友達に結婚報告をするベストなタイミングは?AMOウェディング

結婚が決まった場合、周囲の人に報告するタイミングを誤ってしまうと、その結果相手が不快に感じてしまう事も有ります。また方法によっても人間関係のトラブルの発展する場合も有る為、実際にはどのタイミングで伝えるべきかを事前に知っておく方がトラブル回避に繋がります。


友達の場合、結婚報告をするタイミングはその友達との関係によって、さらに式に呼ぶかどうかでも変わります。先ず式に呼ぶ事が既に決まっている友達の場合は、結婚式や二次会の予定が決まってからと言う事になります。

出席となると友達側もご祝儀を用意しておく事になり、さらに遠方に住んでいる場合はその日に式場まで行くだけでなく、時に前泊して現地に行かなければいけない事も有るからです。

相手の予定を立てる都合上、ある程度時間の余裕がある状態で伝えるようにします。

しかし結婚が決まってすぐに結婚報告をしてしまうと、式の日取りも分からず、さらに二次会についても全く分からない状態になります。

したがって、ある程度の事が決まってから報告と言う形を選びます。ただ決まってからであればどんなタイミングでも良いわけではなく、直前の報告は相手へ迷惑を掛ける原因となるからです。


反対に式に呼ばない友達の場合は、式等の準備がある程度進んでからでも問題はありません。相手が式に参列する予定が無い為、時間を作って貰う必要もないからです。また、親友の場合は普通の友達に比べるともう少し早めに結婚報告する事になります。自分と仲が良いからこそ、出来るだけ早く連絡するというのもマナーです。仲が良い分、他の人から自分の結婚の噂を聞いてしまう方が相手にとってショックとなるからです。

だから相手が親友の場合は結婚式の日取り等もまだ決まっていない状態だったとしても、まずは結婚する事が決まったとして連絡します。そしてその場合はまだ全部の事が決まっていないのでしっかりと予定が決まったらまた連絡するという事を伝えておきます。


もう1点友達への連絡で注意すべきなのが、その友達がプライベートの関係なのか、それとも職場での関係かと言う事です。プライベートの場合は自分の親きょうだい、さらに親戚等近しい人の後に報告する事が多くなっていますが、仕事の場合は上司との兼ね合いもある為、時にはマナー違反だとなってしまう事があるからです。友達が仕事の同僚と言う時は職場で簡単に結婚報告ができますが、この場合は上司の後の伝えるというのがマナーです。友達の方が上司よりも伝えやすい面もありますが、あくまでもプライベートでは無くビジネス上の付き合いと言うのを優先する必要がある為、まずは上司に伝えた後に同僚に伝える形を選びます。


友達への結婚報告をする場合は、相手との関係性を良く見てタイミングを見計らいます。目安としては式の3か月から4か月ほど前までに済ませておくようすると、マナー違反となりにくい傾向です。ただ、その前に式の日取りなどが決まっている場合はもう少し早く伝えても問題はありません。


どの人にどのタイミングで伝えるという事は、その人との関係性、さらには今後の付き合いの頻度などで優先順位を付けて行く事になります。親友の場合は今後もずっと付き合っていく事になるので出来るだけ早く、その後普通の友達に結婚報告します。さらに仕事が関係してくる場合は上手を優先する必要があるので、上司の後に友達に報告するようにします。

いつ誰に伝えるのは本人の自由ではないかと思う人も中には居ますが、結婚は大人の付き合いと言うのが関係してくる為、自分の都合だけでなく今後の事、さらに人間関係等も考慮して結婚報告するようにした方が、トラブル回避に繋がりやすくなります。


友人への結婚報告はムービーで

無料の結婚報告ムービー

友達には入籍前と後のどちらに結婚報告するのがいい?


通常、結婚報告は家族の次が職場の上司、さらにその後同僚や友達と言う形になっています。その為、実際には結婚式の大体3か月から4か月位前に報告します。また友達の中でも順序があり、まずは親友、そしてその後普通の友達に伝えるというのが一般的な形となっています。その為、一般的な結婚に関するマナーと言う点から行くと、友達に対するっ結婚報告は入籍前に行うという事になっています。

ただ現在ではその人との関係上で事後報告をするという人も増えているのが現状です。さらに、その友達との関係性によって事前にするのか事後にするのか分けるという人もいます。


先ず、親友の場合は入籍する前に出来るだけ早く伝えるようにします。通常は親、親族、上司と言う順番に伝えますが、上司と同じかそのすぐ後に伝えるようにします。相手との関係上、自分の事をいつもずっと見守ってくれていた相手に対して事後報告をしてしまったり、事前でも報告を後回しにしてしまうと、相手から水臭いと思われてしまう事も有るからです。

なるべく他の人からのうわさで自分の結婚について親友が知らないようにする為にも、友達の中でも親友には出来るだけ早く報告するようにします。


また、親友ではないが結婚式や二次会に出てもらう人、さらに職場の同僚に結婚報告するタイミングは上司に報告した後です。結婚に向けて準備をする事は多く、さらに手続き等もする必要がある為、ある程度の事を勧めて落ち着いてから報告するようにします。

また普通の友達に対しては現在ではSNSを活用して一斉に報告する事も増えていますが、本来は個別に伝えるというのがマナーです。報告する側としては一斉に伝える事が出来るのでとても楽なのですが、その報告を受ける側としてはその他大勢の一人と言う扱いを受けていると感じてしまう事も有るからです。したがって、出来るだけ一人一人に結婚報告はするようにします。特に結婚式に出て貰う人に対しては、式の招待状を送る前に必ず結婚報告をし、後日式の招待状を送るという事を伝えておきます。


挙式の予定が無い場合や、招待をしない相手に対しては式の日取りが近づいてきてからでも問題はありません。ただ、この場合もできれば挙式をする3か月から4か月前には伝える事、さらに一人一人に個別に伝えるようにします。


現在ではインターネットの普及、さらにはSNSの利用率の高さから、挙式後、入籍後に結婚報告を済ませてしまう人も増えています。しかし実際には入籍後に事後報告で結婚報告をされた事に対して、なぜそのタイミングなのかと思ってしまう人もいます。事後報告する事が完璧なマナー違反と言う事ではありませんが、結婚の準備はある程度の時間が必要で、直前に決まるという事はごくわずかです。

従って、実際にはその結婚報告を受け取る柄の気持ちを考慮し、出来るだけ相手に対して不快な思いをさせないようなタイミングで行うのが大人のマナーと言えます。


ただ、友達と言っても相手と年賀状くらいのやり取りしかせず、直接会う事もしない場合や、殆ど関わっていない場合、今では全く連絡をしていないような場合は結婚報告を入籍後にしてもそれ程問題となる事は少なくなっています。年賀状で近況報告をする程度の場合は、結婚の報告も年賀状を利用して行う人も多くいます。また直接会う事も無く、連絡を取り合う事も無い場合はあえて報告しなくても問題はありません。

ただ実際にはどのような関係性の友達であったとしても、結婚の報告をする必要がある、する方が良い相手に対しては、入籍後では無くその前に結婚報告をする方が相手への配慮が見られ、マナー違反だと言われにくい傾向となっています。



結婚報告 友人

2017-10-22 16:32:49

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング