授かり婚の結婚報告、どうやって伝える?AMOウェディング

以前はできちゃった結婚と言われていましたが、現在は授かり婚という言い方が一般的です。しかし、言い方を変えても、結婚をする前に妊娠をするということに対する戸惑いや疑問というのはつきものとなっています。こうした場合に、どのような結婚報告を行えばいいのかというのは多くのカップルが頭を悩ませる部分です。両親、職場、友達などにどのように結婚報告を行い、何に注意をしなければならないのか、知っておきたいところです。


【両親への結婚報告】出産の意思を決めたらすぐに連絡を


結婚報告のタイミングは妊娠直後がベストですが、出産をしたいという意思を決めたらすぐに連絡をするというのでも十分です。結婚報告は直接会うことが当然ですが、時間がないという場合には電話などで先に伝えておき、後で一緒に出向くという形にしてもかまいません。いずれにしてもすぐに連絡を入れることが大事です。

順番としては、先に彼女の両親へ結婚報告を行い、その後に彼氏の両親への結婚報告を行うという順番がベストです。彼女の両親からすれば突然妊娠したと言われ、しかも結婚報告までされるとなると驚きしかなく、不安や怒りというものが湧き上がります。できればそれが発覚してから時間を作ってでも両親のところに出向き、結婚報告を行うのが誠意が伝わりやすくなります。様々なことを言われる可能性はありますが、それも覚悟しなければなりません。

もちろん彼氏の両親も彼氏に対する情けなさというものがどうしても出てしまいます。こちらの場合もすぐに連絡を入れ、可能であれば休日返上で足を運び、彼女を合わせることが大切です。


【両親への結婚報告】経緯も包み隠さず誠実な気持ちを伝えよう


なぜこういうことになってしまったのかということは彼氏や彼女双方の両親からすれば知っておきたいところです。特に何の計画性もないということになれば、結婚すら認めてくれないことにもなり、不安でしかありません。そのため、将来的には結婚をする予定だったが、結果として授かり婚という形になったというのを先に伝えておくことで不安を解消させることができます。

彼氏の両親に対しても、彼女の両親への結婚報告などこれまでの経緯をしっかりと伝え、ちゃんと許しを得たことなどを報告し、彼女も礼儀正しくいることにより、誠実さをアピールすることが重要です。計画性の問題は彼氏の両親も重く受け止めており、無計画であれば彼女に申し訳ないという気持ちになり、言葉も荒いものへとなっていきます。多くの人に祝福してもらうためにも、その部分はしっかりとしなければなりません。

授かり婚はおめでたい話ではあるものの、複雑な心境になるのは仕方のないことです。それでも、包み隠さず気持ちを伝えるということが求められます。


無料でプレゼント

結婚報告をムービー

【職場への結婚報告】上長には早めに相談


職場においても結婚報告というのはすぐにしなければなりませんが、授かり婚ということになるとその状況によってタイミングを変える必要があります。例えば、彼氏の職場であれば、上長にすぐ報告し、授かり婚であることを含めて包み隠さず伝えても特に問題はありません。彼女の職場の場合、妊娠中は体調の変化が激しくなるため、そのことに関するおことわりをするためにも、いち早く授かり婚の事実を上長には伝えておくことが大切です。

とはいえ、上長の中にはそのことに対する不快感を感じる人も少なくありません。特に仕事のやり方などを絡めて指摘されるようになると大変です。そのため、授かり婚を報告してからそれまで以上に真剣に働くことが求められます。それにより、上長も結婚報告を気に仕事に身が入るようになったと評価し、祝福をしてくれるようになります。

問題は彼氏と彼女が同じ職場という場合です。この時は一緒に上長のところに行き、結婚報告を行い、同僚に対する報告は自分たちでするので、口外しないようにお願いしたいなどのことを言っておくことになります。


【職場への結婚報告】同僚への報告は安定期に入ってから


妊娠をしている時期、特に妊娠初期というのは体調が安定せず、下手をすれば最悪の事態になることもあります。そのため、同僚への報告に関しては安定期に入ってからでも十分間に合い、むしろその方が安全であると言えます。出産が近付けば、お腹も大きくなるため、自然と妊娠を知ることになりますが、安定期に入った段階で伝えておき、授かり婚の事実を伝え、今後迷惑をかけることになるけどよろしくお願いしますと伝えておくことが賢明です。

特に彼女の職場に関しては、何かと抜け出さないといけない機会がありがちです。また、出産を控え、仕事の整理や引き継ぎというものも必要になっていきます。そうした時に何を引き継いでもらうのか、後輩などにどのような仕事を覚えてもらうのかということも考えておかないといけません。それをすべて行ってから出産に備えて休みに入ることで、仮に育児休暇などから復帰してもすぐにその環境になじむことができます。

この先、働きやすさを確保するため、育児休暇などを活用するためには同僚への配慮というのは人一倍必要であり、そのことを意識した報告というものが必要です。


【友達への結婚報告】親しい友だちには早めに報告!あとは安定期になってから


友達に関しても同僚への報告と同じで安定期に入ってからというのがベストですが、親友など普段から相談に乗ってもらっている人に関しては妊娠後すぐに報告をすることも考えられます。基本的に親友は授かり婚を咎めるようなことをせず、子供が生まれるということに関して心からの祝福をしてくれます。そのため、会社の上長、同僚に対する後ろめたさというものがなく、率直にその喜びを伝えることが可能です。

とはいえ、安定期に入るまでは体調も崩れやすく、状態として厳しい局面を迎えることも十分に考えられます。そのタイミングで伝えてしまうとプレッシャーになってしまうことも考えられるため、できるだけ安定期に入ってから伝えておいた方がベターです。特にさほど親しくない人などに報告をしても、その中には邪悪な気持ちでそれを見ており、SNSなどでそのことに対する批判をする人がいないわけではありません。そのため、報告をするにしても場所やタイミングを考えることをおすすめします。

どうしても子供が生まれるということは伝えておきたいものですが、公表の仕方というのは非常に重要であり、その後の付き合いを左右します。


【友達への結婚報告】結婚式のサプライズで報告もあり


やり方として、結婚報告だけを先に行い、結婚式においてサプライズで発表するというのもあります。その方法はそれぞれであり、例えばVTRで胎児の写真を写しだすというのもあれば、重大発表として新郎新婦の口から公表するというのもありです。もちろん、すべての人にサプライズを仕掛けるということになると、祝福よりもトラブルになりやすく、特に両家の親族、会社の上司などは怒り出す可能性もあります。そのため、根回しはしっかりと行い、友達だけにサプライズを仕掛けることをおすすめします。

もちろん、結婚式に参列する人は祝福ムードであるため、サプライズで公表されれば多くの人が驚き、さらに祝福してくれます。親しい友人だけには明かしておき、口外は避けてもらうというのが大切です。そのためにあえて親しい友人以外には公表しないというのも決して失礼にあたるものではなく、あくまでもサプライズとしてであればそれを受け入れてくれるはずです。

発表の仕方などは式場のスタッフに話を入れておき、どのような演出がいいかを事前に決めておくのが無難であると言えます。


ウェディングプランナーまとめ


授かり婚であったにしても、大変おめでたい話であることに変わりはありません。最初のうちは反発や怒りを買う可能性は否定できず、人物評価も下がる恐れがありますが、逆にそれをきっかけに仕事などに打ち込めば、むしろ評価は上がっていきます。後ろめたい気持ちがある中で結婚報告をするのはつらいですが、幸せをつかむことができたこと、新たな家族と一緒に人生を歩むことができることなどをかみしめて報告をすることが大切です。


結婚報告 親

2017-10-22 12:06:19

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング