手作りプロフィールムービーのダンドリ!全工程を解説AMOウェディング

結婚披露宴では新郎新婦が様々な工夫を凝らし、ゲストへのおもてなしをします。それは式場選びや招待状の形式や文面、当日の会場の装飾など多岐にわたりますが、多くの新郎新婦が取り入れているものといえば、結婚式が終わり、披露宴会場に入場する際に上映するプロフィールムービーがあります。

結婚式自体では、新郎新婦の人柄などには触れず厳粛な雰囲気で式が執り行われるため、プロフィールムービーを上映して初めて、新郎新婦の人柄や生い立ちが詳しく紹介されることがほとんどであり、結婚披露宴のつかみともいえる非常に重要なものとなります。


1)制作のスケジュールを立てるコツ


このプロフィールムービーですが、上述のような理由からゲストの心をつかんだ結婚披露宴にするためには非常に重要です。新郎新婦がゲストのことを思いながら手作りのプロフィールムービーを上映することで、場合に四手は遠方から来てくださったり普段からお世話になっている会社の方など、大勢のゲストを一度に喜ばせることができるようにするためには、綿密な準備が必要となります。しかし段取りをきちんと決めて、スケジュールを組み立てておくことであせらず、負担にならず楽しく製作に取り組めますのでご安心ください。

工程のスケジュールのコツはなんといっても余裕をもって段取りを考えることです。具体的に工程のなかには、テーマ決めや写真さがし、BGM選び、字幕コメント入れとありますので、新郎新婦がどれほど集中して取り組める時間が確保できるのかということをお互いに相談した上で、結婚披露宴の日から逆算してスケジュール通りに進めていくことが必要となります。


2)最も重要!テーマ決め


では、実際にプロフィールムービーを作り始めることになったとき、まず取り掛かるのがテーマ決めです。新郎新婦自身もこれまでに出席してきた結婚披露宴の中で、第三者のプロフィールムービーを見ているため、様々なテーマがあることはお互い承知済みであるかと思います。そのような中で、自分たちがどのようなテーマで今後手作りのプロフィールムービーを作成していくかを決めるのです。例えば、職場の方に主に重点をおき、粗相のないものにするのか、会場の雰囲気を和ませるために敢えてやんちゃな様子を見せていくものにするかなど、新郎新婦がゲストのバランスを考え、自分たちらしさを伝えながら、ゲストへの配慮を忘れないようなプロフィールムービーにできるように、テーマを決めていきます。

万が一途中でテーマ変更しようとなると修正は非常に骨が折れるため、一度決めたものは変えることがまずないように、徹底して新郎新婦で話し合い、しっかりと軸を決めることが大切になります。


3)どんなBGMがふたりに合う?


続いて、BGMを決めていく必要があります。人はBGMの雰囲気で、流れている映像の印象を変えるといっても過言ではないほど、耳からの情報も大切になります。そこで、あらかじめ決めてあるテーマに沿った印象を持ってもらえるようなBGM選びが必要になります。ふたりのイメージにあうようなBGMであることで、ゲストにふたりの人となりを知ってもらうこともできる一方で、ゲストたちがまったく知らないようなマイナーな曲を選曲してしまうと、共感してもらえなくなることも注意が必要です。

自分たちらしさを伝えながら、心の中で口ずさんでもらえるようなある程度著名な曲である必要もあるかもしれません。また、1曲のみをずっと流すのではなく、プロフィールムービーの中に何曲かを盛り込むことで、起承転結がある盛り上がるプロフィールムービーにすることができるでしょう。結婚式が決まったら、少しずつ周囲の音楽に耳を傾けておくことをおすすめします。


4)使う写真はバランス良く!


続いて、上映する中で要となる写真についてです。結婚披露宴の中で、ほぼ全員が集中してその映像に目を向けますので、ゲストの方がバランスよく映っているようにするための写真選びは非常に重要になります。しかし、これは一朝一夕に用意ができるものではありません。

その理由は、プロフィールムービーの中で、多くが新郎新婦それぞれの生い立ちについて紹介するので、幼少期の写真については、お互いの実家に保存されていることが多いためです。場合によっては、仕舞いこまれているため、容易に見つからなかったり、何らかの理由により見つからないこともあるかもしれません。そうした場合は、旧友から提供してもらったりする必要も出てきますので、余裕を持って写真探しをする必要があります。

一方で、ゲストに職場の方を招待する場合は、職場の方が写っているものも必要になります。とはいえ、職場ではなかなかゲスト全員が揃うような機会はないため、普段から何気ないイベントでも率先してカメラを用意しておくような気配りがあるといいですね。


5)楽しい字幕コメントを考えよう


続いて、動画制作ソフトに入れ込んでいく字幕コメントについて進めていきます。既にテーマが決まり、プロフィールムービーの大まかな流れが決まっていますので、いよいよ字幕コメントを考えていきます。

難易度はやや高いのですが、センスのある字幕コメントがあれば会場を一気に盛り上げることができるため、新郎新婦が協力して一緒にコメントを考えることをおすすめします。これが手作りのよいところで、お互いが議論しながら、どういったコメントにしようかを考え、時には一度決めたコメントを修正したりしながら、時間をかけてゆっくりと決めていくことができます。これもスケジュールに余裕を持っていたがゆえにできることです。

同じ写真を上映しても、同時に流れるBGMと字幕コメントで印象が大きく変わるため、決めてあるテーマにぶれないように、ゲストを笑わせるようなコメントを入れたり、しっとりとした雰囲気を伝えるためのコメントを入れたりと、ともに工夫して楽しくコメントを考えていきます。


6)いざ!動画制作ソフトで自作


そして、ここでようやく、いざ!動画制作ソフトで自作していきます。動画制作ソフトは市販されていますので、お使いのパソコンに合ったもので、二人が使いやすいと感じるものを選べばよいかと思います。そして、ソフトのパッケージにしたがって、テーマにあった素材を選んだり、これまで準備してきたBGM等を挿入していきます。ここにきて、初めて少しパソコンに触れるときがやってきますが、最近のソフトは非常に使いやすくなっているため、パソコンが苦手な二人でも問題なく作成に取り掛かれることが多いようです。

また、自作であるため、仮に順番やコメントの文言を入れ間違えてしまってもすぐに修正ができるため大変便利です。ゲストへのメッセージ等を入れる場合も、式直前まで文言を修正することが可能だったり、ゲストの急な出欠席の変更等の理由により、写真を付け加える必要が出てきても対応が可能になります。何度も試作できるというのが自作のメリットのひとつといえるでしょう。


ウェディングプランナーのまとめ


以上のような工程により、プロフィールムービーは制作されます。確かに、すこし大変ではありますが、外注とは異なり、自分たちで準備をしていくものなので、結婚式に向けて心躍る時間はぐんと増えますし、結婚式を振り返ってみても、準備に費やした時間は思い出深いものになります。

また、結婚式の最中にも、懐かしい映像を話のたねにゲストとして来てくれた旧友との会話の弾むこともあるかもしれませんし、ゲスト同士がその席で思い出話に花を咲かせ、盛り上がることもあるかもしれません。

多くの新郎新婦がゲストに楽しんでもらえるような結婚披露宴にしたいと願うものなので、自作したプロフィールムービーがその一助になってくれれば、苦労が報われるものです。以上のとおり、多くの魅力のつまったプロフィールムービーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



プロフィールムービー 自作

2017-10-02 13:22:55

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング