似顔絵ウェルカムボード人気のデザイン二人らしいデザインとは?AMOウェディング

ゲストにもウケる!似顔絵ウェルカムボードが人気の理由に迫る


結婚式場で、ゲストが最初に目にするものと言えば、ウェルカムボードです。

最近では、結婚式には必ずといってもよいほど、用意されているものでもあるので、その種類やサイズも豊富に揃っています。

いろいろなタイプのあるウェルカムボードですが、その中でも人気のタイプが似顔絵を使ったものです。

似顔絵ウェルカムボードは、ゲストにも話題にしてもらうことができたり、自分たちの思い出としても良いものとなるので、非常に人気があります。

完全オーダー製のものなので、オーダーをするときには、いくつかの注意ポイントを考慮して、自分たちに合ったウェルカムボードの作成を行いましょう。

式場での、ゲストを迎える看板の役割も果たすものです。


ウェルカムボードを似顔絵にするカップルが圧倒的に多い


ウェルカムボードは、自分で作ることができるシンプルなデザインのものや、当日ゲストからメッセージを書いてもらったものを、ジグソーパズルのように当てはめていく、製作タイプの物、絵画や造花などを使用した幻想的なものなど、いろいろなタイプの物があります。

またオリジナルでオーダーすることが出来るので、自分でデザインを考えてオーダーすることで自分好みのウェルカムボードの作成も可能です。

オリジナルデザインのオーダーでも、人気を集めているのが、似顔絵タイプのものです。

他のデザインとはことなり、完全にオリジナルのボードとなるので、非常に人気があります。

二人の仲の良い雰囲気を伝えることが出来たり、コミカルに描かれているものであれば、ゲストの話題にもなるので、好評です。

二人の顔を描いたものであれば、男性でも女性でもデザインを受け入れやすく、どのような雰囲気の結婚式場にもマッチしやすいというのも魅力的なポイントです。


似顔絵のメリット1:視覚的に分かりやすい


似顔絵ウェルカムボードを作成するメリットとしては、まずは、視覚的に分かりやすいという点です。

二人の顔が描かれているものなので、新郎や新婦片方だけの知り合いの場合でも、二人の雰囲気を知ることが出来ます。

また、すでに知っている人であっても、イラストになると雰囲気が異なるので、そこを楽しむことも出来ます。

写真では表現できないようなスタイルであったり、二人の趣味や好みをイラストに表現することも出来るので、二人の世界観をしっかりと出すことが出来るでしょう。

デザインによっては、顔だけでなく全身のイラストを描いてくれる場合もあります。

ウエディングドレス姿だけでなく、普段着や、趣味の装いなど指定すると、希望通りの仕上がりとなることが多いので、しっかりと相談することが大切です。

カラーやモノクロなど、色の指定や、サイズなども決めていくことが出来るので、しっかりと事前に打ち合わせをして、希望を細かく伝えていきましょう。


似顔絵のメリット2:話題にしてもらえる


似顔絵ウェルカムボードを利用するメリットとして、話題にしてもらえるということもあります。

結婚式に参列してくれる友人たちは、二人の晴れ姿をとても楽しみにしていてくれます。

そのため、指定している時間よりも早めに来場してくれたり、いろいろな会場の装飾を見たり写真を撮ってくれたりもします。

そのような場面に、二人のイラスト入りのウェルカムボードがあれば、二人を知るゲストにとっては、とても楽しめるものとなるでしょう。

また、装飾の仕方や、文字の有無などによっても、雰囲気が異なってくるので、会場の雰囲気や、自分たちの好みに合わせた仕上がりとなるようにしましょう。

ボードのイラストをきっかけにして、話題が出てきたり、思い出話をすることが出来るなどのメリットもあります。

二人の雰囲気がしっかりと伝わるようなデザインや、見ていて楽しくなるような表情のイラストを描いてもらうようにすることで、よりその場の雰囲気が明るくなるでしょう。


似顔絵のメリット3:結婚式後もインテリアとして重宝する


ウェルカムボードの魅力は、結婚式で使用するだけでなく、おしゃれなデザインのものを作れば、結婚式後のインテリアとしても使用することが出来るという点です。

オリジナルオーダーで作成するものなので、二人の名前や、結婚記念日、メッセージなど記念となるようなワードが入っていたり、二人の幸せそうなイラストが描いてあるものであれば、インテリアとして飾っていても、おしゃれで幸せなきもちになることができます。

好みのデザインで仕上げることで、お部屋の雰囲気ともマッチしやすく、絵画のように飾ることもできます。

大きさによっても、飾る場所や飾り方に違いが出てくるので、結婚式場に合わせたサイズを考えるだけでなく、結婚式後に自宅で飾るときに、馴染みやすいサイズを選んだほうが良いでしょう。

せっかくオーダーして作成するボードです。

大切な思い出の一つとして、インテリアとして使うことで、よりたくさんの人に見てもらうことが出来るでしょう。


イラストレーターによっては仕上がりが似てないというリスクも


結婚式に似顔絵ウェルカムボードを作成する場合、一般的にはイラストレーターにイラストの依頼をかけます。

このときに注意したいのが、イラストレーターによって、仕上がりのイメージが異なる場合があるということです。

イラストの雰囲気や、絵の描き方など、それぞれのイラストレーターによって異なります。

コミカルな雰囲気や、絵画のような重みのある雰囲気、写真のように似ていることを重視しているイラストレーターもいます。

それぞれの特徴を知ることで、自分の希望に合わせた仕上がりとなるでしょう。

また、イラストレーターによっては、元の写真やモデルからアレンジしすぎてしまい、似ていないというリスクもあります。

仕上がりのイメージを似せたいのか、コミカルに仕上げたいのかなど、しっかりと要望を伝えるだけでなく、依頼するイラストレーターの作品の雰囲気を良く知ることが大切です。

過去の実績などもチェックして、自分にあった人を選びましょう。


友人に依頼するときは謝礼を忘れずに!


友人の中で、絵を描くのが上手な人がいる場合、似顔絵ウェルカムボードを作成してくれるケースもあります。

結婚祝いにと作成してくれる場合も多く、二人の雰囲気を良く知る人であれば、なおさら二人の良い雰囲気を伝えることが出来るでしょう。

友人に依頼する時には、〆切日や搬入の方法など、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

そして、作成したもらった場合には、謝礼を忘れずにしましょう。

友人であっても、材料費や手間がかかっているものです。

プロにオーダーした場合よりも、安く仕上げてくれるだけでなく、より好みを伝えやすかったり、理想に近い形に作成してくれるのも、友人に依頼するメリットでもあります。

しかし、場合によっては、納期が間に合わなかったり、期待していたものとは違った仕上がりになる可能性もあるので、きちんと理解しておきましょう。

友人に依頼することで、より思いのこもった、とてもよいウェルカムボードを作成することが出来るでしょう。


似顔絵ウェルカムボードは結婚式後のインテリアとしても使えますね


ウェルカムボードは、ゲストを迎えるためだけのものではなく、結婚式が終わった後のインテリアとしても活用することができます。

いつまでも素敵な日の思い出を忘れないように、自分たちの理想通りのウェルカムボードにすることが、より長く飾っておくためのポイントです。

依頼する人や、イメージの伝え方などによっても、仕上がりの雰囲気は変わってくるので、しっかりと打ち合わせを行って、希望しているイメージを伝えましょう。

イラストと一緒に文字を入れたり、造花などで飾ると、より華やかでかわいらしい雰囲気にもなります。

イラストに合わせてフレームを変えるのも良いでしょう。

いろいろなアレンジを加えながら、世界に一つだけの、自分たちのオリジナルウェルカムボードを作りましょう。


ナイトウェディングにはこれ!

プラネタリウム似顔絵ウェルカムボード


似顔絵ウェルカムボードの種類は色々!自分たちらしいデザインはどれ?


結婚式に出席してくれるゲストを一番最初に新郎新婦に代わって出迎えてくれるのがウェルカムボードで、今や結婚式や披露宴、パーティーなどでは欠かせないアイテムとして定着しつつあります。

本来は出席してくれる人々に感謝のメッセージを伝えたり、会場の案内板のような役割を担う存在なのですが、ただのプレートにするのではなく、近年は新郎新婦の個性を存分に発揮したこだわりの詰まったものを作りたいと希望するカップルも増えています。

趣向を凝らしたウェルカムボードで出席してくれるゲストを笑顔にできるような魅力的なものがたくさんあります。そんな中で人気のウェルカムボードの一つに新郎新婦の似顔絵を使ってつくるものがあります。


手書き?デジタル?似顔絵を作るならどっち?


結婚式に出席するために会場に到着したゲストを一番最初に出迎えてくれるウェルカムボードが、新郎新婦二人の似顔をデザインしたものにするのもとても人気です。二人の事をよく知るゲストがウェルカムボードを見たときに、そっくり!似てる!ちょっと美化しすぎかな?

本当はもっとハンサムだよね?と大いに盛り上がってくれることでしょう。そしてそんな似顔絵のデザインでウェルカムボードを作るには大きく分けると2種類の方法があります。一つは専門の絵師による手描きのデザインにすること、そしてもう一つはイラストレーターがデジタル技術で作り上げるデザインにすることです。それぞれに全く異なる雰囲気があって、メリットもデメリットもあります。

例えば手描きのものは作者の個性がとてもよく出て温かみを感じさせる仕上りになります。デジタルの方は発色やグラデーションがはっきりとしていてきれいに仕上がるのが特徴です。デジタルの方はデータでもらえるのも大きなメリットです。


【手描きの良さ】手描きならではの温かみがある


アーティストの手描きのデザインによるウェルカムボードは、顔や体つきなど二人の見た目の特徴だけでなく、二人の人柄まで映し出すような温かみを感じられる仕上りになるのが魅力です。

手描きならではの柔らかな線で描き出す似顔絵はどんな仕上りを望むかにもよりますが、写真とは全く違った温かみを感じさせる雰囲気を持つウェルカムボードを作ることができます。写真のように忠実に写実的な画風にしたいという人もいるかもしれませんが、二人の特徴を愛情あふれる視点で描き出したイラスト風の絵は、見るものを思わず笑顔にさせてしまうような雰囲気があります。

本物そっくりに忠実に描き出すものとは違う、ふわっとベールがかかったような特徴の描き方になるので、二人にとっても自分たちの魅力を再発見するきっかけになるかもしれませんね。

描き手の二人に対する愛情までそのまま画風に描き出されるところは、手描きならではの特別な魅力で、式が終わった後は自宅のインテリアとして長く飾っておけます。


【手描きの良さ】アーティストの画風や個性が伝わる


ウェルカムボードをアーティストの手書きのデザインにすることで、描き手の画風や個性などがとても強く表れる作品が出来上がります。この世に一つだけの手描きによる、いわば作品ということになるので、二つと同じものがないという希少性の高さは手描きならではの良さだと言えます。

アーティストの画風や個性の特徴によって仕上がりはまったく変わってくるため、自分達がどんな画風を望んでいるのかによって、その希望を叶えるためのアーティスト選びはとても重要になってきます。

すっきりとしたシャープでスタイリッシュなデザインが好みなのか、ふんわりとしたパステルカラーの優しくソフトな仕上がりを希望するのか、あるいは美術品のような芸術性を感じさせるクオリティの高いものを望んでいるのかによって好みのアーティストを選ぶことになります。

出来上がった作品は完全なオリジナルで、こんなイメージではなかった…ということの無いように、アーティスト選びはとても重要なポイントになります。


【デジタルの良さ】発色・グラフィック処理がきれいでハイクオリティー


パソコンを使ってグラフィック技術によってつくるのがデジタルの似顔絵です。パソコンを使用して絵を描いて、画像処理を行うことで完成する作品なので、発色やグラデーション、光の具合などもすべてグラフィック処理で思い通りにきれいに加工することができます。

発色がきれいなので、印刷所で印刷したポスターのようにクオリティが高く鮮やかでインパクトのある仕上がりになるのが特徴です。

ベースの絵を描いた後仕上りを細かく調整することも可能なので、たとえばもう少しやわらかい色合いに、全体的にもう少し引き気味にまたはアップにといった調整もお手の物です。大きさを変えたり全体の色合いを買えたりする微調整が簡単に短時間にできるので、依頼する側の思い通りの仕上りが実現しやすいのが最大のメリットだと言えます。

発色が良いので鮮やかでパッと目を引くオリジナルのウェルカムボードを作りやすく、手描きの良さとは全く違う種類の魅力的な作品が完成します。


【デジタルの良さ】データでもらえるので招待状などにも活用できる


デジタルで描くことの良さはデータで納品してもらえるという点です。オリジナルの似顔絵のイラストを当日は大きなポスターのような発色の良いウェルカムボードとして活用するのはもちろんですが、招待状にイラストを使用してみたり、メニュー表や席次表などのペーパーアイテムに使用すれば、世界に一つだけのオリジナルのアイテムが簡単にできてしまいます。

使用する場所によってたとえばモノトーンにしてみるなどの使い方もできるので、ウェルカムボードだけでなく様々なところに活用できるのもデジタルの大きな魅力です。

近年は結婚式の際のペーパーアイテムを自分たちで手作りしたいと希望するカップルも増えており、そのためのキットなども市販されているので、デジタルデータを上手に活用すれば、よりオリジナリティの高いアイテムが出来上がります。

個性的な演出として新郎新婦に代わっていろいろなシーンでゲストをおもてなしする大切な役割を担ってくれる存在になる事でしょう。


(おまけ)パズルタイプにすると作って完成させる楽しみがある


せっかく作ったオリジナルのウェルカムボードは、式が終わったら多くの人がそのまま自宅のインテリアとして飾っておくのですが、パズルにすると二人で作って完成させるという楽しみが味わえます。

また、似顔絵で作るパズルのピースにゲストからのメッセージを記入してもらうなどのアイデアも素敵で、メッセージの書かれたピースをすべてはめ込めば、二人をぐるりと取り囲むように大切な人々からのメッセージがダイレクトに伝わる作品に仕上がるというものです。ウェルカムボード自体は結婚式に来てくださってありがとうございますという感謝のメッセージをゲストに伝えるものですが、ゲストの方も自分たちが参加することで、より印象の深い結婚式になるかもしれません。

似顔絵というとても個性的で親しみのあるデザインにしたうえで、パズルにすることでさらに遊び心も加わって、世界に一つだけの大切な思い出のぎっしりと詰まった作品を手元に残すことができます。


二人らしく個性的な似顔絵ウェルカムボードにしましょう


今や結婚式の定番となったウェルカムボードは、新郎新婦がそれぞれに一生懸命に工夫を重ねてオリジナルのものを作る人が増えています。

ゲストへの感謝の気持ちとともに結婚式を楽しんでいってほしいという願い、今までありがとう、これからどうぞよろしくお願いしますという様々な思いの詰まったものがウェルカムボードです。自分たちの似顔絵を採用することで二人の人となりを感じさせる、見る人を笑顔にできるような素敵なウェルカムボードを作ることができます。

似顔絵を使ったものはどんなイメージに描いてもらうかは二人の思いのままにできるので、きっと個性的でオリジナリティが高く満足度の高いウェルカムボードに仕上げられることでしょう。


定番だけどまだまだ人気

ミスター&ミセス似顔絵ウェルカムボード

ウェルカムボードに使用する似顔絵イラストをプロに依頼する流れと注意点


ウェルカムボードは結婚式や披露宴の会場で入り口に設置して招待客を迎えるアイテムです。最近では新郎新婦がそれぞれ趣向を凝らしたウェルカムボードを作成するのが定番になっており、オリジナルデザインでオーダーしたり、中には手作りで作成するカップルも増えています。

中でも定番なのが新郎新婦の似顔絵を使ったウェルカムボード。幸せな二人の姿を少しポップにイラストで表現してもらえるので、結婚式にふさわしいと根強い人気があります。

もちろん手描きで描かれるのでイラストレーターの技術によって雰囲気は大きく変わります。もちろん自分で描いてもいいのですが、自分のイメージにあるイラストに近い雰囲気で描ける人材を見つけ出すのが唯一、最大の成功への近道です。


似顔絵はプロのイラストレーター依頼だと間違いない


似顔絵とはその人の持つ顔の特徴を生かしてかわいらしくそっくりに描いたものです。イベントやアミューズメントパークでも似顔絵コーナーがあったりと、思い出を残すのに写真とはまた違った記念になると人気です。

似顔絵を描く人を似顔絵師と言いますが、美大を卒業した人やプロのイラストレーターが副業として行っている場合もあります。プロと言っても絵柄や画材に至るまでそれぞれ特徴が変わります。

水彩画と色鉛筆、パステルではイメージが大きく変わってきますのでプロだから誰でもいいと決めてしまうと後悔してしまうかもしれませんので注意しましょう。大事なのはその人の絵のサンプルをたくさん見ることです。芸能人や有名人の似顔絵があれば、特徴のつかみ方やデフォルメの方法が分かってきます。

ウェルカムボードに使う場合は、欠点は最小限に抑えて、かわいらしさや親しみやすさを最大限生かしてほしいものなので、制作前にきちんとチェックすることが必要です。


1.事前にイラスト制作の値段相場を知ろう


プロに作成を依頼するということは料金が発生することになります。しかし、アーティストの作品には決まった値段が付けられているわけではありませんので、相場というものを知ることはとても大事です。イラストはサイズによって価格が変動することになります。

イラストレーターのランクによっても分けられている場合があります。一般的には1万円から5万円ほどの制作料で注文できるようになっています。結婚式場で専属の業者に依頼すると3万円以上からというところが多く、高めに設定されています。

似顔絵は描かれる人数が2人になりますので、1人だけの路上で描かれる似顔絵よりも高くなります。また、路上ではささっと流れるように描かれていますが、ウェルカムボードに使われる場合はより時間をかけて丁寧に描かれるため高くなります。

他にもドレスを描く、背景に文字入れをするなどのオプションもあるため、あらかじめ予算を決めて依頼をするようにしましょう。


2.注文するサイト・イラストレーターの選び方


注文をする場合は専門のサイトが便利です。多くのプロイラストレーターが所属していて、料金も均一になっているところなら選びやすく、イメージにぴったりの人が見つかる可能性が高くなります。

サイトでは受け取り方法や注文方法、納期までの時間などをしっかりと確認しておきましょう。あいまいなまま進めていくと結婚式当日に間に合わないということにもなりかねませんので、余裕を持った注文が必要になります。サイトでは多くのサンプルがみられるようになっていますので、その中からピンときたものを選んで作成を依頼してみましょう。

気に入らないからやり直して、ということができないタイプの依頼になりますので、こまめなカウンセリングをしてくれるか、希望はどの程度聞いてもらえるか、依頼したものと違うものが来た場合の対応がどうなっているのかなどチェックしたい項目がいくつかあります。注文さえしてしまえば基本はお任せできるので、気長に到着を待ちましょう。


3.二人らしい写真を選ぼう


似顔絵に必要なものが当人の写真です。依頼者が用意する唯一のものになりますので、とっておきの写真を用意しておきましょう。写真は一緒に写っていなくてもスナップでも構いません。顔がしっかりうつっているもので、バストアップくらいが理想的です。

顔の印象やヘアスタイルなどもイメージを大きく変えてしまいますので、自分なりに良いと思うものを選んでください。服装や背景は基本的には影響されませんので、着せてほしいドレスや衣装、背景のテーマなどを伝えておきましょう。あまり細かな設定やディティールを要求すると断られてしまう場合や別料金が発生することにもなりますので、注意しましょう。

二人らしい表情の写真が見つかったら早速送って制作を進めてもらいます。郵送ではなく、メールで簡単にやり取りできるので時間短縮でき、忙しい人でも注文しやすいのが専門サイトのメリットです。途中下描き段階でチェックができるかもサイトによって違ってきますので、よく内容を理解しておきましょう。


4.ウェルカムボードの受け取り納期目安


手描きで描かれるものは注文してすぐ手元に届くという種類のものではありません。完全オーダー品を頼んだと思えば想像しやすいはずです。サイトによっても納期にばらつきはありますが、最低でも1カ月はかかると思っておいた方がベター。

結婚式や披露宴の2カ月前までには依頼できるように調節しておきましょう。あくまでも目安になりますので、できるだけ早くサイト探しやイメージを固めておく作業はしておいた方が良いでしょう。写真などもあらかじめ用意しておくと依頼の時スムーズです。

事前の確認や支払いなど、必要な手順を踏んで初めてイラストの作成が始まっていきますので、ギリギリになってしまわないように早め早めが基本です。作成が始まれば基本的にはあとは待つだけ、受け取りは郵送で送られてくるので、自宅で待ってください。

配達されてきたら必ず中身を確認し、間違いや汚れなどがないかチェックしてください。万が一の場合は速やかに連絡し、対応を待ちましょう。


額縁・イーゼルのオプション有無チェックを忘れずに


ウェルカムボードはそのままで飾られることもありますが、額縁に入れるとよりきちんと感が出ます。手描きのものは特に既製品と組み合わせると高級感が出ますので額縁は必需品です。

ウェルカムボードを設置する場所は受付や式場の入り口付近になりますが、その時必要なのがイーゼルです。式場で用意されている場合もありますが、ない場合は自分でそろえる必要があります。

額縁もイーゼルもウェルカムボードの大きさで用意するものが変わりますので、オプションとしてぴったりのものを購入できるかどうかもチェックしておきましょう。特に額縁は本体を入れてもらってから郵送してもらうとゆがみや汚れを防止できるのでおすすめです。ただし、額縁によってイメージも大きく変わるので、どんなものを選ぶかは重要です。

自分の目で見て選びたい場合は使用している紙の大きさ、サイズを把握しておきましょう。実物が届いてから画材店へ持ち込んで選ぶということもできます。


プロの手を借りる似顔絵ウェルカムボードは良いですね


ウェルカムボードは結婚式後も新居で飾ったりすることができるハッピーアイテムになります。お気に入りのものを用意すれば長く楽しむことができるので、妥協しないで結婚式に花を添える存在になってほしいものです。

プロに作成を依頼することで、本格的なものに仕上がり、お任せできるので安心感もあります。ウェルカムボードはゲストを迎え入れる最初の顔としても大きな役割を持っていますので、気合を入れて作る新郎新婦も多くいます。

二人らしさやオリジナリティを大事に演出することも定番になっていますので、額縁に少しアレンジを加えたり思い思いのデコレーションを施すのもいいアイデアです。ぜひ、参考にして色々なアイデアで結婚式を彩りましょう。


ウェルカムボード

2017-09-24 17:41:52

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング