結婚式が台無しになる…余興ムービーで絶対にやってはいけないことAMOウェディング

結婚式を盛り上げる演出として余興ムービーというのは欠かせないものの1つとなっていますが、この余興ムービーにはいくつかの注意点があります。それらのポイントをおさえなければせっかくの結婚式が台無しになってしまう恐れもあります。手作りにするとしても業者に依頼するにしても、必ずチェックしておきたいポイントがあります。


映像が長い


結婚式で流す余興ムービーというのは長すぎるのはNGです。ドラマや映画のように延々と映像を見るような時間ではないからです。制作した側としてはあっという間に感じるムービーでも、見ている側からすればとても長く感じる場合があります。そういったことも考えて、余興ムービーというのは大体3分~5分、長くても10分程度におさめるのが良いとされています。

余興ムービーにおいて大切なのは、会場の全員が目を向けてくれるかどうかです。長々としたムービーは途中で飽きてしまい、スクリーンから目を離して談笑したり、料理やお酒に集中してしまう人も出てくるようになり、せっかくのムービーも盛り上がるどころか盛り下がってしまう恐れがあります。短すぎると何のために用意したムービーなのか分からなくなってしまいますが、だからと言って長々としたものは結婚式には不適切です。

ムービーの内容にもよりますが、まずは飽きられないような内容を考える事、また長くなりそうなのであれば無理に短くするのではなくムービーと当日の演出とを組み合わせるなどの工夫をすると良いでしょう。


映像スクリーンの位置が悪い


結婚式において余興ムービーというものが当たり前となりつつある今日において、スクリーンを完備している結婚式場の数も多くなっています。しかし、新郎新婦が見落としがちなのはそのスクリーンの位置です。

例えば「大きなスクリーンが用意できますよ」という一言に安心してしまい、きちんと実物をチェックしていないと後々後悔してしまう場合があります。どんなに大きなものが用意されていても、新郎新婦の後ろに位置するようなものでは新郎新婦の頭が邪魔になって映像が見にくい場合があります。このようにスクリーンの大きさというよりはその位置によって見づらいということが出てくるため、余興ムービーを考えているのであれば事前に必ずチェックをするようにしなければなりません。

比較的小規模な結婚式であれば会場も広くはないので、それほど位置にこだわる必要もないでしょう。しかし100人以上などの大規模な結婚式であれば1つのスクリーンだけでは力不足です。見やすい位置に移動させることが可能か、またその他の工夫ができるかなどはきちんと確認をしておきましょう。


余興ムービーは業者がおすすめ

結婚式余興ムービーのAMO

音が小さい、メッセージが読めない


余興ムービーを制作する上でBGMをつけるという人がほとんどでしょう。感動的なムービーを作りたいのであればバラードの曲をBGMにしたり、笑いが溢れるような楽しいムービーを作りたいのであればアップテンポなBGMをつけたりなど、曲によってそのムービーの雰囲気は大きく変わります。そのためBGMというものの役割は非常に大きなものとなるのですが、その音が小さいとなるとせっかくの余興ムービーも盛り上がりません。内容云々ではなく、音の小ささに見ている側は気が散ってしまうからです。

またムービーに使用される映像にメッセージを添えたりすることも多いのですが、そのメッセージが読みにくいという場合があります。文字サイズだけではなくフォントの関係から読みにくくなってしまうことも少なくはないのです。

メッセージは新郎新婦へ、あるいはゲストへ向けられたものであることが多いので、ちゃんと向けられた相手が読めなければ意味がありません。デザインが良いからという理由だけで制作するのではなく、見ている側にストレスを与えないような配慮が必要です。


新郎新婦の写真が多すぎる


結婚式の余興ムービーにありがちなのがこの写真の多さです。今やSNSを使う人が大半を占める時代なので、新郎新婦2人の写真というのは多くの人が目にする機会があります。写真が多すぎるムービーというのは見ていて変化がないという大きな問題がありますし、見たことがあるような写真を用意されてしまうとゲストは飽きてしまうという2つの問題が出てきてしまいます。

写真をスライドショーのように組み合わせて作るムービーは簡単ですしプロじゃなくても作ることができます。しかしその分とても退屈なムービーになってしまいがちなので注意が必要です。

写真ばかりではなく時々動画を組み込むというような変化をつけることで見ている側を飽きさせないムービーに仕上げることができます。どうしても静止画がいいという場合には静止画だけれど動きを感じるような工夫を行うことで面白い演出になります。

ムービーを最適なタイミングで放映したとしても、ただ写真を使えば余興ムービーができるという安易な考えではゲストを退屈させてしまうので、変化をつけたムービー作りを心がける必要があります。


内輪ネタ、下ネタは絶対NG


結婚式には様々な人が集まります。仲のいい友人もいれば、日頃お世話になっている職場の人々も列席してくれる場合もあるでしょう。そんな様々な関係性の人が集まっている場で限定された人だけしか登場しないような内輪ネタはNGです。見る人を限定してしまうような内容のムービーを作ってしまうと、せっかく同じ空間にいるのに他の人たちが無視されたような気分になって人によっては不愉快に感じてしまうからです。友達がプレゼントとして余興ムービーを用意してくれるというケースもありますが、これは内輪ネタになりやすいので注意が必要です。

また男性の間で多いのが下ネタです。下ネタは確かに盛り上がりやすいのですが、多くの女性は不快に感じますし、お酒が入る場だからと言っても会社や友達の間で行われる気楽な飲み会とはわけが違います。友達間であれば問題はありませんが、様々な立場の人が集まる結婚式と言う場で下ネタは絶対にNGです。面白さを求めるあまり、周りの人やその雰囲気への配慮に欠けるような内容にならないように注意するようにしなければなりません。


ムービー演出を多用しすぎる


余興を任されてしまうと、その場を盛り上げなければならないというプレッシャーから、当日の結婚式を楽しむことができないという人も少なくはありません。また演出のために当日は様々な小道具を用意しなければならない場合もあるでしょう。それを考えれば、事前に物を用意することができる余興ムービーというのはとても便利です。当日に着替えをしなければならないわけでもありませんし、緊張で料理も食べられないという心配もありません。しかしそれではムービーばかりの披露宴になってしまいます。何か演出があるたびに会場が暗転し、スクリーンを見なければならないというのは非常につまらないものです。

ムービーは便利ですが、あまり多用しすぎるというのは逆効果となってしまいます。せっかく面白い内容を考えても、目を向けてもらえなければ意味がありません。見る人に楽しんでもらうためにも、ムービーの長さだけではなくその演出回数にも配慮すべきです。ダンスや歌のように、ムービーでしか実現が難しい余興ではないのであれば、できるだけその場で披露するようにした方が盛り上がりやすいでしょう。


ウェディングプランナーのまとめ


便利故に何かと多用されがちな余興ムービーですが、時と場合によっては逆効果になってしまう可能性も頭に入れておかなければなりません。その場の雰囲気を盛り上げるのであれば、リアルタイムでダンスや歌などの演出を行った方が効果的である場合もあります。披露宴全体のバランスを見て、どういった方法が良いのかを考えた上で余興ムービーを用意するようにしましょう。


余興ムービー ネタ

2017-10-07 20:30:35

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング