親に結婚報告が言えない場合はどうする?AMOウェディング

結婚報告が親に言えないということがあります。一番多いのが交際そのものを反対されているケース。つき合いそのものを反対されているのに、結婚を許してくれるわけはありませんね。そのような場合はどうしたら良いのでしょうか。


結婚を許してもらえない理由を調べましょう


その相手との結婚を親に言えない場合、なぜ交際や結婚を許してもらえないのかをはっきりすることが、まず第一です。そしてそれを克服して、相手の人を親が受け入れてくれるようにすることが重要になります。親から見て相手の人の悪い所、許せない所を克服するようにするのです。例えば、仕事や収入について。素行や振る舞い、服装や態度など。親にしてみれば大切な息子や娘と結婚する相手ですから、気にいらない人とは一緒になってもらいたくないというのが正直な気持ちなのは当然です。


できる限り、親に気に入ってもらえるように努力をするのが妙案です。服装の好みなどどうしても譲れないことだとしても、親に会う時だけでも、気にいってもらえるように工夫することをお勧めします。そのようなことをした上で、信用を得てから、結婚報告をするというのが良いでしょう。


結婚報告を親に言えない理由といして、自分自身と親との関係ということがあります。子供の頃から積み重ねてきた関係や相性など、言いたいことを言えない間柄ということがあります。修復できないわだかまりや出来事があったなど、それぞれの抱えている事情などがあります。その場合は、結婚報告をきっかけに関係の修復を試みるのも1つの手です。


何がきっかけでそのような関係になってしまったのか


どのような方法でそれを克服したら良いのか。結婚相手とも相談しながら解決方法を考えます。その解決方法はそれぞれの家庭や親子関係によって三者三様でしょう。このようなことは自分の人生や家族関係、これからの自分の人生についてなどあらためて見つめなおし、考察するきっかけになります。


そのような経過を経て関係を修復し、その上で結婚報告をすると良いでしょう。親や兄弟姉妹などの家族関係は一生続いていくものです。できる限りわだかまりや亀裂のない関係を築き、何かあったら相談したり協力したりできることが大切ですし、できる限り仲の良い穏やかな関係でいたいものですね。


セーブザデートムービー今なら無料

結婚報告をムービーで

また親そのものに問題があるというケースがあります


話を聞いてくれない、人の気持ちを理解してくれないなど。やはり人間ですからいろいろな性格や人間性の人がいます。その場合は、とりあえず自分逹で結婚を決めてしまい、入籍してしまうというのも1つの方法ですし、そのようにして結婚するカップルもいます。やはり自分の人生です。誰と結婚してどのような人生を歩んでいくのかは、自分で決めることです。未成年の場合は難しいですが、その場合は成人するのを待って実行すると良いでしょう。信念を抱いて決断し、その後の責任を自分でもてるのであれば、親には結婚報告をすることなく、自分の信じる人と共に新しい人生を歩んでいくこともありでしょう。


そのようにして人生を歩んでいく中で、徐々に家族関係が変化していって、いつか親との関係が修復して気持ちが通い合い、お互いに許して良い関係になることがあります。それは時の流れの中で、様々なことが変化して人の気持ちが変わっていきます。その時にあらためて結婚報告するということもあるでしょう。家族関係にはいろいろなパターンやケースがあります。いつの日か仲良く笑顔で話せる時がくるということもあります。


親に結婚報告が言えない場合についてのお話をしました。あくまでも自分の人生です。やはり自分がどんな人生を歩んでいくのか。そして本当に結婚したい相手であれば、信念をもって決断し自分の人生を切り開いていくことが大切です。


結婚報告 親

2017-10-08 17:20:26

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング