友達への結婚報告マニュアル。LINEでもいいの?いつすればいいの?AMOウェディング

友達への結婚報告マニュアル。LINEでもいいの?いつすればいいの?AMOウェディング


LINEで友達に結婚報告するのはアリ?


結婚が決まり、幸せの絶頂でまずしたくなるのは周囲への報告ではないでしょうか。しかし、結婚報告には注意が必要です。結婚に限らず冠婚葬祭全般に言えることですが、昔よりも風習やしきたりは軽減されているものの、それでもまだ冠婚葬祭には礼儀が必要不可欠な部分が大きく、礼儀に欠いたことをしてしまうと一気に「常識の無い人」という印象を持たれてしまいます。

また、結婚は人によってはとても繊細な問題です。人生有数の幸せを得られる分、それを得ていない人にとっては耳にするのが辛いこともあります。結婚適齢期であってもなかなかご縁に恵まれない人や、身内に不幸があるなどで周りの人を祝福できる気持ちの状態でないこともあります。そのような人に対して正面から「幸せになります」というオーラ全開で結婚報告をしてしまうと知らず知らずのうちに相手の気分を害し、無粋な人、失礼な人という印象を持たれてしまう可能性もあり、結婚報告には適切な距離感が必要となります。

そこで一つ気になるのは、ではLINEでの結婚報告は有りか無しかということです。今や友達でも家族でも、お互いの連絡はLINEが中心という人が多いと思います。LINEを使っておらず、メール中心という人もまだまだ多いとは思いますが、LINEやメールで結婚報告をするのはありなのでしょうか。

答えは、「間柄によってはOK」です。

披露宴に招待するような近い間柄の友達や先輩の場合は、結婚報告はできるだけ直接会って行うことが好ましいですが、遠距離に住んでいたり、なかなか時間が取れなくて会う頻度が低い、でも親しい友達という間柄ならばLINEやメールでも問題ありません。直接電話しないのは失礼では?と思う人もいるかもしれませんが、特に今の若い人の間では電話をすること自体が減少している傾向にあります。普段ほとんど電話をしない間柄の人にわざわざ電話をかけて報告するのは丁寧ではありますが、そこまでしなくてもというのが正直なところです。

ただし、注意しなければいけないのはグループトークや一斉メールはNGということです。大勢に一気に結婚報告ができるので伝える側の手間は少なくなりますが、受ける方は雑な扱いをされているという印象を受けてしまうため、電子媒体を使う場合でも必ず一対一で直接相手にメッセージを送ることが大事です。

また、それほど親しくない友達に対しては、わざわざ個別にメッセージやメールを送らなくても問題ありません。何かの用事があればそのついでに結婚報告を織り込んでも良いですが、何年も会っておらず、なおかつ滅多に連絡を取らない間柄の友達ならばわざわざ結婚報告のためのメッセージを送らなくても無礼にはあたりません。結婚式が終わってから結婚報告ハガキを出すか、年賀状や暑中見舞いで報告すれば問題ありません。


また、最も注意しなければいけないのは、LINEのタイムラインなどSNSを使って不特定多数に向けて結婚報告をすることです。これならば友達や知り合いに一気に結婚報告ができるとSNSで投稿する人が増えていますが、それだけで結婚報告としてしまうのはあまりに軽すぎます。個別に連絡をするまでもない軽い知り合い程度の人にはSNSのみの報告でも十分ですが、個人的にやり取りをするような友達にはSNSだけではなく、個別にメッセージで報告をすることが好ましいです。

ただし、時期としては、披露宴に招待するような深い間柄の友達は結婚が決まって割と早い段階で報告し、それ以外の人は結婚式の段取りが全て整った頃、または入籍後の事後報告で良く、むしろあまり早くに報告してしまうと披露宴に呼ばれないと不快感を感じられてしまうこともあるので注意が必要です。


メールで友達に結婚報告をするときに注意すること


結婚が決まり、幸せの真っただ中でまず考えるのは周囲への報告のことではないでしょうか。

報告の仕方に決まりやしきたりはありませんが、披露宴に呼ぶような親しい友達に対しての結婚報告はできる限り面と向かって会って行うのが良いと考えられています。しかし、年齢を重ねるごとに各自それぞれの生活が中心となるため、なかなか会う頻度が少ないという場合や、遠方に住んでいるので会うのは難しいという事情もあるでしょう。そこで、今は友達への結婚報告はメールやLINEで行うことが増えています。

しかし、メールやLINEでの結婚報告には注意が必要です。

なぜなら結婚については、特に結婚適齢期の女性にとってはとても繊細な問題だからです。周囲の結婚ラッシュに焦りを感じている人もいれば、自分は別れたばかりであったり、病気や家族の事情などでとても人をお祝いできるような精神状態ではない人もいるかもしれません。メールやLINEは相手の状態が見えないため、あっけらかんと結婚報告を行うことで無神経と相手をイライラさせてしまうリスクがあります。また、相手の状況によっては結婚報告により嫉妬の感情を生み出してしまうリスクもあります。そのため、まず結婚報告をメールで行う場合には、相手が今どのような状態にあるかということは最低限調べてからの方が無難です。彼氏と別れた、家庭で色々あるらしいなどという場合は様子を見ながら報告の時期をずらすか、披露宴に招待したいという場合には淡々と事務的に結婚報告をするのが好ましいです。

また、友達に結婚報告をする際にどのような親しさであってもSNS投稿や一斉メール、グループLINEと大勢に一度に報告できる形式で行うのはマナー違反です。SNS上だけでつながっていて個々のやり取りをしたことがないような「知り合い」ならば一斉通知で問題ありませんが、少なくとも友達と呼べるような間柄の人の場合はネットを介した報告であっても個別に一人一人行うのが礼儀です。

また、LINEのグループトークを作っているメンバーに結婚報告をする際にも個別での連絡が基本ですが、その際には皆に近いタイミングで行うことが大切です。ある人には今日伝えたけど、ある人には明日にしようなどと時差を作ってしまうと、その間に報告されていない人は別の人から結婚するという噂を聞き、自分だけ報告してもらっていないと疎外感や閉塞感を覚えます。女性の場合はその疎外感や閉塞感から人間関係が崩れるリスクが高いので、あらぬ人間トラブルを生まないように横のつながりのある友達たちには近いタイミングでメールやLINEを送ることが大切です。

そして、結婚報告を行う場合には、必要以上に幸せオーラをにじませないことも大切です。直接会った時に幸せオーラが出てしまうのは仕方ありませんが、文章だとなかなか思っているような感情で伝わらないものです。変にハイテンションで送ると「幸せアピールがうざい」と取られかねないですし、相手について詳しく書いたり、結婚までの過程についてダラダラ書いているとそれものろけと受け取られて反感を買う恐れがあります。日本人はあまり自分の幸せアピールをすることは他人への配慮が足りないと考えられる節があるため、できるだけ謙虚に淡々と出来事だけを伝えることが無難です。

また、報告の時期としては、披露宴に呼ぶような間柄の友達ならば結婚が決まってすぐの報告で良いですが、そうではない人は結婚式が近くなってからか、もしくは事後報告でも問題ありません。変に早くに報告してしまいと披露宴に招待されるのかと誤解されてしまうので、既に結婚式の全ての準備が完了している時期か事後報告が無難でしょう。


友達への結婚報告LINEはムービーで

結婚報告レトロムービー

結婚が決まったら…いつ友達に結婚報告をするのがいい?


大好きな人と結婚が決まって新たな生活をスタートさせる時、この喜びを色々な人たちに報告しないといけません。親族や職場関係の人への報告は入籍のタイミングや挙式が決まったタイミングなど、何となく時期があるように思えますが、友達の場合はいつ結婚報告をするのがベストなんでしょうか。喜びに浮かれて報告が遅れたり、大切な友達の耳に結婚報告が直接届かなかったり、こんな事態が発生したら今後の友達関係にも支障が出てしまうかもしれません。では、友達への結婚報告はどのタイミングがベストなのか友達との関係性も含めて考えてみましょう。

まず、親友とも呼べるとても関係性の濃い友達の場合です。結婚が決まる前から、恋人を紹介していたり、恋愛相談にのってくれた大切な親友へは、結婚が決まった段階ですぐに報告しても構わないでしょう。きっとそのような友達は自分の事のように結婚報告を喜んでくれることでしょう。直接会って報告できれば一番ですが、中々タイミングが合わない場合は、電話やメールで報告してもいいでしょう。このような友達に対して大事なことは、結婚が決まったらすぐに報告することです。直接会うことにこだわって報告が遅れてしまい、他の人から親友の耳に報告が入ったら、悲しい思いをさせてしまうかもしれません。苦楽を共に乗り越えてきた親友だからこそ、喜びの報告はすぐに伝えることが大事です。

次に、結婚式に招待したい友達への場合です。ここにはいつも集まる仲良しグループなども含まれると思います。何か機会がある度に集まったりする友達たちへの報告です。入籍日や挙式の日程などが決まってから報告する事が望ましいでしょう。なぜなら、女性の場合は結婚に敏感になっている独身女性もいるからです。自らの結婚に浮かれて、結婚が決まったと報告するよりも、入籍や挙式の日にちまできちんと決まった上での報告のほうが、きちんと段階を考えているように思えます。20代半ばだと、結婚が決まったからと仲良しグループを集めて報告会を開くこともできると思いますが、年齢が上がるにつれて、わざわざ報告会を開くようなことは難しくなると思います。ですので、このような関係の友達には、結婚が決まった事の報告と、入籍日、挙式の予定などをきちんと報告することが望ましいと思えます。可能であれば個別に結婚報告をすることもポイントです。メールの一斉送信だと適当な印象を与えかねません。忙しくても、個人個人に丁寧に報告することが大人のマナーと言えます。

最後に、挙式には招待しない、頻繁に連絡は取らないがたまに会う友達への報告です。ここには、学生時代に仲良かったけど、社会人になってから全然会わなくなった友達などが該当する場合が多いでしょう。このような友達へは、何か連絡をとるタイミングに合わせてさらっと報告することが望ましいでしょう。長い期間連絡を取っていなかったのに、いきなり結婚報告をされても、相手も困惑してしまう可能性があります。相手の事も考えて、いきなり結婚報告をするのではなく、何か連絡をとるタイミングに合わせて報告することがベストでしょう。

友達の関係性によって考えてみましたが、一番大切なことは、結婚報告に浮かれない、相手の気持ちを考える、報告するなら丁寧にという事でしょう。このことを考えれば、いつ報告すればいいのか自然に見えてくるはずです。

結婚は人生の一大イベントですが、結婚報告の仕方によっては今後の人間関係に問題が生じることもあります。ただ報告すればいいというわけではありません。きちんとした対応で、結婚した後も結婚前と変わらない人間関係を保つためにも、しっかりと結婚報告について考えていきましょう。


友達には結婚報告はしなくてもいい?


結婚が決まり、気分は幸せの絶頂です。しかし、冷静になってみると、結婚について友達にはどの程度報告すれば良いのか迷ってしまうという人は多いのではないでしょうか。親友には連絡をするとしても、どこまで報告すれば良いものか、そのラインが推し量れない人は多いと思います。

ただ、一つ言えることは、「友達」と呼べる間柄の人であれば、結婚報告はしておいた方が望ましいです。

ただし、結婚は女性には特に特別なものであり、状況によってはそれが友達関係を壊す地雷になる可能性を秘めています。結婚適齢期を超えた独身の中には人の結婚報告なんて聞きたくないという精神状態の人も少なくないですし、病気や身内の不幸などで人を祝福する気分じゃない人もいます。

親友とよべる人ならば良いとしても、普段ほとんどやり取りがない古い友達からわざわざ結婚報告を受けたら、場合によっては自慢と受け取られ、あらぬ嫉妬を生み出す原因にもなり得ます。

しかし、難しいのは人の心理で、結婚報告は受けたくない、でも結婚することを知らされないのもまた不快に思われます。単に報告をしないだけでも、「隠している」と悪く思われるリスクも高く、報告を受けない人の中には自分だけ仲間はずれにされた、疎外されたと考える人も少なくありません。特に冠婚葬祭は特別なイベントということもあり、その際に受けた嫌な思いは一生引きずるということもよくあるため、礼儀に欠けた人と思われないためにも結婚報告は卒なくこなす必要があります。

ただし、友達と知り合いの境目のような存在で、何度か会ったことがある程度で特に個々のやり取りをしたことはない程度の人ならば結婚報告をしないでいても特に不都合はありません。一般的にはSNSでの報告は友達の場合は失礼とされますが、個々のやり取りがなく、SNSでつながっているだけという間柄ならば、結婚式の後にSNSで事後報告という形を取っても構いません。

むしろ、その程度の中の人に個々のメッセージで結婚報告をする必要はありません。

では、友達にはどうやって結婚報告をすれば良いのかというと、それは親しさにより違いがあります。親友や披露宴に招待する親しい友達の場合は、直接会って報告するのがベストです。なかなか会う機会がない人には電話やメール、LINEで報告するのも失礼にはあたりませんが、グループトークや一斉メールではなく、一人ずつ個別にやり取りをするのが基本です。

披露宴に招待するほどではないけど親しくしている間柄の友達の場合も基本は会って報告が好ましいです。ただ、頻繁に顔を合わせているわけではない間柄で、わざわざセッティングしないと会う機会がないのならば敢えて会う場を設けなくても大丈夫です。むしろ自分の結婚報告だけのために皆を集めて報告の場を設けると、そこが思わぬ地雷になることもあるので注意が必要です。

また、複数人でグループのような形で仲良くしている場合は皆に同じタイミングで報告することも大切です。グループ内で報告に時差ができてしまうと、本人ではなく周りの人から知らされた人は取り残されたような、仲間外れにされたような気分になるため不快感を覚えて、のちに本人から報告されても素直に祝福してくれないこともあります。

報告のタイミングとしては、披露宴に呼ぶような親しい友達は結婚が決まった段階で報告し、それ以外のそれなりに親しい人は結婚式場などの準備が一通り整った段階での報告がベストです。あまり早く報告すると披露宴に招待されると思われてしまうので、結婚式が迫っている時期または事後報告でも問題ありません。

友達への結婚報告は、タイミングや方法を間違えると後々の人間関係にも影響するので注意が必要です。


友達に結婚報告するときの反応はどういうもの?


友達に結婚報告をする場合、報告する側は全ての人が祝福してくれるという事を期待している可能性が高いのですが、実際には全ての人が祝福してくれるわけではありません。

祝ってくれる人もいれば、そうではない反応をする人もいます

その人の置かれている状況、立場、さらに相手との関係性や報告のタイミングなどでも対応は変わってくる物です。

通常、最も多い結婚報告の反応は「祝福」です。

おめでとう、良かったね、幸せになってね等の祝福の言葉を掛けてくれたり、友達であればお祝いにどこかでパーティーを開いてくれたりする事も有ります。

親友の場合はまるで自分の事の様に涙を流したり心の底から喜んでくれたりする事も有り、幸せな雰囲気に包まれて過ごす事ができます。

ただ、結婚報告をする場合に一応「祝福」している言葉を掛けてもらう事は出来ても、相手は本心から祝っていない事も有ります。

その場合に関係しているのが「嫉妬」や「怒り」です。

結婚と言うのはとても大きなイベントで、本来は今後の角でを祝して祝うというものとなっていますが、その人の置かれている状況によっては素直に祝う事が出来ないという事も有ります。

例えばその人がある程度の年齢になっているのにまだ結婚できないと言って自分で悩んでいる場合や、結婚報告を受けたタイミング等が関係しています。

本人が悩んでいる場合はもしかしたら結婚報告をすると自慢していると取られかねません。

またタイミング的には本来は入籍前に伝える方がマナーとなっていますが、入籍後に伝えてしまったが為に水臭いと思われたり、それ程大切な友達では無かった、その他大勢の一人だったと思われてしまう事も有ります。

この場合は友達から素直に祝ってもらう事ができず、時には陰で何か言われたり、棘のある言葉を掛けられてしまう事も有ります。

また、「複雑」と言う対応をされる事も有ります。

ここに関係しているのは、相手との人間関係で、その人が自分に対して抱いている感情などでも反応が変わってきます。

さらに、結婚報告を友達にした場合、「興味」を抱かれる事も有ります。

人間には何かに対して興味関心を抱いた場合、それに対してより知りたいと思う欲求が発生する事があります。

例えば結婚相手について年齢、性別、学歴、年収、さらにどのような人なのかと細かく聞かれる事があります。

通常これに関しては単なる興味・関心からの対応と言う事も有りますが、実際にはそれ以外の感情が働いている事があります。

例えば嫉妬によって相手の悪い所をみつけて優位に立ちたいと思ったりする事も有るからです。

ただ単に話のネタとして聞いてくる場合、自分の方が言葉を濁すとそれ以上聞いて来ない事も有りますが、マウンティングと言う目的で行っている場合は根掘り葉掘り聞こうとしてくる事も有ります。

そこで誤魔化すとより変な噂を立てられたりする事も有ります。

結婚と言うと本人にとっては一大イベントで、さらに幸せの絶頂と言う人も決して少なくありません。

通常友達に結婚報告をした場合は殆どの人が祝福し、お祝いの言葉を掛けてくれたりするのですが、中にはそうではない人もいます。

全員が自分の結婚に対してお祝いの気持ちを抱くわけではなく、時にはまた違った反応がある可能性も出て来ます。

したがって、実際には全ての人が祝ってくれるわけではないという事を念頭に置き、相手に対して配慮して結婚報告をするようにします。

特に相手がコンプレックスを抱いていたり結婚に対して悩んでいる事が分かっている場合は、より相手の事を考え、出来るだけ失礼のないようにする事がトラブル回避に繋がります。

結婚報告の方法を誤らないように注意すると、相手からの反応も良い物が多くなる傾向だからです。


結婚報告をしたら嫉妬するであろう友達にどう報告する?


今の世の中、晩婚と言う流れができていまして、女性の方が男性に比べて結婚したい願望が強くなっていると思います。

結婚をしたからと言って、絶対に幸せになるわけではないのですが、ある程度の年齢になってくると仕事ばかりではなく、ご自分の家庭を持ちたい。子供を産みたいと思うのは、女性の本能と言いますか正直な気持ちだと思います。

そこでなかなか難しくなってくるのが、実際に結婚することになった時の結婚報告です。

今まで一緒に遊んできた友達に、どう結婚報告を切り出すかです。

普段から恋愛話をしている友達関係ならよいのですが、相手の友達に彼氏がなかなかできない場合、普段の会話に恋愛話を持ち込むのは気まずい事もあります。友達同士で会っている時間に恋愛話は、なかなか痛い物があります。

ましてや若い頃なら別ですが、リアルに年齢を重ねていくと友達関係の中にも大人の気遣いが入ってくるというものです。ですが、ご自分が友達と思って今まで色々な事で楽しい時間をすごして来た、色々の事で相談にのってもらい、相談に乗ってきた間柄であったら、ご自分の結婚ということは友達も喜んでくれることと信じて早めに結婚報告してみましょう。もしそれで嫉妬心から、相手の態度や対応が変わったのなら、それまでの友達だと思います。

本当の友達の間柄であるならば、嫉妬心はないです。確かにうらやましい気持ちがあるのは素直な感情ですが、それを妬むような事はしないです。逆におめでとうと喜んでくれるのが、本当の友達です。

自分と同じ結婚できない状況の傷の舐め合いで一緒にいるのは友達ではありません。ただ自分が一人取り残されたくないためにつるんでいるだけですから。

ですから、ご自分の友達を信じて結婚報告をしてみて下さい。自分の事の様に喜んでくれるならば、真の友達ですし、嫉妬をしてくるのであれば真の友達ではなかったことが分かって良かったのだと思います。

そして、もし結婚が決まったのであれば恐れずに早めに報告することをおすすめします。

色々変な気遣いをしている間に、他の友達からあなたの結婚報告を耳にする場合もあります。

特に女性の場合、結婚に対する情報や噂は流れるのが早いと思うので。

それを直接本人からでなく、他の友達から報告を聞かされたときは、やはり少し裏切られたような誤解を招く事もあると思います。ですから、特に嫉妬心まではなくてもある程度の年齢がきていて独身でいる間柄、そしてよく一緒に遊んでいる友達には真っ先に報告しましょう。ご自分も逆の立場に立って、他の人からお友達と思っていた方の結婚報告を受けたら、やっぱりショックですよね。どうして早く言ってくれなかったの。とお思いになるはずです。

そして、もう少し注意したいことは今まで遊んできた友達との関係を変えないという、あなた自身の対応です。

結婚が決まったからと、今まで一緒にいてくれた友達をないがしろにしない事。結婚が決まって式の準備や新居の準備で忙しいかもしれないけれど、絶対に友達に対する感謝の気持ちを忘れないことが大切です。

家庭を持って子供が出来、子育てに奮闘中なら話は別ですけれど、そうでないのなら友達関係は以前と変わらずにお食事に行ったり、遊びに行ったり、買い物に行ったりしましょう。その方か、あなたにとってもこの先プラスになる事が多いはずです。人にもよりますが、女性は結婚と共に環境ががらりと変わります。住む場所が変われば、知り合いもまた一から築かないといけないですし、場所にもなれないといけません。結婚は楽しい事ばかりではなく、気持ちが不安になりこともあります。ですから、慣れ親しんだ友達の存在にどれだけ心が励まされたり、元気になる事でしょう。


LINEムービーで期待感アップ

結婚報告すべらないムービー

結婚式に招待しない予定の友達への結婚報告は?


結婚が決まり、まず友達へその報告をと考える人が多いと思いますが、親友とも呼ぶべき親しい友達はさておき、悩むのはそれほど親しくない友達ではないでしょうか。

親友と言えるぐらいの親しい友達の場合は、結婚相手とお付き合いしている過程から報告していて、結婚が近いことも既に話していることと思います。連絡もしょっちゅう取り合っているでしょうし、結婚が決まったらすぐに報告して問題ありません。

でも、問題は結婚式に招待しないぐらいの間柄の友達です。結婚式招待しない友達の場合、あまり早い段階で結婚報告をしてしまうのはNGです。結婚報告をする際には、多くの場合は相手はどんな人なのかという話に加えて、結婚式はいつ頃、どこで行うのかという話になります。その際に、数か月後に結婚式をする予定と耳にしたら、自分も招待されるかもしれないと思ってしまうかもしれません。それほど親しくない間柄ならば結婚式に呼ばれなくてもなんとも思わない人がほとんどですが、あまりに早く結婚されると「呼ばれるのでは」と思ってしまい、招待されなくて不快感を感じるということにもなり得ません。そのため、それほど親しくない友達への結婚報告は既に結婚式の招待客が確定し、準備が一通り整っている頃または事後報告が好ましいです。

普段、ほぼやり取りをしていない友達に関しては、不都合がなければ事後報告が好ましいです。わざわざそのためだけに数カ月ぶりに結婚報告をするとなると、相手の状況次第では嫉妬や不快感を抱かれることがあります。特に結婚適齢期の独身女性に対しては、それほど親しくない友達からわざわざ結婚報告を受けると、自慢や幸せアピールと受け取られかねないため、できるだけ別の用事がある時に一緒に報告することがお勧めです。最もスムーズなのが年賀状や暑中見舞いでの報告です。あまりその習慣がない人の場合は、結婚報告ハガキを作成して送付するのもおすすめです。

また、手紙やハガキといった郵便のやり取りが日常に無い人の場合は、何か用事がある時にメールやLINEで同時に報告するのがスマートです。

また、親しい同僚といういわゆる会社関係の友達の場合は、いずれ会社に結婚報告をしなければならないので、その直前に伝えるのがおススメです。会社に報告をすると社報や社内報告なので結婚したことが通達されます。それを報告としても問題ない間柄ならばそれを持って報告とし、それよりも早く伝えておいた方が良いような間柄の場合は会社に報告する少し前に報告しておきます。

どちらにしても、会社に報告をするのは会社関係者を結婚式に招待する場合は早い段階となりますが、招待しない場合は結婚式の準備が一通り整った頃にするのが一般的ですので、その時期に合わせて同僚への報告を行うのがタイミングとして適当といえます。


結婚なんておめでたいことなのだから、誰相手にもそんなに気にせずに報告すればいいじゃないかと考える人もいるかもしれません。しかし、結婚は人によってはとてもセンシティブな話題であり、そこの空気を読み間違えると一気に反感を買う恐れがあるのです。人は自分に親近感のある人の幸せは無条件に喜べますが、他人の幸せについては嫉妬ややっかみが湧きやすいものです。かねてから親しくして恋愛の過程を熟知している親友レベルならば、何はさておき親友の結婚を祝福してくれることでしょう。しかし、それほど親しくしていない友達の場合はやり方を間違えると結婚報告が自慢行為になってしまいます。また、逆に報告をしなくてもそれも失礼と不快感を覚えられてしまうため、あまりやる気満々で報告をするでもなく、かといって距離を置き過ぎずに報告する距離感がとても大事です。



結婚報告 友人

2017-09-23 22:50:55

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング