが、ごく身内のみで行う予定です。」と伝えておきましょう。

名字が変わった場合には、「結婚に伴い名字が変わりました」と添えて、新しい名字やアドレスが変更された場合には、新しいアドレスの記載を忘れずにしましょう。最後は「家庭と仕事の両立を目指し努力してまいりますので、これからも変わらぬご指導をお願いいたします」と今後も応援してもらえる様に、しっかりとご挨拶をしましょう。退職の場合には、退職予定日も記載しておきましょう。


ウェディングプランナーまとめ


結婚報告のメールは、しっかりとポイントを押させておくことで、決して無礼なものではありません。受け取った相手から、祝福されるように、文章や送るタイミングをしっかりと見極めましょう。

結婚報告は、出来るだけ早めに行ったほうが良いです。他の人から先に聞いてしまうよりも、自分から報告が出来るように、しっかりとタイミングを見計らって伝えていきましょう。分からない点は先輩社員や同僚に相談してみると良いでしょう。


結婚報告 職場

2017-10-30 11:27:21

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング